私、失敗しないんです!転職に成功or失敗する人?あなたはどっち?

アイキャッチ

あなたの周りにも、いるのではないでしょうか?
転職してから見違えるほど垢抜け、目に見えて成功したと感じさせる人と、転職しない方が良かったんじゃないの?と思わせる人と。その違いは一体なんなのでしょうか。転職する時、誰もが新しい事へのチェレンジを胸に期待を膨らませていることでしょう。
せっかく新しい仕事を始めるならば『転職して良かったね』と言われたいじゃないですか!
前職では活かすことができなかったことを、次に繋げましょう!そのためにも転職に成功する秘訣をご紹介します。

この記事でわかること
・転職に成功する人/しない人
・転職の失敗事例7選
・転職を成功させるタイミング

読むのに必要な時間は約 8 分です。

1.転職に成功する・しない一問一答

『やっと希望の転職先が見つかった!』という方も『なかなか思い描く転職先が見つからない』という方も、一度試してみてください。あなたは、転職に成功するタイプなのでしょうか?それとも失敗するタイプなのでしょうか?
YES・NOで答えてね♡

【さて、あなたはどっち?】

Q1. 転職する理由がハッキリと答えられる

・YES      ・NO
↓        ↓
成功\(^o^)/  失敗(´;ω;`)

転職する理由がしっかりと答えられる人は、前向きな姿勢が感じられ、面接者への印象もよく、企業への貢献度合いが高いと考えられるでしょう。
いくらハッキリと答えられたとしても、ネガティブな転職理由は勿論NGですよ!

Q2. 転職条件や希望が定まっている

・YES      ・NO
↓        ↓
成功\(^o^)/  失敗(´;ω;`)

転職条件や、転職先に求める条件が定まっている人は、自分にとって何が譲れることなのか、そして何が妥協できるのか等の優先順位が定まっているので、条件に合った会社選びができるでしょう。
反対に、その場しのぎで何となく求人を探し、たまたま見つけた好条件を選ぶと、入社してから“思っていた内容と違った”なんてことになることも。
しっかりと優先順位を決め、求める条件を明確にしましょう。

Q3.企業が求めている人材がわかる

・YES      ・NO
↓        ↓
成功\(^o^)/  失敗(´;ω;`)

求職者が、これから先も成長する可能性を秘めた20代前半の場合は、これから育てていくことができるので、現段階で企業が求めている人材でなくても、『誠実さ』や『働きたいという意欲』が伝われば、採用になる可能性も高いはずです。ですが、それなりに経験してきた30代ともなると、そうはいきません。
企業がどんな人材を求めているのかが察知でき、そして自己アピールができるかがポイントになってきます。
面接前にリサーチしておくといいでしょう。

Q4.自身の短所を認め、活かせている

・YES      ・NO
↓        ↓
成功\(^o^)/  失敗(´;ω;`)

多くの人は、自分の短所をわかっていてもなかなか認めることができないものです。
今回、転職に至った理由はどうしてでしょうか?
自身の短所が原因していることも少なくないはずです。

その短所を認めた上で、次のステップアップへと踏み出さなければ、また同じことを繰り返してしまうかもしれません。
上司や先輩、同期に言われたアドバイスや、失敗してきた内容を受け入れることが大切です。
自分の弱点を知ることは、転職を探す際に一番のキーポイントになるはずです。

・その弱点がプラスの材料として活かせる仕事を探す。
・弱点を受け入れた上で、更に得意な分野を伸ばしていく。

誰にでも得意・不得意があります。
得意なことばかりをアピールしていると、面接担当者から自信過剰で扱いにくい人材としてうつるかもしれません。
失敗や弱点を受け入れ謙虚でありながらも、前向きな姿勢でのぞみましょう。

Q5.年収へのこだわりが強い

・YES      ・NO
↓        ↓
失敗(´;ω;`)  成功\(^o^)/

転職する際に重要視するのが、年収や待遇ではないでしょうか?
確かに年収は生活していく上で大切で譲れない1つなのですが、そこにこだわり過ぎるあまり、ご自身に合う仕事内容を見過ごしてしまうことにもなりかねません。

年収や待遇は、仕事を続け評価が上がればおのずとついてきます。
まずは、年収にこだわり過ぎず、本来の転職目的から視点がずれていないかどうか確認してみましょう。

需要が高まるIT業界は、専門職ということもあり高収入が期待できます。
オンライン型のプログラミングレッスンで、年収UPを目指しませんか?

