【悩んでる薬剤師さん必見!】薬剤師のための転職サイト教えます!

熊の薬剤師

転職を考えている薬剤師の方は、実は大勢いますよね?

薬剤師は病院や調剤薬局の中でも、比較的狭く閉鎖的な環境で働く職場です。

ですが、薬剤師という仕事はとてもやりがいがあり、人気のお仕事ですよね。

薬剤師を希望して就職したのに、職場の情報や評判などが未確認のままですと、人間関係で悩む結果になったり、大手の病院に入る予定が、実は併設している調剤薬局への勤務だったりと、転職を考える結果につながりがちです。

薬剤師の求人は大変倍率も高く「転職を考えたくても二の足を踏んでしまう…」という方のために、薬剤師の方のための役に立つ転職方法や、転職サイトをご紹介します。

「悩んでいる時間がもったいない!」と思うことができる情報が満載ですので、転職を考えている薬剤師の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

この記事でわかること
1. 薬剤師の転職理由
2. 薬剤師におすすめの転職サイト
3. アプロ・ドットコムについて

読むのに必要な時間は約 18 分です。

1.薬剤師を辞めたい理由

熊の薬剤師出典:https://pixabay.com/

数多くの仕事が存在する中で、薬剤師という仕事は特殊な仕事かもしれません。

専門的な知識を必要とし、その知識で小さい子どもからお年寄りの方まで、救うことができるのです。

薬剤師になるためには6年間大学で勉強し、国家試験を受ける必要があります。

多くのことを学び、身に付けた薬剤師という資格は、仕事の求人もかなりよい条件が多いですよね。

ところが薬剤師の仕事は、大学で学んだ知識だけで過ごせるわけではありません。

薬剤師はお客様と対面して接するのでサービス業のような業務もあり、専門的な知識をわかりやすく説明する言葉使いや、接客マナーが必要になります。

また、薬剤師が働く職場は全国に存在します。各地域で職場の環境が統一されているとは限りません。

もしかしたら中には厳しい環境があるかもしれませんよね?

先輩後輩といったような関係が厳しかったり何をするべきかを教えてもらえなかったりと、自分の意にそぐわない職場環境は思わず転職を考える引き金になります。

次の記事では「薬剤師を辞めたい」と思った方に多い理由を4つあげてみました。

それぞれには深い理由があり、とても納得できる理由ばかりなのです…。

   ■職場の人間関係

薬瓶出典:https://pixabay.com/

薬剤師という資格を片手に、高い意識を持って入職した方、昔から薬剤師になるのが夢で大学を卒業して念願の薬剤師にやっと就くことができた方など、薬剤師になる理由はさまざまです。

これから始まる輝かしい未来とともに、人の役に立つ仕事が薬剤師には待っていますよね!

ところがちょっとしたことから職場の人間関係が悪化して、出勤するのが嫌だ、辞めたい、と考えてしまうことがあります。

薬剤師が働く職場は、会社のように広い環境ではなく、閉鎖的な環境が多いので働く人数も毎日限られています。

狭い職場で人間関係が悪くなると、とたんに働きづらさを感じませんか?

