仕事を辞めたい理由とスムーズに退職をするために

アイキャッチ

「今の仕事を辞めたい。」そう考える理由はそれぞれ、いろんな理由があると思いますが、あなたが「仕事を辞めたい。」と思う理由をそのまま正直に伝えてしまうのはおすすめしません。

スムーズに誰もイヤな思いをせずに、サラッと退職するためには何に気を付けるべきか。
退職を理由に会社側とのトラブルなどに発展しないためにも、どのように退職の意思を伝えれば良いのか。

退職に関してみんなが悩むことを中心に記事にまとめましたので、ぜひ最後までご覧ください☆

この記事でわかること
退職理由の例
スムーズに退職するためのポイント
退職を決めた後にやるべきこと

読むのに必要な時間は約 10 分です。

1. 仕事を辞めたいと思った理由

あなたが仕事を辞めたいと考えはじめた理由はなんですか?
人により様々な理由があると思いますが、その中には正直に退職理由として伝えても大丈夫なもの・もしくは会社側に正直に伝えないほうが良いもの、があります。

ですが、どこまで本音で伝えるべきなのか悩む方も多いのでないでしょうか。

退職の意思の伝え方を解説する前に、実際に退職をした人はどんな理由で退職を決意したのかを見ていきましょう。

グラフ

参考文献:厚生労働省

その他23.3%、定年・契約満了13.2%、労働条件12.3%、人間関係12.1%、給料9.9%、会社都合5.8%、仕事内容5.3%、将来性4.9%、やりがい4.6%、結婚2.5%、出産・育児1.5%、介護1.5%

平成28年の1年間で退職した理由を見ると『その他』の割合が高いですが、これを除くと『定年・契約満了が1番多い理由になります。

ランキング形式にすると

1位 定年・契約満了が理由

定年退職は、喜ばしい退職理由のひとつですが、契約満了での理由は、本人が意図していなかった場合もあるのではないでしょうか?

就職したかったけれど、契約期間のある派遣としてしか勤めることができなかったという方も多いのが実情です。

2位 労働条件が理由

『残業が当たり前!』『定時で帰ったことがない』『仕事量が多すぎる』など労働条件に耐えらないことが理由で辞める人も多いようです。

“やりがい”や“達成感”を感じ頑張っていた人も多いのですが、そんな気持ちとは裏腹に体力の限界を感じてしまったという人も…。

3位 人間関係が理由

2位の労働条件に並んで多い退職理由が、人間関係です。
職場には、老若男女問わずたくさんの人が働いています。

長時間ともに過ごしていると、良い面・悪い面と色んな所が見えてきて、不満が出てきてしまいます。
“気にならない”“私は私”と強い精神力を身に付けたいものです。

4位 給料が理由

『仕事に見合った給料が貰えていない』『給料が減らされた』『ボーナスカットになった』『昇給がない』など、給料が少ないことやボーナスが無いことで、仕事に対するモチベーションが下がったという人が多いようです。

最初は好きで始めた仕事だったけれど、生活ができなくなってしまうなど、熱意だけでは生活できない悲しい実態。

5位 会社都合が理由
6位 仕事内容が理由
7位 将来性が理由
8位 やりがいが理由
9位 結婚が理由
10位 介護が理由

こうなります。

1位の定年・契約満了については、正社員ではない非正規労働者として雇い入れる会社が増えていることが伺えます。

働き方改革が掲げられている中、いまだに非正規労働者は増えています。
期限を定めて働きたい人や、色んな職種を経験したい!という人にとっては、都合がいい雇用形態ですが『安定した職に就きたい』と退職を選択した方も少なくないのではないでしょうか。

登録すると、非公開求人を含む10万件以上の求人が見られるdodaは転職者の満足度NO1!

あなたの希望を登録しておくと、企業から直接オファーのメールが届くので転職活動がはかどるはずですよ!

キャリアカウンセリングを受けて、あなたに合う企業を探してみてはいかがでしょうか?

