ワーママの正社員転職は難しい?体験談とおすすめ求人サイトまとめ

こんにちは!この記事では、転職を考えるワーママに向けて、ママの転職市場のいまとママの転職体験談、おすすめ転職サイト・エージェントをまとめています。ママをしながら求人探しって、とてもたいへんですよね。キャリアプランをお持ちの方なら、正社員就職も外せない条件になるでしょうし、そのハードルはまたグッと高くなるはず…時間に制約のあるママにとって、1人での転職・再就職は実際なかなか難しいことです。
しかし実際に家事育児をしながら働くママもいることは事実です。ここでは不安を持ちながらも転職を考えるママに向けて、ママの転職市場のいまと実際のママ転職者の体験談をお教えしています。
ママ1人では難しい転職・再就職ですが、こちらで他のママの体験を共有することで、転職・再就職をよりスムーズにすすめられるはずです。おすすめの転職サイト・エージェントも紹介していますので、登録することでここから具体的な一歩を踏み出すこともできますよ♪

■ママの正社員転職は難しい?ママの転職市場のいま

ママが正社員に転職する場合は、少しハードルが高くなりますが、ママの転職市場のいまから詳しく見ていきます。
人手不足からの売り手市場。ママには有利な状況
最近は、人手不足で求人に悩む企業も多く、ママの就職も売り手市場となっています。ママが転職するのも有利な状況ですよ。少子高齢化で労働者人口も減ってきていて、ママの労働力も貴重になってきています。しばらくはこの状況が続きますので、転職するママにとっても有利な条件となります。多くの求人件数があって、様々な業界や職種の求人が揃っているので選びやすいでしょう。
それでも難しいママの転職
ただ、それでも好条件の求人には多くの女性が集まりますので競争率も高く、あまり転職活動に時間が割けないママの就活は大変です。好条件の求人ほど早く見つけないと、すぐになくなってしまいますよね。いつも就活でハローワークに出向いたり、求人をチェックしたりすることも、ママにとっては難しいでしょう。
また、正社員というと、残業や休日出勤、行事への参加、出張、転勤なども多くなります。そうした会社の場合に、残業ができない、いつも定時に帰る、休日出勤や出張はできないとなるとワーママの採用が難しいこともあります。
ただし最近では、地域限定正社員があったり、業務委託で業務を分けて委託していたりすることもあります。様々な働き方がありますので、探してみると条件がいい正社員も見つかります。
正社員求人にこだわらないのが◎?
正社員への転職がママの中でも人気が高いのですが、正社員の求人にばかりこだわらないことも時には必要です。ワーママにとって、働く条件のいい仕事は、正社員だけではないかもしれません。正社員にこだわらずに条件がいい所を探すのも一つのいい方法です。
正社員以外にも派遣で仕事にやりがいを感じている人も多く、パートやアルバイトも決められた時間で働けるというメリットは大きなものです。条件的にママに働きやすい環境でしたら、正社員以外も選択肢に入れてみるのもいいですよ。
特におすすめなのが「紹介予定派遣」で、派遣として最初に働いて6か月経った時点で企業と派遣とが合意した場合に正社員になれるものです。ワーママにとっては、仕事と家庭が落ち着いた頃に、正社員になれるのがおすすめです。派遣期間中に職場の雰囲気もわかって、ワーママとして長く働きやすいかどうかもわかります。

■私の転職はこうでした~ママの転職体験談~

ママの転職が実際にどんな点で難しく、成功させるにはどうしたらいいのかを体験談から学んでみるのもおすすめです。実際のママの体験談から学ぶことは大きいですよ。
転職ママの体験談
子育てしながらAさんが正規雇用を目指した際の体験談をご紹介します。
正社員で仕事をしたかったAさん
私の場合は、結婚前から仕事が大好きだったので、旦那の仕事(自営業)が落ち着いてきた事もあり、正社員で就職することを旦那から許可を貰い、就職活動をしました。
一番ネックである子育ての部分は、旦那と共同で行いながら、配分をしっかり分けて協力することにしました。子どもは保育園の年中と小学2年生の2人で、日中は保育園に預けながら仕事をすることにしました。
就職活動をして2ヶ月ほどで正社員として雇って頂けるところが見つかりました。
最初は失敗だらけのAさん
これでも、最初はなかなか転職が決まらず、結構大変でした。失敗したことは、子供の緊急時の対策をしっかりやっていなかった点です。
子供がいると時間が取られることが多くあり、問題が起きた時の対応策について、面接でよく聞かれましたが答えられなくて、いくつかの会社に落ちました。
面接への対応策として子供の預け先をしっかり確保
そこで、私の場合は、旦那もしくは、近くに住んでいる母親に子供をお願いする方法を考え、病児保育の契約も行いました。子どもの預け先について、対応策をしっかり考えた結果、無事就職が出来て良かったです。
Aさんからこれから転職する人へのアドバイスやコツも
子育てしながらの就職は難易度が高いといいますが、しっかり対応策などを考えることが必要だと思いました。正社員として働きたい気持ちがあれば雇って頂ける会社はいっぱいあります。
実際に、ワーキングマザーに対しての会社側の意見として、責任感が強く、基本的なマナーなども身についているので即戦力として働いて欲しいと考えているようでした。子持ちだからと後ろ向きにならずに、ぜひ正社員にも挑戦してみてほしいと思います。
失敗しない転職のコツとは?
Aさんの転職の体験談を知ることでわかることは、ママが働く際には、家の働く環境をしっかり整えることが大切だと言えますね。子供の預け先などをしっかり確保して対策を取っておくことが必要です。
自分の働く環境をまず万全に整える
子供の送迎、病気の時の欠勤や遅刻、早退、子供の行事への参加などワーキングマザーが働くことは、本当に大変です。正社員の場合には、勤務時間が長いためしっかり働いてもらえるかを問われることも多くなります。面接の際に、長い時間きちんと働けるかどうかはよく聞かれる質問です。