とくに自分に味方がいなかったり、先輩後輩で自分が後輩という立場だったら「先輩のいう事がすべて正しい」という流れが作られがちです。

人間関係は深く考えても答えはでてこず、そしていつしか息がつまってしまいます。

自分の精神が疲れてしまう前に、薬剤師を辞めたいと考える人が多いようです。

もちろん「薬剤師を辞めて辛い人間関係から解消されたい」という考えは間違いではありません。

むしろ、精神衛生上、正しい判断だと言えますよね。

   ■条件が厳しい

赤いカプセル出典:https://pixabay.com/

薬剤師は国家試験を受けて、合格者に与えられる資格です。

医療従事者に属する仕事ですし、病院関係の仕事は給料や労働システムがしっかりしているイメージがありますよね。

ところが薬剤師には、希望する給料をもらうことができなかったり、人手不足から思わぬ長時間労働を強いられたりと、自分が希望していない待遇になることもあるようです。

薬剤師になりたいと考える方の大半はやはり安定した待遇を仕事に求めていることが多いので、希望していた条件が厳しいものになると辞めたいと考えてしまいますよね。

給料や労働時間の格差は、働く地域によって大きく変わります。

都心部では働く人手も多く、比較的安定した労働時間で勤務に就くことができます。

地方になると一変して、働き手は減り、慢性的な人手不足から、労働時間にばらつきが生じてしまうことが多くなります。

これはもちろん短時間のみの勤務時間や、予想外の残業など、不安定な労働時間につながります。

地域による給料の差はおよそ200万ほどもあり、これでは労働条件がよいとされる都心部に募集が集中して求人倍率の高さから、薬剤師を辞めたいと考えてしまいますよね。

   ■仕事がうまくいかない

悩む女性出典:https://pixabay.com/

どのような仕事でも、誰でもミスはするものです。

薬剤師の仕事でも、ミスをする方はたくさんいます。ただ、

薬剤師の仕事は薬を調剤したり、使用方法について説明したりと、かなりの責任感が問われる業務内容ですよね。

責任感というものは、人によっては重荷に感じるものであり、悩みの種になる可能性があるものです。

責任を背負って仕事をしている、という緊張感から、思わずミスをしてしまい、仕事がうまくいかない…と悩むこともあります。

もちろん、ミスばかりしていると職場の人から仕事を任せてもらえなくなるかもしれませんし、お客様からの信頼も薄いものになるかもしれません。

ミスをしたことで職場での肩身が狭くなり、薬剤師を辞めたい…と考えたことはありませんか?

薬剤師は女性の人気が高い職種で、女性向きなのかな?と思われがちですが、そんなことはありません!

膨大な量の知識、医療従事者としての意識、高い接客スキルなど、意外と向いている人、向いていない人がはっきりと分かれる職種です。

薬剤師の仕事がうまくいかないと悩んでいることで、薬剤師を辞めたいと考えている方は、間違いではありませんよ!

薬剤師という仕事がうまくいかなかっただけですし、うまくいく仕事は山ほどありますから。

   ■教育体制や仕事のフォローがない

手を握る出典:https://pixabay.com/

病院で発行された薬の処方箋をもとに、調剤していくのが薬剤師の仕事です。

一連の流れを1人でおこなうこともありますし、薬の量が多い場合や調剤に時間がかかる場合は複数の人数でおこなうこともあります。

勤めている調剤薬局の周りに病院が多いと、調剤を求めに来るお客様が多くなりますし、どのような場合でも職場の連携は必要です。

ところが!調剤や接客に追われて困っている自分に対して、職場の人がフォローしてくれなかったり、初めて就いた職場で何も教えてもらうことができなかったら「この職場辞めたい」と思ってしまいますよね。

とくに、初めての仕事、初めての職場は右も左もわからないのが当たり前です。

新人に対しての教育体制がマニュアルとして完備されていない職場は、これから働くうえで少々の不安が生じますよね。

自分がわからないことを教えてもらえない、困ってもフォローしてもらえない、といったような不満は、薬剤師の方の職場では大変多いようです。

「ほかの薬剤師の方が働く環境はどうなんだろう?」と思ったら、つい転職を考えてしまいますよね…。

職場にはしっかりとした教育体制を望みますし、先輩や同期のフォローがあってこそ安心して働くことができるので、転職を考えることは自然な思考ですよ。

2.転職の目安

錠剤出典:https://pixabay.com/

現在勤務している職場に対して、転職を考える人は大勢います。

家庭の都合だったり、職場の環境の問題だったり、理由は人それぞれ存在します。

薬剤師の方の中にも、転職を希望している方はいますよね?

薬剤師ならではの悩みもたくさんありますし、転職を考えることはごく普通のことなのです。

ここで疑問に思うのが、転職をする時期の目安です。

「今すぐ転職したい!」と思っていても、実際はすぐ転職することは難しいものです。

自分の抱えている仕事に対しての引き継ぎや、次の職場探しなど、転職はやらなければいけないことが意外と多いのです。

そこで、どのような時期であれば転職がしやすいのかを調べてみました!

薬剤師の方が転職の目安として悩む時期の疑問として多い「今すぐ転職してもいい場合」と「少しだけ待った方がいい場合」の2パターンあげてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

自分に当てはまる転職時期を見定めて、転職に対して引け目を取らないようにしたいですよね!