無料体験レッスンがあるので試してみる価値ありですよ!
↓↓↓
CodeCamp

Q6.面接は行ってみないとわからない!

・YES      ・NO
↓        ↓
失敗(´;ω;`)  成功\(^o^)/

面接は、人と人との面談だから『その場に応じた対応をとるしかない!』
その考え方の全てが“間違い”とは言い切れないところもあります。
キリリッとした厳粛な雰囲気の中、場違いな対応をしてしまうと見送られてしまう可能性もでてきます。
その場の雰囲気に応じた対応は必要ですが、その前に充分な対策が必要です。

面接では何を聞かれるかわからないものです。
どんな質問に対しても、しっかりと答えられるように、前もって面接の準備をしておきましょう。

企業は、あなたを採用するメリットがあるかどうかを見ています。

・自分の話したいことではなく、採用者が求めている内容を答える。
・アピールポイントや、短所についての改善策をまとめておく。
・企業の仕事内容を把握しておく。

転職先によって『スキルを求めている企業』なのか『チームワーク重視の企業』なのかなど、その会社が求めている人材は、社風によって様々です。
それを事前に見極めておくことで、ご自身に合う会社なのかどうの確認もできるので、調べておきましょう。

成功者になるために!
転職前にこっそりスキルUPをしてみるのも◎
スキルアップすることで、転職の選択肢が広がり、給料UPが見込めるかも♪

日本最大級150講座あるヒューマンアカデミーの通信講座なら、転職に役立つスキルが学べるはず!まずは資料請求してみてください♡
↓↓↓
たのまな

2.失敗談から学ぶ成功への道

転職に成功する人、しない人をご紹介しましたが、やはり転職に失敗する人には似たような特徴があります。

でも!心配しないでください。
考え方の転換次第で成功者へと変わることができます。

失敗は成功の基!

失敗する理由を探り、成功する人になりましょう!

■転職に失敗したかも?事例と対策

【事例1】面接時に希望が伝えられていない
自分の希望がきちんと伝えられていないことで、入社後に“こんなはずじゃなかった”と失敗してしまうパターンです。
求人欄に書いていた内容と、実際に面接に行ってから面接者から聞かされる業務内容が違う場合もあります。
やっと面接にまでたどり着いた企業となれば、そんな不条理な状態でも受け入れてしまいがちです。

【対策】
なんとなく承諾してしまい、入社してから『嫌です』という訳にはいきません。
きちんと自分の希望は伝えるようにしましょう。

【事例2】想像していた仕事内容と違った
“こんな仕事がしてみたかった!”と理想の仕事を見つけて転職したものの、実際に働いてみると、想像していた内容とは違った!という期待過剰パターン。

求人欄に記載されていることだけを鵜呑みにし、入念に調べることなく面接に行き『なんとなく採用されたから入社した』など、業種についての知識が乏しいまま憧れだけで決めてしまうと失敗してしまうことに。

【対策】
どんな仕事でも、楽しさや苦難がつきものです。
しっかりと仕事内容を調べた上で、自分が本当に続けられる仕事なのかを考えてみましょう。

【事例3】労働条件や給与額が違っていた
当初に聞いていた条件と、就業してからの条件が違った。
信じられないですが、以外に多い失敗談のひとつです。
やっと採用を貰った会社だからと、そのまま我慢して続けている人も多いのが実情です。

【対策】
そうならないためにも、採用通知を貰ったら雇用条件を再確認するようにしましょう。
せっかく採用して貰えたからという理由で苦しい思いをしながら就業を続けるのでは、転職した意味がありません。

事前の確認が大切です。

【事例4】人間関係に問題が…
仕事や給料や待遇はバッチリ!なのに人間関係に問題があった…。このパターンも少なくないのではないでしょうか。
すごく惜しい問題ですが、この件に関しては、その他の面でフォローができるのであれば、しばらく続けてみる価値があります。

どの職場でも人間関係のトラブルは多少あったりするものです。
肉体的・精神的苦痛など極端なパワハラがある場合は、しかるべき対応を考えてもいいかもしれません。

どうしても耐えられない、だけど退職を言い出すことができない…そんな方は、女性専用の退職代行に依頼しましょう。
↓↓↓

【事例5】やりがいが見いだせない
前職が嫌になり転職をしたけれど、転職先でのやりがいが見つからない。
数年が経ち、仕事にも慣れマンネリを感じ始め、新しいことがしたいと転職した人に多い失敗例です。