有休や時短勤務などが整っている企業もありますが、最初から利用できる所はほとんどないと考えた方がいいでしょう。正規の社員として働くためには、子供に何かあった場合の預け先をしっかり確保しておかないと苦労します。
Aさんの場合には、母親に預けるようにして、病児保育の契約も事前に行って面接をクリアしていますね。最初にママ自身の働く環境を万全に整えてから、就活をするのがいい方法です。転職が決まってからという姿勢ではなく、最初に行うようにしたいですね。

夫の協力も事前に確認

また、夫の協力もしっかり得られないと正社員への転職はかなり厳しいものがあります。育児や家事、両方を手伝ってもらえるように理解を求めることも事前にしておきたいですね。もし自分の少し帰りが遅くなりそうな時、子供を迎えに行ってもらえるのかや家事を少し手伝ってもらえるかなども話し合っておきましょう。
後で問題にならないように、起こりうることを全て相談して決めておくといいですよね。最初から自分が育児も家事も仕事もしなければならないと思わないことです。少しは協力してもらう方法を決めておくことが、転職の際に大切なコツです。

■ママにおすすめ転職サイト&エージェント

ママが正社員を目指す場合に、ママが働きやすい条件を探さなければなりませんが、子育てで時間がない中では結構大変です。最近では、女性向けの転職サイト&エージェントも多くありますので、それらを活用するのもおすすめです。ママ向けのおすすめの求人を紹介してもらえるメリットがありますよ。
ママが転職を考える際には、キャリア志向のママや家庭重視のママ、仕事と家庭の両立を希望するママの3タイプがいるでしょう。大きく3つのタイプに分けて、それぞれに合った転職サイト&エージェントをご紹介します。

キャリア志向タイプのママはこちら

ママでも、キャリアやスキルを活かしたい、正社員で働きたいと言う人も多くいます。正社員への転職を紹介するサイト・エージェントは下記のサイトがおすすめです。

・doda

「女性活躍」というテーマで多くの求人情報を見ることができるエージェントです。女性の転職・求人情報Woman Career(ウーマン・キャリア)による「doda」の求人サイトがおすすめです。女性の正社員求人数がとても多いのが特徴ですよ。
検索で「育児・託児支援制度×女性活躍」やフレックス勤務など、様々な条件で検索できます。転職女性のQ&Aコーナーや転職体験記事を見ているだけでも参考になります。
Dodaの転職サイトはこちらhttps://doda.jp/woman/

・リブズキャリア

ワーママの転職実績が多くあって安心の女性専門転職サイトです。年収400万円以上の求人も多くあるため、正社員としてしっかり働いて稼ぎたい、自分のキャリアを活かしたいというママ向けのエージェントです。登録することによって、企業から直接スカウトされることもあります。
正社員でも帰宅時間で検索できるのでおすすめです。テレワークの仕事などもワ―ママにとっては、新しい働き方になりますよ。完全在宅勤務や時間の短い仕事もあって、いろいろな仕事が探せます。
リブズキャリアの転職サイトはこちらhttps://libinc.jp/

・リクナビNEXT

転職で多くの人が使うリクナビNEXTもおすすめです。転職する8割の人が使っているというサイトです。決定率もとても良く人気となっています。正社員の求人の割合が多いのがメリットで、正社員思考のママにおすすめです。
企業からの直接お誘いなどで、思わぬ求人と出合うこともあります。
検索の条件も、「17時まで退社可」などがあり、早く帰れるものも選べます。「フレックス勤務OK」「土日祝休み」などの検索条件も活用してみるといいでしょう。
リクナビNEXTの転職サイトはこちらhttps://next.rikunabi.com/

・テンプスタッフ

派遣会社として有名な「テンプスタッフ」ですが、紹介予定派遣ならば、正社員にもなれておすすめです。自分のスキルや経験を登録しておいて、紹介予定派遣を待つのもいいでしょう。
また、正社員や契約社員の求人などもあり、いろいろな働き方で探してみるのも転職成功のコツです。
テンプスタッフの転職サイトはこちらhttps://www.tempstaff.co.jp/

