白湯で健康&美肌に!?驚きの効果とおすすめの飲み方ご紹介します。

「毎日白湯を飲むだけ」、というものすごく簡単でコストパフォーマンスもすばらしく高い健康法があることをご存知でしょうか。いつまでも健康で若々しくいたいという気持ちや美へのこだわりは、女性なら誰しもが持っているものだと思います。そんな女性の美への追求が進む昨今は、様々な健康法や、ダイエット商品、サプリメントが広がりをみせています。

そういった商品が広がる中、お水を沸かすだけで簡単にできてしまう白湯。それを毎日飲むだけでOKという、こんなお手軽な健康法はあまりないかもしれません。そんな簡単さとは裏腹に白湯を飲むことで、健康・美肌・ダイエットに大きな効果を発揮してくれるんです。今回は、その白湯を毎日飲むことで得られるうれしい効果や、おすすめの飲み方をご紹介します。

この記事でわかること

・白湯の健康・美肌への効果

・白湯ダイエットの効果

・白湯の効果を引き出すための、おすすめの飲み方

読むのに必要な時間は約 6 分です。

1.白湯ってどう健康に良いの?

白湯、といってもただお水を沸かして温かくしただけの飲み物が、健康にいいとはどういうことなのでしょうか。これといって特筆する栄養成分が含まれるわけでもないのに、と思う方もいるかと思います。では、白湯が健康に良いといわれる理由を4つに分けてご紹介したいと思います。

■水分補給

まず、白湯が健康にいいとされる理由のひとつに、「水分補給」という点があげられます。水分なら毎日とっているよ、と思う方もいるかもしれませんが、意外と毎日の生活で水分が十分に取れてない方は多いと思います。特にコーヒーやお茶などばかり飲んでいる方は要注意です。コーヒーやお茶(緑茶・ウーロン茶など)は利尿作用が高いといわれています。

これらの飲み物にはカフェインやカリウムが含まれていて、他の飲み物に比べて、尿による水分排出が早く・多くなるのです。私の妹もコーヒーが大好きで、食事の時も、朝も夜もコーヒーを飲まないと気がすまない、というタイプでした。コーヒーも飲み物ですので、本人的にはそれで水分は摂っているつもりだったようなんですが、ある日突然、前触れもなく激しいめまいを起こし倒れたのです。その場から動けず、救急車で運ばれ、点滴を打ってすぐに回復はしたのですが、急にめまいを起こし倒れた原因は「水分不足」だったのです。

こういった利尿作用のある飲み物だけが水分不足の原因ではなく、毎日の忙しい生活に追われ、ついつい水分を取ることを忘れてしまったりしている方は実は結構いるのではないでしょうか。また夏場に急増する熱中症や中高年の方に多い脳梗塞や心筋梗塞などは水分摂取量の不足がリスクを高める一因になると言われています。白湯は利尿作用もなく、温かいので水分吸収率も高いといわれています。白湯を毎日飲むことで、こういった病気を防ぎ、健康的な生活を送ることにつながるのです。

■代謝機能や免疫力を高める効果がある

女性の敵といえば、「冷え」。身体が冷えることで、人に備わっている様々な機能が低下し、体調不良の原因となるということは有名ですよね。白湯は温かい飲み物ですので、身体も温まります。身体が温まることで、代謝機能や免疫力がアップします。体温が1度上がると、人の免疫力は5~6倍、高まるといわれています。身体の機能が活発化することによって、外からのウイルスなどから身を守ることが可能になるのです。

■自律神経やホルモンバランスなどの乱れを整えてくれる。

女性にとって、自律神経やホルモンバランスはとても大切です。女性は自律神経のバランスが崩れると頭痛や、めまい、肌荒れ、不眠などのトラブルが起こりますし、女性ホルモンのバランスが乱れる事によって月経不順や生理痛などの不調も起こってしまいます。ですので、自律神経を整えることは、とても重要になります。そのためには、副交感神経を優位にすることが必要で、心身のリラックスした状態を作ることが大切になってきます。

そこに、白湯が有効だというのです。温かい白湯をゆっくり飲むことによって気分も落ち着けますし、ゆとりが生まれます。また、半身浴+白湯の組み合わせで、より効果的にリラックスした時間を得ることができるといわれています。