【対策】
転職する理由が何なのか今一度確認しましょう。
自身にとってのやりがいとは何なのでしょうか。あまり理解ができていない状態で転職してしまうと、仕事に求めていることが明確でないため“転職するんじゃなかった”と後悔してしまう場合も。

【事例6】転職先が決まる前に退職
その時の感情にまかせ『すぐに見つかるはず』とたかをくくり転職先が決まる前に退職。だけど、転職先が決まらず収入源もなく苦しい…せっかく溜めていた貯金が減っていく。
最悪のパターンです。

【対策】
どんな理不尽な環境であっても、生活するためには収入源が必要です。
その場の気持ちや浅はかな言動で、身動きできない状態まで落ちてしまうこともあります。
そうならないためにも、いま何が大切なのか冷静になり考えましょう。

既に退職してしまった方必見!
モニター会員になってお小遣い稼ぎをしませんか?
モニター体験後にアンケート回答するだけで謝礼が貰えるので、理想の転職先が見つかるまでの繋ぎとして♪

ちょっとした小遣い稼ぎにぜひ!登録無料♪
↓↓↓

3.転職を成功させるためにすること

転職を成功させるためには、情報収集と準備が大切です。
毎日転職活動をしていると、同じような求人ばかりで妥協してしまいそうになりますが、グッと堪えましょう。
早く職につき、安定した収入を確保したいのはわかりますが、納得した上で決めなければ、失敗する可能性が高くなります

3つのチェックポイント

【労働条件や給与、就業条件を確認】
勤務時間/給料/休日/待遇/有給/残業の有無など
面接前は勿論ですが、内定をもらってからも再確認しましょう。

【社風を事前にチェックしておく】
ネットで検索すれば、以前に勤めていた先輩方の口コミなど、情報が入手できることがあるので、いち度確認してみましょう。

会社の評判
出典:https://en-hyouban.com/

会社の口コミを確認!!https://en-hyouban.com/

【譲れない条件を明確にする】
転職を好んで繰り返している人はいないはず。居心地のいい職場で安定した収入源を確保したいと誰もが願っていることでしょう。
そのためにも譲れない条件を明確にすることが大切です。

転職活動をしていると、さまざまな条件の求人を見かけることもあり、求めていた条件とは違う魅力的な案件に目移りしてしまい検索軸がブレてしまうことがあります。

検索軸がブレてしまうと、本来の目的ではない条件のもとで働くことになり、同じ失敗を繰り返してしまうことも。

何が最優先なのか、譲れない条件をピックアップして、どんな条件にも惑わされず妥協しないことが成功に近づくポイントです。

4.転職の成功はタイミングが重要

転職を成功させるためには、転職には向いていない時期を避ける必要があります。
ただやみくもに転職活動をしていても、本来採用されるはずの企業を逃してしまう場合があります。
時期だけの問題だとしたら?もったいないことですよね!
さて、一体どんなタイミングだと失敗になるのでしょうか。

■転職に向いていない時期とは

そもそも、転職とは…

自身のキャリアアップやスキルアップなど、現状よりも更に良い状態へステップアップするためや、自分自身を見直すために行うものです。
それ以外で転職を考えた時が、転職には向いていない時期だと言えます。

【失敗しがちな転職理由】
こんな理由で転職したいと考えていると、失敗してしまうかもしれません。

・上司や同僚など人間関係に不満
・現職に飽きた時
・何となく他の企業も経験してみたい

上記のように、現職や人間関係が不満で転職を考えている人を、企業は人件費を払ってでも雇いたいと考えるでしょうか?
同じような環境になれば、またすぐに転職してしまうのではないかと受け取られても仕方がありません。

★人間関係が不満で退職した場合の対策
人間関係でトラブルがあり退職したとしても“その原因を考え、自身の否を認め受け入れ、和解ができていれば”問題はないはずです。
きちんと問題を解決する力があれば、次の職場でも人間関係で問題が起きた時に、反省するとともに、上司や同僚としっかりと話し合えるはずです。
一方だけが悪いなんてことはありません。

“お互い様”という気持ちをもち接してみましょう。

★現職に飽きた/何となく退職した場合の対策
現職に飽きた人や、何となく退職した人は、先のことを深く考えず、今の仕事にも真剣に取り組んでいない方が多いのではないでしょうか。

転職先で、やりがいを見つけるのではなく、現職で工夫し、やりがいを見つけてみてはいかがでしょうか?

