メルカリで売れるコツ!みんなが知りたいポイントはたったの3つ!?

メルカリをテレビのCMなどで見聞きしたことがある人は多いと思いますが、まだ利用した事がないという人は必見です!メルカリで家にあるいらないものを賢く整理しちゃいましょう!

とは言え、メルカリを使ったことがない人にとっては、分からないことばかりかと思います。ネットでフリマってどういうこと?お金のやり取りはどうなっているの?安全なの?など、気になってはいるけれど、踏みとどまっている人も多いことでしょう。

今回は、そんなメルカリ初心者さんにもわかりやすく、メルカリの仕組みについて解説いたします!

この記事でわかること
1メルカリ初心者さんでも簡単に出品できる。メルカリの使い方のあれこれ。
2メルカリで売りたい物を売るには?売れるポイントをご紹介します!
3メルカリ以外にも売れるサイト、オークションサイトの便利な使い方とは?

読むのに必要な時間は約 16 分です。

1. メルカリで商品を売るには

出典:https://sanpogarden.hatenablog.com/

おうちにもう着なくなった洋服や物など溜まっていませんか?とくに子育て中のご家庭だと成長して着なくなったお洋服やもう使わなくなったベビー用品やおもちゃなどが出てくると思います。
そういった物をメルカリで賢く処分してお金に変えられたら嬉しいですよね?

今、リサイクルショップなどで使わなくなった物や洋服を売りに行くよりも、メルカリを利用した方が高く売れることもありお得なのだそうです。

『でもどうやたらいらなくなった物をメルカリで売ったら良いのか分からない』という方に、メルカリで商品を売る方法をご紹介します。

■まずはアプリをダウンロードしよう

 

メルカリで商品を売りたいと思ったら、まずネット環境が必要になります。
CMなどでおなじみの『スマホでかんたんフリマアプリ』と宣伝しているように、スマホやタブレット端末のアプリが主流ですが、持っている携帯電話がガラケーでまだスマートフォンは持っていないという方も少なからずいらっしゃると思います。そんな方でもおうちにパソコンがあれば利用できます。

スマートフォンの機種がiPhoneの方とiPadの方ははApple Storeから、
スマートフォンの機種がAndroidの方はGoogle play store からダウンロードできます。
他にもメルカリの公式ホームページからもダウンロードができます。

ダウンロードをしたらユーザー登録をする画面が出てきます。
登録にはメールアドレスと電話番号が必要ですが、FacebookやGoogleのアカウントを持っていると楽に登録することができます。

電話番号を登録する時はショートメールを受信できる方が良いです。固定電話でも登録は可能です。

■スマホで簡単出品!費用は?

出典:https://www.mercari.com/

メルカリで出品するのはとっても簡単です。
上の画像の右下の部分に「出品」と書いてあるカメラマークの赤い丸をタップすると売りたい商品を登録することができます。直接携帯カメラで撮影して登録したり、アルバムから選択して登録することもできます。

写真の設定が終わったら商品名と説明、価格の設定、配送方法などの必要事項を入力していきます。

出店するのに費用はかかりませんが、商品が売れた場合は売上金の10%が販売手数料として、自動で差し引かれます。

必要事項を記入し終わったら、最後に「出店する」ボタンをタップして出品が完了になります。

2. 売れるポイントはたったの3つ

出店してもなかなか商品が売れなかったら悲しいですよね?そこで商品が売れやすくなるポイントを3つご紹介したいと思います。

■紹介文に力を入れること

出品した商品を買って欲しいと思ったら、まず買う側の人の気持ちを安心させてあげることが大切です。
もし自分が逆の立場になった場合、紹介文が簡素だと不安に思い買う気持ちが薄れてしまいます。

なので買う側を安心して購入してもらう為には、商品の基本的な情報と買い手に「欲しい」と思ってもらう為の情報を紹介文に書く事が重要です。

《例》

出典:https://item.rakuten.co.jp/
アンパンマンカーをメルカリで出品する場合の紹介文

メロディアンパンマンカー
子供に大人気のアンパンマンの足蹴り車です。
ハンドルを動かすとアンパンマンの人形がクルクルと動きます。
ハンドルの真ん中のボタンを押すと「アンパンマンのマーチ」の曲が流れます。
手押し車にもなりますので、歩き出したぐらいの月齢のお子様にもご使用頂けると思います。
室内で使用していたので、それほど目立った汚れはありませんが、除菌シートで綺麗に掃除してあります。
お値段は新品価格の8割引です。
中古品ですのでご理解頂けたらと思います。