登録はこちらから!
↓↓↓

2. スムーズに退職するために使える退職理由

ではどんな内容の退職理由であれば引き止められたり、怒られるといったことがされずにスムーズに辞めやすくなるのか。

まず1つ目は、できるだけ会社に対する不満など、現在の状況に関するネガティブワードは避け、退職後の自身のキャリアを見据えた向上心や意欲を伝えるようにすること。

ポジティブな理由で退職の意思を伝えると、上司も応援してくれるかもしれません。

例えば…↓↓

・新たな分野に挑戦するため、資格取得の勉強に専念したい。
・以前から興味のあった分野での専門性を高めたい。
・個人事業主として会社を設立したい。

など。

そして2つ目、現在勤めている会社ではどうしようもなく、相手が納得せざる得ない理由にすること。

結婚・転居・家庭の事情などの個人的な理由もこれにあたります。
しかしいくら会社を辞めたいからといっても、根も葉もない全くの嘘をつくのはやめましょう。

いつどこでどんな風に嘘がバレてしまうかわかりません。
トラブルを避けるためにも嘘をつかないようにしてくださいね。

ではどんな理由なら「しょうがない」と退職を認めてもらいやすくなるのでしょうか。

例えば…↓↓

・結婚することになり、遠方に転居することになった。
・持病が悪化し医師から療養に専念するように言われた。
・両親の介護が必要になった。
・妊娠が発覚し、切迫流産の危険性があるため自宅安静したい。

など。

3. 退職理由を考えるときのポイント

どんな退職理由であれば比較的スムーズに辞めやすいか、先ほどお伝えしましたが、皆さんが必ずどれかに当てはまるわけではないと思うので、実際に退職理由を考える際のポイントをお伝えします。

ぜひ退職理由を考える際の参考にしてくださいね。

・会社や上司に対するネガティブワードは避ける

仕事を辞めたいと思っている人のほとんどが会社側に何らかの不満を抱えていると思います。
給与・人間関係・パワハラなど…。

退職理由も本音では会社側が原因だという人が多いでしょう。
しかし、だからといってバカ正直に会社側に不満があると伝えるのは良くありません。

会社側とのトラブルを回避するためなのはもちろんですが、今回の目的はスムーズに仕事を辞めること。
例えば給与に不満があるからと正直に伝えたとします。

「じゃあ昇給を約束しよう。」「間もなく昇進・昇給をする予定だったんだよ」こう言って退職を引き止められるケースがとても多いです。

私の知り合いでは、「ほかの部署よりも給与が多く渡せる部署があるが資格が必要。」といって、その会社が運営している資格取得スクールに入校するよう勧められた人もいます…。(もちろん受講料がかかります。)

それ以外にも、パワハラが原因と正直に伝えたことが本人に知られれば、嫌がらせやイジメ、これまで以上に酷いパワハラを受けるかもしれません。

どうせ辞めるなら言いたいことを全部言ってスッキリしたい!そう思う気持ちもわからなくはないですが、正直に理由を言ったからといっていい方向に進むことはまずあり得ません。

不満はグッとこらえて、なるべく会社側のネガティブワードは避けましょう。
あなたのためですよ。

・「退職しなければならない」理由にする

退職を伝えて引き止められるのが嫌だ、どうしても退職を納得してもらいたい。と思うのであれば、答えは簡単。
「退職しなければいけない」と思わせる理由を伝えればいいのです。

・夢だった仕事に就くために資格を取りたい
・あこがれていた海外留学・ワーキングホリデーに参加する

などあなたの年齢にもよりますが、「今」動かないと意味がない・時間がないということを理由にすると引き止めにくいのではないでしょうか。

・家業を継ぐことになった
・遠方の両親が体を壊したため地元に帰る
・結婚するため夫の住む地域に引っ越す

 といった理由でも無理に引き止められることがないと思います。

ただ、全くの嘘は絶対にダメです。もし後になって嘘がバレた場合、トラブルになるのは目に見えています。
それに今後、どのように退職する会社と接点を持つかわかりません。

もしかしたら転職先の会社と取引を行うことになるかもしれない、そんな時に退職の際に堂々と根も葉もない嘘をついたあなたがいれば、転職先の会社のイメージや信用まで落としかねません。

自分自身のためにも嘘はやめましょう。

・最悪の場合は「一身上の都合」でもOK◎

どうしてもいい感じの退職理由が思いつかない…。そんな時は「一身上の理由」で乗り切ってしまっても大丈夫です。
仕事を辞めたいと言えば、ほとんどの場合で理由を聞かれると思いますが、法律上は退職理由を述べる必要はありません。(民法627条)

