ナッツでダイエットできる!?ナッツの効果や痩せるためのポイント

「運動が苦手なので、食事や間食のちょっとした時間に食事制限したい」「お金をかけずに手ごろなもので脂肪燃焼したい」「ダイエットだけでなく健康にも良い食べ物を摂取したい」このような悩みを持つ女性から人気上昇中なのがナッツダイエットです。

近年は様々な情報サイトや記事でも取り上げられていますが、基本的にカロリーが高めな食べ物なので、摂取する方法にはいくつかの注意点があります。

しかし、効率の良い食べ方さえ理解すれば、間食の際のちょっとしたおやつにするだけで、豊富な食物繊維やビタミンを得られると評判の高い食べ物なので、ダイエット初心者にもおすすめです。このサイトではナッツに期待できる効果や選び方、ナッツを使ったオススメのダイエット商品を紹介します。

この記事でわかること
1ナッツで期待できる効果
2ダイエットに最適なナッツ
3ナッツ系ダイエット商品

読むのに必要な時間は約 7 分です。

 

1. ナッツはダイエットに効果あり!?

ナッツが美容に良いという評判はよく聞きますが、「ナッツで本当にダイエットできるの?」と疑問に思っている方も多いと思います。結論から言うとナッツを食べるだけで減量できるわけではありません。ナッツはカロリーの高いおやつとして認知されている通り、食べ過ぎは厳禁です。

しかし、ナッツに含まれる良質な脂肪はお腹に留まってくれる時間も長く、そしゃく回数が増えることにより、脳の中の満腹中枢も満たされるので、少量であればダイエットサポートに最適な食べ物といえるでしょう。

ナッツは芸能人の道端アンジェリカや藤原紀香にも愛用され、慶応義塾大学医学部の井上浩義教授からも推奨されています。

井上浩義教授のコメント
「ナッツを食べてやせるのは、主に良質な脂肪により満腹感が得られて間食が減ること、食物繊維によって便通がよくなることが大きい

出典:http://saika-shika.kenkounoiriguchi.com/

ナッツが健康だけでなく、ダイエットに注目されているのも納得できます。

2.1日の摂取基準は!?

ナッツはついつい食べ過ぎてしまいそうな食べ物ですが、1日の摂取量には気を付けましょう。

■1日25gが最適

毎日25gのアーモンドを半年食べ続けた人たちの体重が平均3kg、胸囲が平均1.9cm減少したという研究結果がでていることから、ナッツは1日25g、100~150kcalが最適といわれています。
25gと聞いても分かりにくいと思うので、1日25g分の粒数をまとめてみました。

ナッツの種類 1日の摂取目安
アーモンド 25粒
クルミ 8粒
カシューナッツ 17粒
マカダミアナッツ 13粒

厚生労働省と農林水産省による食事バランスガイドでも、1日200kcalがお菓子の摂取目安として設定されています。間食を上手く摂取し、夜食などの食べ過ぎを防ぐと肥満も上手く解決できると思います。

参考サイト:食事バランスガイド http://www.maff.go.jp/

■【食べ過ぎてしまった場合の対処法】

1. ナッツダイエットを1日休む
ついナッツを食べ過ぎてしまった場合は、ナッツダイエットを1日休むことで、脂質やカロリーを体に溜めないようにしましょう。

2. 運動をしてカロリーを消費する
軽い運動やストレッチで摂取しすぎてしまった脂肪を燃焼しましょう。

3. 乳酸菌と食物繊維が豊富な食材を食べる
食物繊維は便秘解消や腸内環境を改善する効果がありますが、乳酸菌が加わると効果が倍増するそうです。老廃物を排出できるよう、ヨーグルトなどを摂取すると良いでしょう。

ナッツに限らず、食べ過ぎは体に毒です。お腹の調子や美容にも良くないので、1日の摂取量を守って無理せずダイエットして下さい。

【ナッツにオススメの乳酸菌はこちら!↓】

オリジナルケフィア

コース 1ヵ月分 送料
通常価格 1600円 無料
定期コース 980円(2回目以降は1440円) 無料

商品説明

30年前からケフィアを製造・開発しているケフラン株式会社の手作り用種菌です。
ケフィアとは発酵乳の一種で、ヨーグルトに似た見た目をしていますが、市販のヨーグルトには含まれていない、豊富な酵母が使用されています。

この酵母が糖質の吸収を分解し、悪玉菌を減らして有害な物質を排除してくれるため、腸内をスッキリと清潔な環境にしてくれます。

牛乳や豆乳に入れるだけで簡単に手作りできるので、朝などの忙しい時間でも気軽に摂取することができます。

ダイエットしようとしているのに、ナッツをつい食べ過ぎしまうという方は乳酸菌と酵母の力で、老廃物を排出しやすい腸内環境を作っていきましょう。

公式サイト:https://www.kefran.com/

■100kcalで得られる栄養素

ナッツに含まれる豊富な栄養素の中にはさまざまなダイエットサポートが期待できます。ここで、1日25g100kcalから摂取できるといわれている栄養素や効果をチェックしていきましょう。