■生活のリズムが整う

毎日定期的に白湯を飲む、という習慣をみにつけると、自然と生活のリズムが整うことが期待できます。早寝早起きになったり、ゆっくりと白湯を飲むことにより、気持ちも落ち着きゆとりが生まれます。ゆとりが生まれることで、自分の生活習慣や食生活を見直す時間ができ、心身ともに健康的に過ごすことができます。このように、うれしい効果が期待できる、白湯健康法ですが、他の健康法に比べて、早い段階で効果を実感する事ができる

ともいわれています。早い方だと飲み始めて3~5日目には体調の変化を感じることができるというのです。早く効果を実感したいせっかちさんにはうれしい情報ですよね。また一方で、飲み始めて1週間程度で体調不良になったという声もあるようです。しかしこれは「好転反応」と呼ばれ、白湯の効果が出ている表れでもあるようです。「好転反応」とは治療などの過程で一時的に体の変化を感じたりすることを言います。この「好転反応」が見られたあとは、驚くほど体質が変わるというのです。

2.白湯でダイエット!?驚きの効果とは

健康に良いとされる白湯ですが、毎日飲むことで、ダイエットにも効果があるんです。

ダイエットはしたいけど、運動や食事制限は辛くて続かない・・という方も、白湯を飲むだけでしたら、気軽に始められるのではないでしょうか。やる気を起こすために、白湯を飲むだけダイエットの主な効果をこちらでご紹介したいと思います。

■血行促進

温かい白湯を飲むことで、内臓機能が温められ、血行を良くしてくれる事が期待されます。血行が良くなると代謝も上がり、胃腸機能なども高めてくれますので、脂肪燃焼効果が上がり、痩せやすい体質へとつながっていきます。

■デトックス効果

白湯ダイエットは、体の中の老廃物を流してくれる効果もあります。特に朝は寝ている間のたまった老廃物を排出するタイミングですので、朝に白湯を飲むのことは果的です。白湯を飲み続けて、数日でニキビが減ったり体が軽くなったという声もあるようです。

■余分な水分の排出効果・むくみ解消

体が温まると、血行だけでなく、リンパの流れもスムーズにしてくれますので、体の中の不要な水分も押し出されていきます。余分な水分が体から出ていく分、顔まわりや足などがすっきりします。むくみが気になる方にはうれしい効果ですよね。

■便秘の予防

白湯を飲むことで、内蔵が温まり、食べたものを消化・吸収する腸の働きも活発になるため便秘の解消に役立ちます。白湯を飲む生活リズムがついてくると、朝飲むだけで、トイレへ直行。なんてことも。

3.白湯は美肌作りにも最適

白湯飲むことは、美しい素肌作りにも貢献してくれます!先にも書いたように、白湯を飲むことで、体のデトックス効果が期待できるため、ニキビなどの吹き出物や肌荒れの改善につながります。また代謝が上がることでお肌に水分や栄養分が行きわたるので、お肌のターンオーバーの正常化が期待できます。ターンオーバーとは、お肌の表皮部分の「新陳代謝」、「生まれ変わり」のことを言います。このターンオーバーは遅くても早くてもお肌にとってベストな状態を作ることはできません。お肌のターンオーバーを正常化させることで、キメが整い、お肌に透明感が生まれ、ハリやツヤがでてくるといった理想の素肌に近づいていくのです。

4.白湯の効果を引き出す飲み方

これまでは、白湯を飲むことで得られる効果についてご紹介してきました。ここからは、その効果を引き出すための、白湯の飲み方や飲むタイミングなどについてご紹介したいと思います。

■白湯の温度や飲み方

白湯は沸かしたお湯をいくらか冷ましたものを指しますが、冷え性の人は70℃~80℃くらいの熱めの白湯がおすすめで、イライラしているときなどは逆に40℃~50℃くらいのぬるめな白湯の方が適しているようです。また飲み方としては、一気に飲み干すのではなく、ずずずーっとすすりながらゆっくり飲むのがおすすめです。

■白湯を飲むおすすめのタイミング

白湯を飲むタイミングは、特に厳しい決まりはなく、起きてすぐや食事中、お風呂のあとや運動後、寝る前など一日の各所でこまめに飲むことをおすすめします。その中でも特におすすめするのが、「朝、起きてすぐのタイミング」です。