会社側とのトラブルをどうしても避けたい場合は、当たり障りのないテキトーな理由を考えておくのもいいですが、無理に考える必要もない。ということは知っておいても損はないですよ。

ただ会社側が今後のためにもアンケート感覚で退職理由の提出を求めてくる場合などは、簡単な退職理由を伝えてもいいかもしれませんね。

4. 退職を伝えるときに気を付けること

退職の伝え方や、伝えるタイミングなど他にも気を付けるべきポイントを疎かにしてしまうと、せっかくきちんと考えた退職理由も意味がなくなってしまうかもしれません。

スムーズな退職を目指すためにも、守るべきマナーやルールをわきまえておきましょう。

・退職の意思を正式に上司に伝えるまで周囲に言わない

退職の意思は必ず直属の上司に最初に話します。

「話しやすいから」と直属の上司ではない先輩や、あまりにも上の役職の上司、同僚や後輩に先に話さず必ず面と向かって直接話しましょう。
直接言うのが気まずいからと、ラインやメールなどで伝えるのは絶対にやめましょう。

そして退職を伝える際は、必ず前もって直属の上司にアポイントを取ること。
「明日の〇時ころ、少々お時間をいただけないでしょうか」と伺いを立ててから、人が少ない静かな場所で話すようにしてください。

いきなり退職を伝えたり、周りに人が多い場所だと上司も落ち着いて話しをすることができません。
最低限のマナーとして覚えておいてくださいね。

・在職中に転職活動をする場合は周囲に知られないようにする

退職の意思が固まった、もしくは退職を上司に伝えた場合、次の転職先を探すことになると思います。
退職から次の転職先での勤務が開始するまでの期間が空けば、それだけ収入が途切れることになりますからね…。

ですが在籍中の会社に堂々と転職活動をアピールするのはいただけません。

通常転職活動は、有給を消化しながら平日に行うことが多いと思いますが、「仕事の引継ぎや自分の仕事を片付けるよりも、転職活動を優先するのか」と思われては退職まで会社に居づらくなってしまいます。

また退職の意思が固まっただけで、まだ誰にも退職を伝えていない状態の場合、「あいつ会社辞めるんじゃない?」といった噂が先に広がってしまうと、退職を伝えるタイミングや話すペースを相手に取られ、うまく話が進まないこともあり得ます。

なるべく転職活動をしていることは周りに知られないようにしておきましょう。

・転職先を会社側に伝えないようにする

退職をすることが正式に決まり、周りにも報告した際に転職先を聞かれることも多いと思います。

ですが転職先の会社名などを詳しく話すことはしないほうがいいです。
嫌がらせ目的で転職先の会社にあなたの情報を連絡するような人間が中には存在するからです。

何に関しても“念には念を”。余計なことを他人に言わないことです。

・繁忙期の退職は避ける

会社側があなたの退職を受け入れるつもりだったとしても、退職希望日が繁忙期前後であれば認められない可能性が高くなります。

忙しい時期に社員が1人減れば、それだけほかの社員の負担が増えることになりますし、もしかすると対応が追い付かず会社側に損失を出す恐れもあります。

それ以外に避ける時期は年度初め。
新入社員の教育や人事異動などでただでさえ忙しい時期です。
社会人のマナーとして、繁忙期などに退職するのは避けましょう。

・退職する2か月前に退職の意思を伝える

法律上、退職の意思を伝えるのは2週間前で問題ありません。
しかし仕事を辞める場合、引き継ぎが必要になりますし後任を決めないといけません。

辞めると伝えた2週間後から来なくなってしまうと、会社はそれまで通りの業務ができません。
また、採用された際に会社側と交わした雇用契約書に退職について書かれていた場合は、それに従うようにしましょう。

たいていの場合は1か月か2か月だと思いますが、余裕をもって2か月前に伝えておいたほうが会社側とのトラブルに繋がりにくいと思います。

会社側からしても余裕をもって退職を伝えられたほうが、引き継ぎや公認の決定などに余裕が生まれるので、退職を認めやすくなります◎

5. 退職を決めたら・退職が決まったら

いざ退職を決意したとき・退職が決まったときに何をすればいいかわからない…。
退職することになったけど次の仕事どうしよう…。など。
気になること・不安なことが次々に出てくると思います。