 ■今すぐ転職してもいい場合

まずは転職に対して、どのくらい準備ができているかが重要になります。

目安にしたい基準のポイントは3つあり、

・現在の職場に対して、辞める意思を伝えてある
・次に働く職場が見つかっている
・仕事の引き継ぎが完了している

この3つになります。

まず初めに確認しておきたいことは、現在勤務している職場に対してすでに辞める意思を伝えてあり退職願いが受理されている、ということです。

「転職しよう!」と思い立っていても、退職願いが受理されていないと辞めることは難しいですし、次の職場に移ることもできません。

次に確認しておきたいことは、次の勤務先が決まっている、ということです。

転職先が見つかっているという事は、精神的にも落ち着きますし収入の面でも心配する必要がないので安心できますよね。

最後に確認しておきたいことは、自分が抱えている仕事に対して、ほかの誰かにきちんと引き継ぎしている、ということです。

与えられたポジションの仕事は、きちんと引き継いでおかないと後々になって問題が生じてくることが多いですよね。

退職した後も何かと連絡が来て、その都度対応していたら転職した意味がありません。

すっきりとした気持ちで転職をすることができるように、3つのポイントをしっかりと確認してみてくださいね!

 ■少しだけ待ったほうがいい場合

「今すぐ転職したい!」と考えていても、実際はすぐに転職できない場合があります。

少しだけ転職を待ったほうがいい場合のポイントは、

・1年以上は薬剤師として勤務していたか
・現在の職場に対して、辞める意思を伝えていない
・職探しの時期が8月、もしくは12月である

この3つになります。

まず初めに、薬剤師としての勤務を1年以上続けていたかどうかです。

これには理由があり、薬剤師を募集する多くの求人内容が、薬剤師としての勤務経験が1年以上あること、というものなのです。

新卒以外での求人の場合、即戦力が要になることが多いようです。

しっかりとした経験を積んでから転職した方が、採用される確率も高くなる可能性がありますよ。

次に確認したいことは現在勤務している職場に対して、辞める意思を伝えているか、ということです。

退職には手続きが必要ですし、今の職場を勝手に辞めるわけにはいきませんよね。

法律的には、2週間前に辞める意思を伝えることと定められていますが、実際には辞める1ヵ月前から上司に相談するなど、手を打っておいた方がよいようです。

円満退職を目指して、退職願いを作成しましょう!

最後に確認しておきたいことは、次の仕事を探す時期が8月か、12月になっていないかということです。

この時期はお盆や年末ということもあり、会社がもっとも求人を出さない時期とよく言われています。

長めの休日、祝日がある月というのは会社自体も休みのことが多いので、転職先を探す時期は8月、12月を外して、求人の増える7月や1月、2月、3月がよいかもしれません。

転職に対して焦ってしまうと、長い間就活することになります。ストレスなく転職できるように、タイミングをしっかりと見定めてみてくださいね。

3.転職を決めたら

熊の薬剤師2出典:https://pixabay.com/

転職の目安を知ったら、今度は転職について、行動する準備をしていきましょう。しっかりと転職についての準備をしておくことで、スムーズな転職が期待できますよ。

大切なポイントは3つあり、

・転職の時期を見極めること
・必要であれば資格を取ること
・転職活動を始めること

この3つのポイントは転職をする前段階として、重要な役割があります。

転職の時期は誤った選択や、勢いで転職を決めると失敗を招くことがあります。

転職をするということは現在の仕事を辞めるということであり、間違った選択は無職の時期があるかもしれない、ということになりかねません。

資格を取る、というポイントも大切です。

次の仕事でも薬剤師である方がすでに持っている知識や経験を生かすことができますが「さらなる高みを求める」という意味で転職するタイミングを生かして資格を取ることも大切です。

以上のポイントをおさえたら、さっそく転職活動に取り掛かりましょう!

 ■転職の時期を見極める

転職を決めた場合、意識するべき点は転職する時期です。

転職をする時期を間違えると損をしたり、終わらない就職活動をしたりする結果になるので、十分注意が必要です。

まず初めに気にしておきたいことは、転職をするということは、次に働く職場を探すことにつながります。

次の仕事を探す時期が8月か、12月になっていないか、という点は十分注意が必要です。

なぜならこの時期は、お盆や年末ということもあり、会社がもっとも求人を出さない時期とよく言われています。

長めの休日、祝日がある月というのは会社自体も休みのことが多いので、転職先を探す時期は8月、12月を外して、求人の増える7月や1月、2月、3月がよいかもしれません。

次に気にしておきたいことは、転職時期が1月か7月である、ということです。

これは少々イレギュラーな考え方かもしれませんが、ボーナスをすでに受け取った状態での転職である、ということです。

せっかく勤務を続けた職場ですから、正当な対価を受け取る権利は誰にだってあります!

もらうものをきちんと受け取ってから、すっきりとした気持ちで転職したいですよね★

ちなみに、ボーナスを受け取ってからの転職は同僚から冷ややかな視線を送られるかもしれません。

急きょ決めた転職ではないという事を印象づけるために、退職願いは早めに提出することも大切ですよ!