【不飽和脂肪酸】…ナッツは高カロリーな脂質が含まれていますが、「不飽和脂肪酸」という脂肪燃焼の促進や脂肪を付きにくくする効果が認められた脂肪酸で構成されています。血液中の脂質異常や高血圧の予防になる特殊な脂肪なので、ダイエットにもおすすめです。

【食物繊維】…食物繊維は五大栄養素に続く第六の栄養素といわれています。水に溶ける水溶性繊維は便を柔らかくして排泄を助け、糖分の吸収を緩やかにしてくれるため、血糖値の抑制や消化の促進といったダイエット効果が期待できます。

【マグネシウム】…マグネシウムは骨や歯を形成する際に必要な栄養素です。筋肉を動かすエネルギーの燃焼を助ける基礎代謝がUP。体重や体脂肪の燃焼をサポートしてくれます。また、生活習慣病やがん、心筋梗塞などの予防にも役立つので、健康目的で摂取するのも良いでしょう。

【ビタミンE】…ビタミンEは栄養機能食品として表示が許可され、脂肪の酸化を防ぐ効果があるといわれています。糖質制限や代謝の促進といったダイエットサポートはもちろん、血行不良や肌荒れを防ぐ役割も期待できます。

3. ダイエット効果◎のナッツ

ナッツといっても様々な種類があるので、「どの種類を購入して良いのか迷う」という方も多いはず。そこで、様々なナッツの中から特にダイエット効果が期待できる3つのナッツを紹介します。

■アーモンド

出典:https://www.photo-ac.com/

食物繊維が豊富だといわれているゴボウと比較しても、圧倒的に多い11g(100gあたり)の食物繊維が含まれています。不溶性食物繊維(老廃物の排泄を助ける)と、水溶性食物繊維(余分なコレステロールや毒素を排出する)の2つの食物繊維があなたのダイエットをサポートしてくれます。

アーモンドは長年お菓子として親しまれてきたクセがなく、食べやすい種類なので、ナッツダイエット初心者の方はアーモンドで試してみるといいでしょう。

■クルミ

出典:https://www.photo-ac.com/

アーモンドと同じように食物繊維を豊富に含むクルミは満腹感を刺激し、便秘改善や代謝を促す効果が期待できます。

他のナッツと比べて、悪玉コレステロールを減少し、血管をキレイにするオレイン酸と、αリノレン酸がたくさん含まれているので健康にも気を使っているという方にもおすすめです。
独特な渋みがありますが、調理せず薄皮ごと食べられます。

■マカダミア

出典:https://www.photo-ac.com/

高血圧や肥満などの生活習慣病にコレステロール値を下げる効果があるとされ、ダイエット用品にも用いられています。

マカダミアナッツにはパルミトレイン酸という赤ちゃんの肌に含まれている物質もあります。エラスチンやコラーゲンといった良質な脂肪を形成してくれるため、美容にも効果が望めるといわれているため、ダイエットだけでなく、美容効果も期待されています。ほんのりと甘い味がして美味しいです。

4. ナッツの選び方のポイント

■ミックスナッツ

ダイエットに愛用されているのは主に、アーモンドとクルミですが、これらを毎日続けるとなると、味に飽きてしまうこともあります。他の種類のナッツにも美容や健康に良いものはあるので、アーモンドやクルミと合わせて食べると飽きることもなく、様々な種類のナッツを食べることで噛む回数も増えるので、満腹感もアップします。

カシューナッツ…優しい噛み応えで貧血予防にも役立ちます。ナッツの中では糖質が多いので、食べ過ぎないようにしましょう(1日17粒が目安)

ピーナッツ…ピーナッツは太るイメージがありますが、血管を健康にして死亡率を下げる効果やダイエットにも使えるという研究結果が出ています。香ばしく食べやすいです。(1日20粒が目安)

ヘーゼルナッツ…ヘーゼルナッツは世界3大ナッツの1つで、生活習慣病の予防や腸内環境の整備など優れた健康効果があると言われています。生のヘーゼルナッツを軽くローストすると、香ばしい風味を味わえます。(1日20粒が目安)

■無塩、素焼きをチョイス

市販のナッツの中には油や塩などが使用されているものもあります。塩分や油の摂り過ぎはダイエットには逆効果になので、無塩、素焼きのものをチョイスするようにしましょう。添加物などもないシンプルなものが一番です。

■ダイエット商品:スーパーフード

海外セレブの間でも話題のスーパーフードを朝食・昼食・夕食の3食のうちのどれかと置き換えることで、低カロリーで健康的な食生活へ導いてくれます。
ナッツには食物繊維が豊富なので、牛乳やヨーグルトなどの乳酸菌と一緒に摂取すると老廃物の排出も促進されて、痩せやすい体質をサポートしてくれます。