・パソナキャリア

派遣会社として有名な「パソナキャリア」です。正社員や契約社員などの求人もあり、女性に特化した専門チームがあるエージェントとなっています。女性の転職について、丁寧にサポートしてもらえるのが嬉しいですよ。転職して年収がアップしたという登録者が多いサイトとなっています。取引実績企業が16,000社以上で、80%以上の多くの非公開求人があります。
パソナキャリアの転職サイトはこちらhttps://www.pasonacareer.jp/

・日経WOMANキャリア

転職して管理職を目指すママにおすすめしたエージェントです。女性管理職の募集が多く、キャリアップや収入アップを希望するママに向いています。希望年収で検索して転職してみるのもいいでしょう。
女性向けの求人が厳選されていて大手の求人もあります。ただ、地方の求人が少ないので気を付けて下さい。
日経WOMANキャリアの転職サイトはこちらhttps://career.nikkei.co.jp/woman/

家庭重視タイプのママはこちら

まだ子どもも小さいために家庭を重視しながら働きたい、子どもとの触れ合いの時間も大事にしたいママには、時間が短いパートやアルバイトなどの求人サイトもいいでしょう。子供の送り迎えにも安心して行けるのがメリットです。

・はたらこねっと

「自分らしくはたらく」をテーマにした「はたらこねっと」は、ワーママの細かな条件でも検索できておすすめです。
「16時前退社」などの検索を活用してみるといいですよ。保育園や学童保育のお迎えをする人にはおすすめです。最寄り駅からのアクセスも求人を探す際に役立ちます。男女の割合も参考に、働きやすい職場を見つけることができます。
はたらこねっとの転職サイトはこちらhttps://www.hatarako.net/

・バイトル

アルバイトやパートの多くの求人があっておすすめのサイトです。細かく地域で検索でき、働く年齢層や男女比もわかり、職場の雰囲気もイメージできます。ママが多いアルバイトやパートの方が働きやすい職場でしょう。
オフィス系の事務のパートなどが充実していますので、ワーママにおすすめです。
バイトルの転職サイトはこちらhttps://www.baitoru.com/

キャリアと家庭両立タイプのママはこちら

家庭と仕事を両立して働くことができたらというママもとても多くいます。そんなママは、派遣会社に登録するのもおすすめです。
派遣の場合には残業などもほとんどなく、決まった時間で働くことが可能なのがメリットです。自分のスキルを活かしながら派遣で働いてみませんか。
それぞれに特色や特徴がある派遣会社ですのでご紹介します。

・テンプスタッフ

派遣会社として求人数が多くておすすめのエージェントです。家庭を重視しながらも自分のスキルを活かして転職できます。多くの企業から見つけられ、パソコンスキルの勉強会などもワ―ママには嬉しいでしょう。スキルアップしていい転職先を見つけるのもおすすめです。
テンプスタッフの転職サイトはこちらhttps://www.tempstaff.co.jp/

・リクルートスタッフィング

リクルートグループの派遣会社を活用するのもおすすめです。有名な企業の派遣が揃っていて、いろいろな企業で働きたい人は探してみるといいですよ。オンライン登録で登録可能で、その後来社して面談があり、適性やスキルのチェックがあります。おすすめの企業を紹介してもらえ、推薦などもありますので成功率も高まります。
ただし、地域によっては求人が少ない場合があり、気を付けて下さい。
リクルートスタッフィングの転職サイトはこちらhttps://www.r-staffing.co.jp/

・ランスタッド

事務系やオフィス系の求人が多い外資系の派遣会社「ランスタッド」です。女性に人気のBPOなどの派遣も多くあります。人事・総務・経理・情報システムなどの派遣があり、経験が活かせます。外資系の会社で英語を活用して働きたいワ―ママにも、おすすめの企業があります。
派遣・紹介予定派遣、正社員、単発や短期のバイトなどが豊富ですので、多くの中から条件を見比べて決めるのもいいでしょう。
支店が地方にも多くあって便利です。
ランスタッドの転職サイトはこちらhttps://www.randstad.co.jp/

■まとめ

ワーママの正社員転職について見てきました。求人環境はよくなっていますが、ワーママには制約がいろいろありますので、働く条件に合った求人を見つけることが大切です。
ワーママが正社員として働くには、自分の働く環境、転職先の職場環境などが整っていることが重要です。
女性向けの求人が充実した求人サイトやエージェントを選ぶことで、多くの企業の求人から条件の合った所を探してみることができます。
できるだけ働きやすい環境のもとで、ワーママとして正社員で働けるようにしたいですね。じっくりと条件を選んで、時には正社員以外も見てみるのもおすすめです。自分の家庭内での協力体制も整えて正社員を目指すことが、成功のコツです。

ワーママの正社員転職は難しい?体験談とおすすめ求人サイトまとめ
Rate this post