 ■必要であれば資格を取る

薬剤師としての資格を生かせる職場は調剤薬局や病院内の勤務といったイメージが強く、多くの薬剤師が「調剤薬局や病院内の勤務から転職したい!」と考えているかもしれません。

ですが薬剤師という資格は多くの勤務先が引く手あまたといった状況のため、人気の資格と言えます。

例えば学校薬剤師として教育の現場である学校(幼稚園含む)に勤務したり、研究室や開発部門が備えてある会社に勤務したり、実は薬剤師が活躍できる職場はたくさんあります。

その中で、新たに資格を取って、新しい仕事に就くというのは大変有益です。

薬剤師であることで、取りやすくなる資格も多く存在するので、薬剤師という資格を生かしたいですよね!

例えば「臨床検査技師」という資格を取ることで、病院にて検査のスペシャリストとして技術を磨くことができます

臨床検査技師は医療系の国家資格ですので、資格としては十分ですよね。

また、食品衛生管理者という資格を取ることで食品を扱う企業、店にて勤務することができます。

薬剤師の資格を持っていることで比較的簡単に所得できる資格ですので、持っていて損はありません!

今から膨大な知識を勉強して取得する資格よりも、薬剤師という資格を所有していることによって取ることができる資格を取得した方が転職活動もよりスムーズに進むかもしれませんね★

 ■転職活動を始める

転職する時期を決め、新しい仕事のための資格を取得したら、実際に転職活動を始めてみましょう!

転職活動について、一度勤務している職場を退職してから進めた方がよいのでは…と悩む薬剤師の方は多いはずです。

実際現在勤務している職場で働きながら、転職活動をする薬剤師の方がほとんどではないでしょうか?

現在の仕事をこなしながら、転職活動を進めることは、忙しい時間を過ごすことになるかもしれません。

また、転職の理由が家庭の事情や、結婚、育児といった場合、現在の勤務先を休んだり、同僚に仕事を任せたりと気をつかう状況が出てくるかもしれません。

ですが、自分の納得できる、働きたいと思うことができる職場を見つけるために、がんばりましょう!

転職する時期に悩んだり、資格取得についての時間がなかなか割けなかったりした場合、転職活動を始めること自体について、悩むことがあるかもしれません。

そういった場合は1人で考え込まずに信頼できる相手に相談したり、転職を専門としている企業に相談したりしてみてくださいね★

4.新しい職場の見つけ方

赤白カプセル出典:https://pixabay.com/

転職をすることは、理想の職場に出会うことができたり、夢だった会社に就職することができたりするので、前向きな気持ちとしてとらえることができますよね。

では、理想の職場や夢だった会社は、どうやって見つけたらよいのでしょうか?

自分の足で探すには限界があり、時間と労力を無駄に消費してしまいます。

そして、探している職場に対する情報が不十分なまま、延々と転職活動を続けることになるかもしれません。

そこで、薬剤師の方のための新しい職場の見つけ方として3つの方法をご紹介します

初歩的で確実な方法、実践して損はない方法、3つの方法すべてが薬剤師の方におすすめできるので、転職を考えている薬剤師の方はぜひ一度参考にしてみてください!

新しい職場が自分の理想どおりであるように、転職先探しは地に足をつけてしっかりと行動しておきたいですね。

 ■求人誌・ハローワーク

転職を考えた場合、新しい職場の見つけ方として一番初歩的なのが、求人誌やハローワークの存在です。

今では求人誌は無料で手に入れることができますし、ハローワークは担当者の方と直接お話をしながら求人を探すことができるので、様々な年代の方が利用しています。

【求人誌での見つけ方】

求人誌で有名なのが、

・タウンワーク
・an
・ジョブアイデム

こちらの3誌です。

昔からある求人誌で、多くの方に愛用されています。

現在では無料のフリーペーパーとして、駅構内やファミリーレストランなど、街中でもらうことが可能となっています。

(メリット)
・手軽に入手が可能なので、転職を考え始める前から、求人をチェックすることができます。

(デメリット)
・無料で設置されている雑誌なので、手に入らない可能性があります。
・求人数は若干少な目かもしれません。

(こんな人におすすめ)
・長期的な目で転職を考えている人におすすめです。

【ハローワークでの見つけ方】
ハローワークを利用する世代は、若い方からお年寄りの方まで、幅広くいます。

求人誌と同じく、昔からある職探し、転職先探しの1つです。

(メリット)
・業務内容ごとに担当者が就いていて、求人担当の方とマンツーマンで新しい仕事を探すことができます。
・ハローワークのみの求人も複数用意されているので、他では出会うことのできない仕事先を見つけることが可能です。