■退職を決めたら

まずは退職の意思を伝えなければいけません。
これまでの項目でも説明してきましたが、必ず直属の上司にまず1番最初に話すようにしましょう。

退職の理由は、ポジティブに受け止めてもらえるような内容や、現在の勤務先ではどうしようもない内容にすると引き止められにくくなります。

逆に現在の勤務先に関するネガティブワード(給与の不満・人間関係など)を正直に話してしまうと、会社側があなたを引き止めやすくなりますし、無駄なトラブルにつながる恐れもあります。

あなたがどんなに会社側に不満を抱いていたとしても、なるべく言わないほうがいいでしょう。

ですが…、たとえどんなに完璧な退職理由を考えてきたとしても、たとえどんなに入念に退職に向けて準備を進めてきたとしても、上司がパワハラ気質だったり体育会系すぎる職場だった場合、なかなか辞めさせてもらえない…。といったこともあるかと思います。

ハッキリ言って退職願など、退職の意思を受理しないのはその上司・会社側が違法なのですが、上司や会社側が怖くて強く言えない…。

そんな時は思い切って退職代行サービスを使うことも考えてみてください。

「仕事を辞めたい。」この一言を言うのって、とっても勇気がいることだと思うんです。
不安に押しつぶされそうになりながらも、勇気を振り絞って退職の意思を伝えたにも関わらず、不当な理由で退職を拒否されたり、でたらめな法律などを引き合いに出し脅しをかけてきたり…。

1人だとどうしようもない時でも、退職代行サービスを使えば親身に相談に乗ってくれますし、脅しなどにも正確に対処してくれます。

↓↓わたしNEXTの公式サイトはこちら↓↓

こちらの退職代行サービスというのは自分自身で「仕事を辞めたい。」と言わなくても、退職手続きを全て請け負ってくれるというもの。
「一度退職の意思を伝えたけど断られた。」
「上司のパワハラがひどく、直接伝えるのが怖い。」
「職場環境が悪く精神状態が不安定なため、自身で退職を伝えるのが難しい。」
といった方にオススメです。

最短で即日退職が可能で退職成功率は100%。
すぐにでも辞めたいけれどやめると伝える勇気や気力がないから、と仕事を飛ぶことを考えてしまうこともあるかと思いますが、それは絶対に×です。

どうしても自分自身で辞めると伝えられないのならば、退職代行サービスを利用してください。

退職代行サービスを利用すると、会社など勤務先との退職手続き完了までの一切のやり取りを請け負ってくれるので、脅されたり引き止められるような心配をしなくても大丈夫です。

料金は正社員や契約社員の方で29800円(税込)、アルバイトやパートの方で19800円(税込)。
万が一退職できなくても全額返金保証があり、転職が成功した際には転職祝い金が最大5万円もらえるサービスも◎

相談は無料でSNSの「LINE」でも可能なので気になる方はぜひ相談してみてくださいね。

■退職が決まったら

退職することが正式に決まればなるべく早めに次の仕事を探さなければいけません。
ある程度転職の目処が立っている方ならいいですが、ほとんどの方は0からのスタートで転職活動をすることになると思います。

早く転職先を決めなければと焦って転職先を決めたせいで、妥協して決めてしまったり、リサーチ不足で実は転職先企業もブラック企業だった…ということもあるかもしれません。

そういったリスクを避けるためにも、転職活動をゼロから行う方には転職アドバイザーや転職エージェントと呼ばれる、転職に関しての専門知識を持った方との転職活動を行うことをおススメします。

こういったサービスの利用は無料のところが多く、転職のプロがあなた自身に合った企業や職種を見極めて求人を紹介してくれます。

さらにこういったサービスでは、通常の求人サイトには出回らないような非公開求人が多数出ているケースが多く、自分1人では見つけることができなかったような優良企業の求人を紹介してもらえる可能性も!