 

ただ「アンパンマンの車の中古品です。お値段は◯◯円」という簡素な書き方をするより、商品を具体的に説明し、使う時のシーンを想像できるような文言で紹介できると良いですね。

どうしても売りたいからといって、誇張した表現で商品を紹介したり、買う相手にウソをついたりしないようにしましょう。

メルカリでは商品が売れた後にお互いを評価しますので低い評価を受けてしまうと、商品を再び出展した際に信頼されにくくなり、商品も売れにくくなる可能性があるので気をつけるようにしましょう。

■写真はきれいにおしゃれに撮影

次に大切なポイントは、出品する商品を綺麗に撮った写真を用意することです。
メルカリで商品を購入しようとすると、実物を手に取って見る事ができずネット上の写真だけで選ばないといけません。

商品が暗く写っていたり、あまり清潔感のない場所で撮影した写真では商品の魅力が下がってしまいますし、買う側も購買意欲が湧いてきません。

なのでいかにビジュアル良く相手に「これ、良いな!」と思ってもらえる写真を撮れるかが、ポイントになります。

メルカリでは1つの商品を出品する時に、写真を4枚まで載せる事ができますので、1枚は綺麗に撮った写真をのせて、あとは買う側が気になる部分を撮影した写真を載せておくと、「これなら良いかも!」と納得して買ってもらえる可能性が上がるかもしれません。

《例》

出典:https://item.mercari.com/jp/
紹介文

こちらはベビーカーに取り付ける為のバックです。
外見の写真と内部の機能が分かる写真です。
ブランドや商品のロゴがある場合は必ず見せるようにしましょう。
しっかり売りたいと思ったら見栄えの良い写真を載せるようにすると良いでしょう。
ただし、過度な加工のし過ぎた写真は載せないようにしましょう。明らかに加工してることが分かる写真は、何かを誤魔化しているように思われてしまうので、信用されなくなります。
写真を加工したい場合は、人の目で見ている時と同じぐらいの自然な感じになるようにしましょう。

■価格設定は適正価格で

次に商品の値段設定ですが、「いくらで売ったら良いの?」といちばん悩んでしまうかもしれません。

高く売りたいと思う人もいると思いますが、ずっと売れなかったら悲しいですよね?
逆に商品を売りたいからといって安く売り過ぎてしまうと、「もう少し高い値段でも良かったのでは?」と後悔してしまうかもしれません。

そういった後悔がないようにする為には、まず自分が買う側だったらいくらで買うかを想像することをおすすめします。そして自分だったら「この値段なら買っても良い」と思える値段を設定します。

それと同時に自分が出品する商品と同じような物を出品している人の価格を参考にすると決めやすいと思います。
他にもメルカリに限らずyahoo!オークションのようなサイトなどでも価格の相場を調べるのにおすすめです。

3. メルカリだけじゃない!?便利なオークションサイト

■ヤフオク!

日本最大級のオークションサイトヤフオクです。メルカリとの違いはオークション形式なので、欲しい人がどんどんお金を入札し合って、1番高い金額を入札した人が落札できる仕組みです。

メルカリが登場してからヤフオクでもフリマ出品ができるようになりましたが、あくまでもオークションがメインのサイトです。

オークション形式の良さは相場が分かりにくい物でも売りやすく、買う側が値段を付けてくれるところです。どうしても欲しいと思う人が現れると高値になる事もあります。

メルカリでは値段交渉などで商品が安くなる事もありますが、ヤフオクでは値下げの交渉はほとんどなく、交渉を受け付けないように設定ができます。
ブランド品などの高い品物を売りたい場合は、メルカリは相性が良くないという意見もあります。

メルカリでの相場に納得いかなかった場合はヤフオクを利用してみると良い値段で売ることができるかもしれません。
安く売る場合はメルカリ、高い値段で売りたい場合はヤフオクというように使い分けてみるのも良いかもしれませんね。

■Amazon

買うイメージが強いAmazonですが、Amazonに商品を出品することができることを知っていますか?
Amazonで出品する方法は2通りあります。

・大口出品サービス・・・出品数・カテゴリーが無制限。オリジナル製品も出品が可能。
登録料金:月額4900円
・小口出品サービス・・・Amazonにある商品のみ出品が可能。
登録料金:無料

大口出品サービスの場合はお仕事として売買を行いたい人に向いたサービスです。初期費用が安いので、初めてでも経費を抑えられるので参入がしやすいです。
とにかくなんでも揃うAmazonで、商品を売りたいなら小口出品サービスを利用すれば、簡単に販売ができます。