(デメリット)
・求人担当の方は、ハローワークに来る大勢の利用者を相手にしているので、自分だけに時間を割いてもらうことはできません。
・ハローワークは求人している企業などを紹介する立場なので、企業とのやり取りは自分で行わなければなりません。

(こんな人におすすめ)
・対人関係が苦ではなく、応募した転職先に対して自分でやり取りしたり、スケジュールを組みたいという人におすすめです。

 ■知人を頼る

薬剤師の仕事は、国家資格を取得するために大学で6年間学ばなければいけません

そんなに長く大学で学ぶのか…と辛く受け止めてしまいがちですが、6年間の間に多くの知人を作ることができます。

同じ大学で学び、ともに薬剤師という国家資格を取得した仲間の情報は勤務先でよく耳にするかもしれません。

条件がとてもよい勤務先なら薬剤師の知人を頼って企業の人事の方に会ってみる、という方法があります。

これはリファラル採用という方法で、薬剤師の転職ではよく用いられる方法です。

(メリット)
・知人を通した紹介なので、企業からの信頼が厚く、採用度が高い可能性があります。
・転職する前に、知人から必要な企業情報が手に入りやすいです。

(デメリット)
・知人に紹介してもらったというたてまえがあるので、退職を考えづらい状況が発生します。
・同様に、採用に対して合格をもらったあとの、辞退がしづらい状況が発生します。

(こんな人におすすめ)
・交友関係が広く、現在働いている職場よりも、条件がよい仕事をしている知人のつてがある人におすすめです。

 ■転職エージェントを利用する

若い方の間で浸透率が非常に高くなってきているのが、転職エージェントの活用です。

転職エージェントは、ハローワークとやや似ている印象を受けるかもしれません。

ですが、転職に対するプロの方が担当として付いて転職に関するすべてのお世話をこなしてくれます。

転職に対して悩んでいたら相談に乗ってくれますし、担当の方の転職について妥協することなく徹底的に語り合うことが可能です。

こういった点はハローワークでは感じることができませんよね!

(メリット)
・転職に関する1から10まで、担当の方にお任せすることができます。
・自分では探すことのできない求人まで、見つけることができます。

(デメリット)
・数多くの転職エージェントが存在するので、信頼できる転職エージェントを選ばないと、転職に失敗する可能性があります。
・転職エージェントには、薬剤師のすべての業務に特化しているわけではありません。

(こんな人におすすめ)
・転職することが初めてで、転職に不安を感じている人、1人で転職先を探すことが不安な人におすすめです。

5.転職エージェントを活用しよう

「転職エージェント」という言葉が最近よく聞かれるようになり、転職に対しての意識がだんだん変わりつつあります。

以前の転職のイメージは、ネガティブな印象が強く、長い時間をかけて自分1人で行わなければならないといったことが強く表れています。

ところが「転職エージェント」という存在が浸透していくと転職に対しての意識はよい意味でハードルが下がり、1人で抱えなくても大丈夫というイメージが強くなりました。

薬剤師の方も転職エージェントを利用することが可能で、薬剤師の方のための転職エージェントが存在します。

薬剤師とは専門的な知識を要した、スキルや経験が重視される職場が多い可能性があります。

薬剤師専門の転職エージェントを頼ることで薬剤師の方にぴったりの転職先を見つけてもらえますし、資格を生かした転職先を探してもらえる確率がぐんと上がります。

薬剤師という資格を持っていること、転職に大いに有利に働きますので、転職エージェントを活用して理想の転職先を見つけましょう!

 ■転職エージェントとは?

では、転職エージェントとは、一体何なのでしょうか?

転職エージェントとは、転職を支援している情報サイトのマルチ担当者のことを指します。

なぜマルチなのかというと、転職先の企業情報の公開、面接への段取り、給料面での交渉といった転職に関わる一連の流れをすべて「マルチ」に取り仕切ってくれるからです。

転職エージェントを利用するためには、転職を支援している情報サイトに登録をします。

情報サイト側からの転職に対する質問事項に答えた後は、実際に転職エージェントと電話や会うなどをしてやり取りをしていきます。

転職を支援している情報サイトへの登録や、転職エージェントの利用は、一切が無料となっています。

これから転職をしようと考えている場合、かかる出費は少しでも抑えたいものです。

無料で利用することができることは、とてもありがたく、使いやすいですよね!