求人を紹介してもらった後は面接の段取りや面接が成功するように面接対策や、応募書類の添削を行ってくれ、面接の合否も企業から直接ではなく、エージェントやコーディネーターから報告があり、万が一不採用だったとしても反省点を踏まえて今後採用されるためにはどうするべきか、親身に相談に乗ってもらえます。

↓↓DODA公式サイト↓↓

相談から面接、採用まで一切の料金が無料。
自身で求人を探す・エージェントとともに転職活動を行う・企業からのスカウトサービスで転職活動を行う、などあなたに合った転職活動が可能。

収入面など自身で交渉しにくい条件面の交渉も代行してくれます。

↓↓就職Shop公式サイト↓↓

あなた専属のコーディネーターが面談から面接・就職までをサポート。
就職Shopで紹介される企業では書類選考はありません。

書類上の学歴や職歴ではなく実際に面接で話した際の人柄を評価します。

そのためブランクがある方や正社員未経験の方にもオススメです。

こちらで取り扱われる求人は、実際にスタッフが訪問し取材を行った企業のみなので、業務内容や待遇面以外にも、職場環境や雰囲気など実際働くまでわからなかったようなことまで、具体的な情報が手に入ります。

そして利用料は一切かかりません。無料。

↓↓PASSEND公式サイト↓↓

美容業界に特化したこちらの転職サイト。
美容業界未経験でもOKの求人が多数取り扱われ、実際にスタッフが職場を訪れた雰囲気や研修制度など、実際の職場の情報が聞けるので勤務開始前と勤務

開始後のギャップが少ないのがメリットです。
面接対策も手厚く、面接当日にはスタッフが同行・同席までしてくれるサービスも!

1人ではちゃんと話せるか不安だった方も安心ですね◎
こちらの転職サービスも利用料は一切かかりません。

↓↓ミイダス公式サイト↓↓

こちらの転職サービスはこれまでにご紹介した転職サービスとは少し違います。
転職エージェントやコーディネーターはつきませんが、このサービスに登録した時点で求人登録している企業へ“あなた”という人材が売り込まれます。

あなたのプロフィールを見て、企業側からオファーが届くという仕組みなので、自分で求人を探す必要はありませんし、プロフィールを見たうえでのオファーなので書類選考に通過したということ。面接確約のオファーなのです。

自身で求人を探す手間や、コーディネーターとの面談の必要がないので、仕事をしながらの転職活動にオススメです。

さらに、あなたに類似した経歴やスキルを持ったユーザーたちの転職実績を基にあなたの市場価値を知ることができるので効率よく転職活動が行えます。
利用料は一切かかりません。

転職をするにあたり、資格を取るというのもオススメです。
通信教育などの自宅で受講できるタイプのものであれば、仕事や転職活動と並行して行うことが可能ではないでしょうか。

転職活動中に資格取得の勉強をするのは、まだ資格を取得していない段階でも、「仕事に対して意欲がある。」「向上心がある。」と面接の際にプラスに受け止められることが多いので企業側に対しての、アピールポイントにもなります◎

↓↓フォームサイト公式サイト↓↓

こちらのフォーサイトでは宅建などの難関国家資格も受講可能で、難関対策を専門に行っているので、合格率が業界トップクラスを誇っています。
例えば、人気の資格である簿記の合格率は全国平均の2.8倍。

不動産関係の職に就くのであれば、就職でかなり有利になる難関国家資格の宅地建物取引士(宅建)の合格率は全国平均の4.54倍!!
快適なマンションライフをサポートするための資格、マンション管理士・管理業務主任者の合格率は驚異の、全国平均の4.68倍!!!

フォーサイトの通信講座では、すべての教材をスマートフォンやパソコンでも利用可能なので、通勤途中や仕事の昼休みなど、あなたの好きな場所で好きな時間に勉強を行うことができます。

さらに、講義動画を見ながら勉強できるので、テキストを読んだり問題を解くだけでは飽きてしまう…。続かない…。という方にもオススメですよ。

簿記や宅建の他に人気の資格でいうと、行政書士資格や社会保険労務士、ファイナンシャルプランナーなどの資格を取得することも可能になっています。

もし気になる資格があれば、資料請求は無料でできるのでぜひ問い合わせてみてくださいね。

6. まとめ

今回はスムーズに仕事を辞めるためのコツや、退職理由を伝えるためのポイント、転職活動に関しての記事でしたがいかがだったでしょうか。

言い方や言葉のニュアンス1つで上司に対する印象がかなり変わりますし、退職を伝える時期や、退職を希望する時期によっても会社側の反応が変わるので注意が必要です。

そして、仕事を辞めるということは、収入減を失うということ。
あなたのこれからの将来を見据えて慎重に行動するようにしてくださいね。

ライター名
AKASHI

仕事を辞めたい理由とスムーズに退職をするために
Rate this post