何となく退職してしまうと、自分自身が職場に『何を求めているのか』が見えていないため、転職を繰り返してしまう恐れがあります。

新しい仕事を探すには時間や費用がかかります。
転職する理由がしっかりと定まってから、行動にうつしましょう。

気分転換には汗を流すのが一番です!
『このままでいいのかな…』と悩んだ時は、身体を動かし良い汗をかき、リフレッシュしてみましょう!
悩んでいたことが、小さなことに思えてしまうかも!
汗をかく汗腺は、エクリン線とアポクリン汗腺とあります。

汗の説明表
出典:公益財団法人 長寿科学復興財団

・エクリン汗線→体温調節やストレスを感じた時や刺激物を食べた時に出る。
・アポクリン汗腺→ワキや陰部などに存在し、思春期以降に分泌されると言われています。

汗には、良い汗と悪い汗があります。
大量にかく汗は塩分濃度が高くべたつくのが特徴で、大量に塩分を失うので脱水症状になる恐れがあります。
一方、塩分濃度が低い場合は、汗を少しづつかきサラッとしています。

この悪い汗が出る原因ですが、運動をせずに普段からあまり汗をかかないことで、身体が暑熱に対応できていないことで起こります。

適度な運動を続けていると暑熱にも順応し、良い汗が出るようになり、良い汗をかく人は、熱中症になりにくいと言われています。

ホットヨガで適度な汗をかき、ストレス発散しつつ、良い汗作りもしちゃいましょう!
↓↓↓

ホットヨガは女性に嬉しい効果がたくさん★

・デトックスで美肌♡
・ダイエット
・骨盤矯正
・肩こり・腰痛の改善
・リラックス効果
・綺麗な姿勢

■納得してからの転職が◎

辞めたい理由は何なのか、何が我慢できないのか、そして妥協できる点はどんなところなのかなど、一度整理してみましょう。

辞めたい理由 例)仕事量が多い、人間関係が合わないなど
譲れない点 例)定時で帰りたい、休日出勤がないなど
妥協できる点 例)週2回の残業はOK
達成感の有無 例)有、無
改善策 例)仕事量の調整を相談
継続可能〇/× 例)〇、✖

辞めたい理由が、譲れないと思う点よりも勝り、妥協できる点はないのか、辞めたい理由に対する達成感の有無はどうなのか、など一覧にしてまとめてみましょう。
やりがいがあれば、多少の犠牲を払ってでも続ける意味が見いだせる可能性があります。

妥協できる点がなく、仕事に対する達成感や改善策もないのであれば、転職した方がいいかもしれません。転職理由を明確にした上で新しい仕事を探しましょう!

安定した転職を探したい方はこちら!
↓↓↓

5.まとめ

いかがでしたでしょうか?自慢じゃないですが、筆者は転職率がかなり高い方だと思います。
20代前半の頃は、何がしたいのかを求め、接客業・営業・事務職・工場作業員と数々の仕事をしてきました。幸いに、どれもやりがいがあり、学ぶことがあり楽しく勤めることができました。
ただ!色んな仕事をしてきたため、コレ!と言った特技や能力がないのが悲しいところ。
色んな職種があり、たくさんの考え方があります。

三日三月三年※1
石の上にも三年※2

※1三日我慢すれば三ヶ月耐えられる。そして三ヶ月耐えることができれば三年は頑張れる。という意味
※2冷たい石の上も、長い間座り続けていれば次第に暖まってくる。このことから、我慢強く辛抱することで成し遂げられることがあるという意味。

転職を考えている方は、まず立ち止まり『なぜ転職したいのか』をじっくり考えてみてください。
ホットヨガで気分転換しながら『もう少し頑張ってみようかな』と思えたなら、現職を続けてみてください。
今までと違う考え方がひらめくかもしれません。

『何をしてもダメ』そんな時は、スキルアップしながら次の仕事を探してみましょう!

なんとなく転職するのではなく、なぜ転職したいのかをよく考えてからが成功するポイントです。
転職に成功する人・しない人、どちらがいいですか?

この記事が、少しでも転職の手助けになると幸いです。

ライター名
あきやす

私、失敗しないんです!転職に成功or失敗する人?あなたはどっち?
Rate this post