手順

Amazonの出品者登録をします。
出品したい物をAmazonで検索します。
出品したい商品が見つかったら商品詳細ページにある「マーケットプレイスに出品する」をクリックします。
商品の状態、価格設定、数、配送方法などを入力します。
入力内容に誤りがないか確認したら「今すぐ出品」をクリックして完了です。

 

商品が売れたらAmazonから「商品を発送してください」というメールが来ますので、速やかに商品を発送しましょう。発送が終わったら、Amazonに出荷通知を送信して取引完了です。

Amazonが回収した商品の売り上げの入金は14日周期で出品者の銀行口座に振り込まれます。

Amazonで出品するメリットは、わざわざ商品の画像を自分で用意しなくても良いという事と、買う側とコメントのやり取りをしなくても良いので、値引き交渉などをしなくて済みます。

良くAmazonでお買い物をする方は一度試してみても損は無いと思います。
因みに、Amazonに商品が無い場合は出品ができないのでそういった場合はメルカリなどのフリマサイトやリサイクルクルショップを利用しましょう。

■オークファン

出品したいけどいくらで売ったら良いのか迷ってしまう方にうってつけのサイトです。
なぜなら日本だけでなく、世界中のオークションサイトとショッピングサイトをまとめて検索ができ、商品の相場を調べることができます。

お買い物を安くお得に買いたいと思っている人や、出品したい商品を高く売りたいと思っている人の為に、商品を検索して比較検討する事ができる便利なサイトです。

利用するには会員登録が必要になりますが、登録は無料でできます。
商品を出品するならオークファンも一緒に活用すると上手に売り買いができるようになると思いますよ。

■minne

出典:https://minne.com/

手作りを趣味にしている方はminne(ミンネ)がおすすめです。
ミンネは既製品ではなく、ハンドメイド専用の通販サイトです。手作りの物を売りたい人と買いたい人を仲介してくれます。

ミンネで販売できるもの

・手作り品・・・雑貨、アクセサリー、インテリアなど。
・リメイク品・・・自分で洋服などをリメイクしたもの。雑貨やアクセサリーのリメイク品など。
・アート作品・・・自分で制作したイラストやポスター、絵画、オブジェなど
・素材・材料・・・作品を制作するためのみに使用するもの。
・印刷物・・・自分でデザインしたイラストなどを印刷してハガキや冊子にした作品

 

販売・展示がダメなもの

・既製品・・・主に大量生産されている既製品など
・転売品・・・他の第三者が制作した作品を無断で使用したもの
・一部の食品・飲み物・・・ミンネが定めていない種類の食べ物
・化粧品・石けん・・・法律上、化粧品に該当する基礎化粧品、香水、シャンプー、入浴剤、手作り石けん
・データ類・・・作品の作り方や画像データなどをメールやダウンロードで納品する販売

 

ミンネの始め方

ミンネのホームページhttps://minne.com/にまず作家登録をします。
お持ちのデジカメやスマホ、携帯カメラで出品したい作品を撮影して、作品を登録して販売します。
作品が売れて注文が入り、入金が確認できるとメールでお知らせがきます。
この時に購入してくれたお客様にメッセージでお礼を伝えましょう。
作品を購入してくれたお客様へ発送します。

 

ミンネでは作品を登録すると自動的に送料が一律料金の設定になるシステムになっています。
但し、高額な商品の配送や何らかのトラブルに備えたいと思う人は、補償付きの配送方法を選択することをおすすめします。

お子さんの為に始めたハンドメイドが趣味になる方もいると思います。作った作品がお家で埋もれていたらもったいないですよね?リンネは登録料金や月額利用料金などは掛かりません。売れた金額の10%の販売手数料のみなので、お試しに出品してみてはいかがでしょう?

4.出品時に気を付けたいこと

メルカリで厳重にプライバシーが守られていたとしても、トラブルが起きないという保証はありません。ネット上で見えない相手に商品を売るわけですから、トラブルにならないように気をつけておくべき事を次にご紹介します。

■安易に値下げ交渉に応じない

メルカリで気に入った商品があったら❤️ハートマークの「いいね!」ボタンを押します。そうするとその商品の通知が来るようになっています。

1つは提示された価格から10%以上値段が下がると、値下げ通知が届きます。

もう1つは他の「いいね!」をしたユーザーのコメントがあった場合も通知が届くようになっています。

メルカリでは値下げ交渉のやり取りはよくあるようですが、安易に値下げに応じてしまうとそのやり取りの履歴が残るので、他のユーザーにも「どんなコミュニケーションをしたのか?」「値下げ交渉に対応したのか?」が見られてしまいます。