転職エージェントには、転職を考えることで発生した悩みや、転職に対する相談も無料で聞いてくれるところが多いので、積極的に活用していきたいですね。

 ■転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントは利用して損はありません!

特に無料で利用することができ、メリットも多いのでとてもおすすめです。

最大のメリットは、転職に対して1人で悩むことなく、常に担当のエージェントが提案し、行動してくれます。

転職に対する希望を、担当のエージェントにしっかりと伝えておくことで、自分におすすめの転職先、現在の勤務先よりよい条件の転職先を探してくれます。

また、転職エージェントの利用には、ハローワークのように何度も現地に足を運ぶ、という手間がありません

担当のエージェントと直に連絡が可能なので、常にマンツーマンで対応してもらうことができます。

時には電話で、時にはメールで、といったように予定を崩すことなく転職先を見つけてもらえるというのは、薬剤師の仕事をしながら転職先を探している状況にとって、大変助かりますよね。

自分1人で転職先を探していると、だんだん気持ちが落ちていったり、焦ったりなどして時間の無駄使いをしてしまいがちです。

転職エージェントの利用は、信頼できるプロに任せている安心感、充足感を感じることができ、時間を無駄にすることなく、最短の時間で転職先を見つける結果につながります。

6.薬剤師のための転職サイト6

実際に転職エージェントを利用するには、転職を支援している情報サイトを知らなければ、登録することができません!

もちろん、薬剤師の方のための転職を支援している情報サイトは、数多く存在します。

大手と呼ばれるサイトから、薬剤師の中でも、限定した就業先のみを紹介しているサイトなど、さまざまです。

すべての情報サイトが正義ではなく、自分にとって有益な情報を、与えてもらうことができない情報サイトも数多くあるのが現状です。

理想の転職先を見つけるには、優秀な転職エージェントがいる情報サイトがよいですよね。

では「どうしたら優秀な転職エージェントに出会うことができるのか…?」と疑問を持った薬剤師の方のために、おすすめの転職情報サイトを6つ選んでみました!

いろいろな角度から比べてみて、自分にぴったりの転職情報サイトを見つけてください。

転職情報サイトを上手に活用して、転職に対してのストレスをためることなく過ごしたいですね。

 ■薬キャリ

薬キャリTOP出典:https://pcareer.m3.com/

転職を考えている薬剤師のおよそ半数以上が登録している、転職情報サイトです。

薬剤師のための転職情報サイトの中では最大手となっています。

正社員登用の求人だけではなく、パートや派遣などの求人も豊富に用意されています。

結婚や育児の都合で、正社員ではない働き方を求めている薬剤師の方にはとてもありがたいですよね。

まずは薬キャリのサイトにアクセスし、トップ画面にて、希望している就業形態や条件などを入力することで、紹介することが可能な仕事を公開してくれます。

その後、担当となる転職エージェントから連絡が入り、実際に転職活動が始まります。

薬キャリの魅力は、就業形態にパートや派遣があることから、ママにとても優しいという点です。

担当のエージェントとは、電話で連絡をとりあうだけなので、自分の予定を崩す必要がありません。

子どもがいるママにとって、急な外出はできるだけ避けたいですよね。

また、ママや女性の薬剤師の方に向けた求人情報も数多く載せているので、安心して転職先を探すことができます。

 ■マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師TOP出典:https://pharma.mynavi.jp/

求人件数が5万件以上あり、転職を支援している情報サイトの中では、かなり有名な転職情報サイトです。

非公開の求人情報も数多く持ち合わせているので、相談するだけでも価値のある、転職情報サイトですよ!

まずはマイナビ薬剤師のサイトにアクセスし、トップ画面にて持っている資格(薬剤師・認定薬剤師・薬剤師取得見込み・登録販売者)にチェックし、希望の就業形態などを登録していきます。

その後、担当の転職エージェントから連絡が来たら、実際に会って転職に対する打ち合わせをしていきます。

担当のエージェントの方と直に会うことで、こちらの不安などが解消されやすくなりますし、信頼関係も築きやすくなりますよね。

マイナビ薬剤師では、担当の転職エージェントとの打ち合わせにかなり力を入れています。

打ち合わせをしっかりと行うことで、転職希望者との意識のすり合わせを完璧にし、落ち度のない転職活動を進めていくのです。

また、担当の転職エージェントは紹介する勤務先を実際に見に行くことで、転職希望者によりよい情報を提供しています。

勤務先が第3者の目でチェックされる、という事は大変安心できますよね!