【朝起きて飲む白湯】

一日の中で、もっとも効果的だとされている、朝の寝起き後の白湯。寝起きの体は、水分が不足している状態ですので、そこに不純物の取り除かれた白湯を飲むことで、体の水分吸収率が高まり、スムーズに体に水分を取り入れることができます。また、温かい白湯ですので、胃腸やその他の臓器が刺激され、寝ている間にたまった老廃物をデトックスする効果が大きいと言われています。

【夜寝る前に飲む白湯】

夜、寝る前に白湯を飲むことで、ぽかぽかと体が温まり、質の良い睡眠が取れることが期待できます。またゆっくりと白湯を飲むことでその日の体の疲れを取り、リラックスできたり、翌日の便通の改善にもつながります。

また、一日に飲む量についてですが、1日あたり、約800ccほど(コップ5~6杯)が目安のようです。一説では、あまり多く飲みすぎてしまうと体に必要な成分まで流れ出してしまう恐れがあるという事ですのでダイエットや美容にいいからと飲みすぎないように気をつけましょう。

■白湯を作る際の注意点

白湯はお水を沸騰させるだけで、簡単に作ることができますが、水道水で白湯を作る際には10~15分ほど沸騰させることをおすすめします。水道水には「トリハロメタン」という発がん性が疑われる物質が含まれています。通常ですと生涯継続的に摂取しても、健康には影響がないレベルでしかないのですが、加熱することによって一時的に濃度が上昇するといわれているのです。このトリハロメタンという物質は10分間沸騰させる事で蒸発し、除去することが可能です。ですので、水道水を利用して白湯を作る際には、10分以上沸騰させる、ということを覚えていてくださいね。

■お好みの味で♪白湯アレンジ

お手軽な白湯も、やはり味けなく飽きがくるのが心配ですね。そんなときにおすすめのアレンジ白湯をいくつかご紹介したいと思います。本来の白湯の効果を損なわず、プラスαの効果を得られるというメリットがあります。

【白湯×はちみつ】

はちみつを入れると甘みが増して、美味しく飲めますね。はちみつには抗炎症作用といってのどの炎症をやわらげる効果があります。またビタミンやミネラルなどの栄養素も豊富に含まれていますし、抗酸化物質も含まれるため、体内の毒素を排出してくれます。さらに、はちみつに含まれる「ビーポーレン」という物質にはアレルギーを改善する働きがあり、一説には花粉症にも効果があるとか。そんなはちみつ白湯の作り方は、白湯にはちみつを小さじ1杯程度入れるだけでOKです。

【白湯×レモン】

レモンを入れると、さっぱりすっきり飲むことができます。さらに、レモンにはビタミンCが豊富に含まれていますので美肌効果や免疫力アップも期待できます。また、レモンに含まれる「エリオシトリン」という成分には血液中の中性脂肪の増加を防いででくれる効果もあります。レモン白湯は、レモン果汁を大さじ1杯程度入れるだけ。生のレモンを絞って輪切りにして白湯に浮かべて飲むのもおしゃれですね。

【白湯×しょうが】

しょうがにも、白湯と同じように体を温めてくれる効果があります。白湯としょうがの組み合わせで、新陳代謝や脂肪燃焼効果がより高まりますね。また、しょうがには腸の老廃物を流してくれる解毒作用もありますので、体の中からキレイになります。しょうが白湯は、すりおろしたしょうがを小さじ1杯ほど入れるのがおすすめ。市販のチューブのしょうがでも構いませんが、生のしょうがの方がより効果を感じるかと思います。

上記3つ以外にも、梅干しやオリーブオイルなど、アレンジレシピはたくさんあります。味気ない白湯にティースプーン1杯何か加えることによって味も楽しめ、プラス効果が増えるのはうれしいですよね。白湯は毎日続けることが大切ですので、飽きのこない工夫をしましょう!

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。沢山の健康食品やダイエット食品、健康法がテレビやネット、雑誌などで、紹介されている中、こんなシンプルでお手軽な健康法は他にないのではないでしょうか。キレイになりたい、痩せたいと思って高いお金を払って様々なダイエットに挑戦してきた方も多いと思います。白湯健康法の効果は個人差があるかとは思いますが、

コストもほとんどかからないという点からも、試してみる価値は多いにあるかと思います。ゆったりと温かい白湯を飲みながら、リラックスして心も体もキレイになれたら、最高ですね!

 

 

ライター名 HARIKA

 

 

 

白湯で健康&美肌に!?驚きの効果とおすすめの飲み方ご紹介します。
Rate this post