そうなると、自分の売りたい金額でなかなか売りにくくなってしまう恐れがあります。値下げをすれば売れやすくはなりますが、「この出品者は安くしてくれる」という印象になってしまうので、できるだけ値下げをしないように売るようにしましょう。そのためには、上記で説明したように商品の紹介文と写真、適正価格で売る事が大切です。

■個人を特定されるような写真は使用しない

多くの人がスマートフォンを使って写真を撮りますが、スマートフォンで撮影された写真はただの写真ではない事を知っていますか?スマートフォンで撮影された写真はいろんな情報が入っています。

それにはGPSの位置情報や撮影日時、スマートフォンの機種名などが含まれています。この位置情報が付いた状態でうっかり写真をネット上に載せてしまうと、撮影場所や正確な場所を知られてしまう恐れがあります。写真についたデータを悪用されたり、犯罪に巻き込まれる恐れも出てきます。

スマートフォンだけに限らず、撮影場所のデータが写真に埋め込まれているものは、GPS機能付き携帯電話(ガラケー)、デジタルカメラ、ビデオカメラなどがあります。埋め込まれているデータ例は、位置情報・撮影日時・機種名・設定された使用者名・撮影時の設定などです。撮影された情報を専用アプリやソフトを使えば、上記の情報はもちろん地図上で撮影場所が特定できてしまいます。

メルカリでは写真をアップするときに、基本的には位置情報を削除するようになっているので安心ですが、あらかじめGPS機能をオフにしておく事をおすすめします。

■類似商品の価格を把握する

メルカリは面倒な手間が無く簡単に出品できて、簡単に売れると評判が高いですが、いざはりきって売ろうと出品したものの全然売れなかったら、一度上記に上げた売れるためのポイント3つを見直して見ましょう。

特に設定金額が高くないかもう一度見直してみると良いでしょう。

メルカリでは多くの方が色んな物を出品していますので、自分が出品した商品と全く同じ物を出品している人や、同じような商品を出品している人も多くいると思います。その人たちが設定した金額と比べてみましょう。

もし高く設定していたら同じぐらいの金額か少し下げると売れる可能性が上がるかもしれません。

5.商品が売れたら…

自分の出品した物が売れると嬉しいですよね?けれど売れたら物を送って「はい、おしまい」という風ではいくらなんでも寂しい気がします。

多くの人たちが出品している中で、あなたの出品した物を選んで買ってくれた訳ですから、感謝の気持ちを伝えられると良いですね。
次に、商品が売れたあとの対応と流れをご紹介します。

■相手に連絡。お礼はしっかりしよう

出品後、商品が売れたらメルカリから通知かメールでお知らせがきます。
取引画面から買ってくれた方にコメントを送る事ができるので、お礼のメッセージと発送することを伝えましょう。

メッセージを送ったら出来るだけ早めに商品を梱包して、発送の準備をしましょう。

■支払い確認後、迅速な発送を心がける

お礼の連絡をしたら、発送する前に支払いが済んでいるかも忘れずに確認しておきましょう。
商品を無事に相手に届けるための梱包の仕方をご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

梱包の仕方

1、 商品を入れる用の箱を用意します。家にあるいらない箱やダンボール箱などでも大丈夫です。家になかったら100均やメルカリでも購入できます。商品が小さい場合はレターパックやクリックポストで送ると送料が安く済みます。
2、 商品にホコリやゴミが付かないようにビニール袋などで軽く包んでおくと良いです。特に衣類などはそのまま箱に入れて送るよりも、ビニール袋に包んでおくと雨に濡れる心配が無くて安心です。
3、 商品を箱に入れたら、運ぶ時に商品が箱の中で暴れないように、いらない紙や新聞紙などの緩衝材になるものを入れます。
4、 最後に蓋が開かないようにガムテープでしっかり閉じて発送します。

 

商品を出品する時は、送る時のことを考えて用意しておくと、売れた時にあたふたせずにスムーズ送れます。
とくに購入してくれた方が、喜んでもらえるように梱包して送れると良いですね。

■発送手続きが完了したことを知らせる

発送が済んだら済んだら、取引画面から発送通知をします。
通知をした後も、取引のコメントから商品を送ったことや発送方法、配達の予定日時などを伝えておけると良いですね。