 ■アプロ・ドットコム

 

 

アプロ・ドットコムは、東京と大阪にオフィスを構えながら、日本全国の薬剤師求人を中心に行っている転職支援サービスです。

もちろんキャリアアドバイザーに転職を手伝ってもらうこともできますし、自分の希望日時で「単発求人」を探すことも可能!

単発求人の中には1日からOKの仕事もあり、時給3000円以上のお仕事も多数案内しているようです。

仕事を辞めてからの転職活動中で「お金がない…」と困っている方はこの「単発求人」で生活費をしのぐこともできるので非常におすすめ★

アプロ・ドットコムは薬剤師が立ち上げた転職支援サービスだけあり、求人数はもとより、何より薬剤師のことを理解しているサービスです。

転職を手伝ってくれるキャリアアドバイザーと二人三脚で転職先を探しましょう!

未経験の方の転職活動を支援する手厚いサポートもアプロ・ドットコムの人気の秘密です。

転職希望者から聞き出した転職条件をもとに、徹底的に求人情報を調べつくすのがアプロ・ドットコム「キャリアアドバイザーにおまかせ」サービスのすごいところ!

キャリアアドバイザーが調べつくした情報の中から、転職希望者は自分の条件に合う仕事を選ぶことができるのです…!

 

 ■リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師TOP出典:https://rikunabi-yakuzaishi.jp/

リクナビ薬剤師は大手の人材派遣会社、「リクナビ」が運営している転職情報サイトです。

人材派遣会社という特色を生かしたラインナップが特徴的で、特に企業に勤務を希望している薬剤師の方におすすめの転職情報サイトですよ。

リクナビ薬剤師の魅力は、紹介することができる薬剤師の求人情報の半数以上が、非公開の求人情報という点です。

ほとんどの転職情報サイトでは、非公開の求人情報というのは大変少なく、紹介できる枠に限りがあります。

ところがリクナビ薬剤師では、転職希望者の条件にマッチする非公開の求人情報を、数多く提供することができるのです。

非公開の求人は、通常の求人より条件がよいところが多く、非公開の求人を紹介して欲しいと考えている薬剤師の方はたくさんいます。

ほかの転職情報サイトに登録はしたものの、なかなかよい条件の求人に出会えない場合はリクナビ薬剤師への登録をおすすめします。

リクナビ薬剤師は大手の人材派遣会社ならではの特色ですが、担当の転職エージェントからの勧誘の電話が若干多めとの評判があります。

転職が終了した場合は、早めに伝えておきましょう。

 ■ファルマスタッフ

ファルマスタッフTOP出典:https://www.38-8931.com/

全国に15の拠点があり、転職情報サイトに掲載している求人情報はおよそ5万件以上と大変大型の転職情報サイトです。

派遣やパートといった就業形態のほかに時給が4,000円以上となる高額派遣という就業形態の求人も掲載されているので、働き方や収入の面で悩んでいたら、ファルマスタッフはおすすめです。

ファルマスタッフは大手の薬局チェーン店を経営している日本調剤株式会社が運営しているので、担当する転職エージェントやスタッフは日本調剤株式会社の教育に対するノウハウをつんでいます。

ですので、しっかりとした人材教育がなされていることから、安心して転職活動を進めることができますよ。

また転職活動のすべてをお任せすることは当然のことながら、転職先が決まった後も入社についての段取りや、現在勤務している就業先の円満退職への手助けなど、さまざまな手厚いフォローを受けることができます。

ファルマスタッフは、人情味があふれる転職情報サイトと呼んで間違いないかもしれません。

■日経DIキャリア

日経DIキャリアTOP出典:https://dic.nikkeihr.co.jp/

薬剤師の方の中ではとても有名な、日経系列の転職情報サイトです。

日経DIキャリアは、通常の転職を支援している情報サイトとは異なります。

まず日経DIキャリアサイトのトップ画面から、自分が希望している転職条件に当てはまる項目をクリックして、条件を絞っていきます。

すると条件に見合った求人内容が表示されます。

ここで注意しておきたいことは、表示された求人内容は日経DIキャリアが提携している別の転職情報サイトの求人のものだということです。

「問い合わせ」という項目をクリックすると、求人情報を公開している転職情報サイト名が表示されます。

以上のことから、日経DIキャリアは転職希望の条件を登録して条件に合った内容の求人情報がある転職情報サイトを紹介する、という転職情報サイトです。

薬剤師ナビと似ていますが、日経DIキャリアに担当の転職エージェントなどはいません。

転職活動を始める前に、多くの求人内容と転職情報サイトについて知っておきたいという場合に利利用する薬剤師の方が多いようです。

7.薬剤師転職は「アプロ・ドットコム」がおすすめ!