■ダイエット商品:サプリメント

ナッツを食べるとなると摂取量や塩分などにも気を使わなきゃいけないし、面倒くさいという方にはサプリメントがおすすめです。サプリメントなら特に時間を気にする必要もなく、決められた量を飲むだけでいいので、手軽です。近年はナッツを使用したダイエットサプリメントも沢山あるので、チェックしてみると良いでしょう。

■ダイエット商品:パウダー

ナッツとはいえ、ダイエット中に食事をするのってちょっとした罪悪感がありませんか?そのような方はパウダーで水などに溶かして飲むダイエット商品がおすすめです。
ジュース感覚でタンブラーに入れて気軽に持ち運べるので、いつでもどこでもダイエットできます。

5. オススメのナッツ系ダイエット商品3選

ナッツの食べ方のポイントで説明したように、飽きずにダイエットしていきたいという方はなるべく毎日でも摂取しやすいダイエット商品を選ぶのが良いでしょう。
ここで、オススメのダイエット商品を紹介したいと思います。食物繊維の豊富なナッツを使用しながらも、より痩せやすいように様々な栄養素を含んだものばかりで、雑誌やSNS上でも人気の商品です。是非チェックしてみてください。

■1位:クノーラ キアヌグラノーラ

出典:https://www.qnola.jp/
購入方法 1袋 3袋以上 5袋以上 送料 手数料
通常価格 3,600円 3,420円 3,240円 657円(8,000円以上の購入で無料)
定期コース 3,420円 3,240円 3,060円 657円(3袋以上で無料)

商品説明

海外有名メディアに300回以上取り上げられ、日本のTV番組「王様のブランチ」でも紹介されているシリアル食品の一種「グラノーラ」です。

袋を開けてそのまま食べるだけで、キアヌとナッツの香ばしさが口いっぱいに広がり、豊富な食物繊維とミネラルが体を内側からキレイにしてくれます。

豆乳やサラダ、ヨーグルトなど様々な食品と合わせて食べると健康効果も高まり、味に飽きることもありません。ダイエット食品に飽きやすいあなたにもオススメできます。

1日30gが目安ですが、しっかりとした噛みごたえで満腹感も高いです。

気になる方はコチラ

↓ ↓ ↓

キヌアのグラノ─ラ『QNOLA』

■2位:13.種類のオイル

出典:https://hc-refre.jp/
購入方法 1回目 2回目 送料
通常購入 3,240円 3,240円 216円
定期コース 980円 2,916円 初回無料(2回目以降は216円)

商品説明

近年女性から支持を集めているオイルダイエットサプリです。油といっても植物や魚介類に近い油なので、脂肪になりにくく、溜まった老廃物を排出しやすい体に導いてくれます。

サプリメントなので、マカダミアナッツオイルなど13種類のオイルを外出先でも手軽に摂取できます。
厚生労働省が定めた品質管理基準GPMを取得した工場で製造されているため、安全性も高いです。

定期コースなら送料無料。税込み980円で購入でき、いつでもお休みや解約が可能なので、ダイエット初心者の方にもオススメです。

■3位:KOMBUCHA キュッテイ

出典:https://kireinowa.com/
購入方法 1回目 2回目 送料
トクトクコース 980円 3,980円 初回無料(2回目以降は216円)

商品説明

アーモンドやカシューナッツをはじめとした213種類ものスーパーフードを凝縮したパウダータイプのダイエット商品です。パウダーを水に溶かして10秒ほどで完成。

スーパーフードと乳酸菌のWパワーがスッキリとした腸内環境をしっかりサポート。
「1ヵ月で2.7kg痩せられた!」「アップルティーのような味が飲みやすい!」と数多くの美容ブロガーたちに愛されています。タンブラーに入れて、どこにでも気軽に持ち歩けるので、利便性も高いです。

6.まとめ

ダイエットには逆効果といわれていたナッツダイエットですが、食べる量にさえ気をつければ、摂取カロリーを制限できると思います。
ナッツを選ぶ際はアーモンド、くるみ、マカデミアナッツが効果的だと評判です。できるだけ無塩、素焼きのものを選び、20g以上の摂取は控えましょう。

あなたにオススメのダイエット方法
・間食で程よくカロリーを抑えたい方→1日20gのナッツでダイエット
・ダイエットに飽きて長続きしにくい方→ミックスナッツやサプリメントで気軽に摂取
・気軽にダイエットチャレンジしたい方→パウダーやスーパーフードなど、時間要らずの方法で腸内スッキリ

これら全てを試してもOK!あなたの体に合ったナッツダイエットでスマートに減量チャレンジしてみましょう!

ライター名
市川

ナッツでダイエットできる!?ナッツの効果や痩せるためのポイント
Rate this post