 

 

 

 ■アプロ・ドットコムおすすめポイント

アプロ・ドットコムTOP出典:https://www.apuro.com/

【業界最大の求人数!】

アプロ・ドットコムの自慢は何といっても業界最大と言われる豊富な求人数★

正社員から派遣まで、薬剤師求人業界での求人数はアプロ・ドットコムが最大!

それだけではなく、高時給の単発・パートの紹介もあり、様々な働き方を選択することができます

求人内容は日々最新のもの人更新されていき、また全国の求人に対応していることも強みの一つです。

これだけ求人数があれば、1人1人の希望にマッチした求人が見つかることでしょう!

【キャリアアドバイザーにおまかせサービス】

キャリアアドバイザーにおまかせコース出典:https://lp.apuro.com/

アプロ・ドットコムの転職支援サービスには、キャリアアドバイザーと相談しながら転職を進めることができる「キャリアアドバイザーにおまかせ」サービスがあります。

キャリアアドバイザーに相談できるのは、どこの転職エージェントでもあることですが、アプロ・ドットコムのすごいところは…

担当のキャリアアドバイザーが情報を徹底的に調べ上げ、調べつくすこと!

勤務地、給与形態などなど、転職希望者のわがままを全て聞いてくれる最高のサービスなのです…★

キャリアアドバイザーは薬剤師転職のプロフェッショナル揃い!

転職支援はもちろん、面接対策や在職中の転職活動の相談なども気軽に相談できるのが嬉しいところ。

また、未経験者からの転職活動にも手厚くサポートしてくれるのが心強い!

【時給が高い単発求人豊富!】

単発求人出典:https://www.apuro.com/

アプロ・ドットコムの面白いところが薬剤師の「単発求人」サービス。

単発ページからカレンダーで日付を選択するだけで、その日の単発案件を知ることができるのです!

勤務地、時給、条件もパッと見てわかるようになっていますので、例えば仕事を辞めてからの転職活動をしており、収入に困っている…というかたは、単発求人でお仕事をすることも可能です!

気になる単発求人を見つけたら、求人詳細から早速問い合わせをしてみましょう★

【薬剤師に寄り添った転職支援サービス】

アプロ・ドットコムの代表も薬剤師の方なので、現場で活躍する薬剤師に寄り添った考え方をしてくれるのが最大のメリットです。

こだわりのポイントは「失敗しない職場選び」。

薬剤師の転職希望者1人1人に寄り添った転職活動の手伝いをしてくれます。

■無料登録からスタート!

無料登録出典:https://www.apuro.com/

アプロ・ドットコムの「キャリアアドバイザーにおまかせ」サービスを利用してみたいと思った方は、ホームページから無料で登録することができます。

キャリアアドバイザーが希望の条件を徹底的に調べつくしてくれるので、候補が見つかるまでは結構楽かもしれません。

登録は基本情報を入力するだけでとても簡単!

希望等を伝えた後に、担当のキャリアアドバイザーから連絡があります。

詳しいことはそこできっちりお話しましょう!

あなたの転職です!思いっきりわがままになってもいいと思いますよ★

登録はこちらからどうぞ!

8.まとめ

薬出典:https://pixabay.com/

薬剤師という仕事はとてもやりがいがあり、多くの方が憧れる職業です。

調剤薬局や病院で見かけたり、学校や専門の企業などで見かけたりと、さまざまな職場に勤務することができる万能な資格と言えますよね。

ですが大人数で働くというよりも少人数で働く職場が多く、人間関係で悩んだり仕事がハードだったりと、転職を考えやすい環境ができています。

転職を考えたら、ぜひ転職情報サイトを活用してみてください!

薬剤師の方のための転職を専門にしているサイトばかりですので、きっとよい情報が見つかりますよ。

転職について悩んだ場合は、薬剤師専門の転職エージェントを頼ってみてください。

無料で利用することができるので、気軽に相談が可能です。

転職はスキルアップにつながるので、薬剤師という資格を優位に生かしながら、よい転職先を見つけてくださいね!

 

 

【悩んでる薬剤師さん必見!】薬剤師のための転職サイト教えます!
4 (80%) 1 vote