メルカリでは取引の最後にお互いを評価をしますので、評価を終えると取引完了になります。

もし途中でやる事が分からなくなっても、メルカリのトップ画面の一番右上の部分の「✔️」チェックマークをタップすると、「やることリスト」が出てくるのでそこで確認できます。

メルカリで商品が売れたら、売上金は振込申請をしないと売上を受け取ることができません。
振込申請は売上日から90日以内までなので注意しましょう。

期限が近づくとメルカリから通知が届きますが、忘れないようにしましょう。

6.発送時に住所や名前を知られない方法

メルカリで出品する際に、発送の方法がたくさんあって困る人もいると思いますが、中には「らくらくメルカリ便」と「ゆうゆうメルカリ便」が何なのか分からないという人の為に詳しくご紹介したいと思います。

■らくらくメルカリ便またはゆうゆうメルカリ便を指定する

メルカリで利用できる発送方法

らくらくメルカリ便
ゆうゆうメルカリ便
大型らくらくメルカリ便 ・未定
ゆうメール
レターパック
普通郵便
クロネコヤマト
ゆうパック
クリックポスト
ゆうパケット

 

このように配達の方法が選べて便利ですが、できれば配送料を安くして送りたいですよね?

それに家の近くに郵便局がなかったり、どこから送ったら良いのか分からなかったり、お仕事の都合で昼間に発送するのは難しかったりという方におすすめの発送方法があります。

1つは、「らくらくメルカリ便」

 

「らくらくメルカリ便」はヤマト運輸とメルカリが提携している宅配サービスです。
もちろんクロネコヤマトの発送でも送れますが、「らくらくメルカリ便」で指定して送ると送料が安く済むだけでなく、近くのコンビニから手軽に送ることができます。

発送場所は、ヤマト運輸の営業所・ファミリーマート・サークルK・サンクス・セブンイレブンから送れます。

配送方法は3種類

・宅急便・・・サイズ別、全国一律600円から1500円。補償は30万円まで。
・宅急便コンパクト・・・全国一律380円。専用の箱(60㎝〜160㎝・2〜25kgまで)65円。補償は30000円まで。
・ネコポス・・・全国一律195円。郵便ポストに投函できるサイズ(2.5㎝までの厚さ・1kgまで)。補償は3000円まで。

 

実際に送る時の送料の支払いは、メルカリの売上金から差し引かれるシステムなのでとても楽に送れます。

また、家に送るための箱がない場合はメルカリやAmazonから購入することができます。

メルカリストア

出典:https://amzn.to/

もう1つのおすすめは「ゆうゆうメルカリ便」です。
「ゆうゆうメルカリ便」は郵便局とメルカリが提携している配送サービスです。
送料が175円からとても安く送れます。

配送の種類は2種類

・ゆうパケット・・・料金175円。A4サイズ・3㎝までの厚さ。
・ゆうパック・・・60サイズ:600円、80サイズ:700円、100サイズ:900円

 

お仕事などで平日に送るのが難しい場合は、郵便局にゆうゆう窓口があれば土日・祝日・早朝・深夜(24時間営業のところもある)に利用できます。郵便局以外ではローソンにあるLoppiからでも受付ができますが、販売価格が1000円以下の場合だと利用ができないので注意しましょう。

売り上げた金額から自動的に配送代金が引き落とされるので、お財布を出す手間はありません。
また、宛名書きが不要で、配送の補償は全額補償してくれます。

「らくらくメルカリ便」と「ゆうゆうメルカリ便」は匿名配送ができるので、自分の住所を知られずに送れるので安心です。

■匿名配送の仕組み

商品が売れたときや商品を買ったときに、自分の住所が相手に分かってしまうのは「ちょっと嫌だな」と不安に思いますよね?

そんなときに相手に住所・名前を知られずに取り引きができたら安心ですよね?
メルカリでは商品を売る側も買う側もお互いの住所・名前を明かさずに取り引きができるように、
「らくらくメルカリ便」と「ゆうゆうメルカリ便」があります。
商品を出品する際に「配送の方法」の項目で、「らくらくメルカリ便」か「ゆうゆうメルカリ便」のどちらかを選択するだけで匿名配送ができます。

「らくらくメルカリ便」か「ゆうゆうメルカリ便」で発送すると、個人情報が表示されなくなります。

ただし、商品が売れた後から匿名配送に変更ができないので、個人情報を知られたくない場合は必ず商品を出品する時に、「らくらくメルカリ便」か「ゆうゆうメルカリ便」を選択するようにしましょう。

普通にクロネコヤマトなどで配送した場合は個人情報が表示されるので注意しましょう。

7.売れないときは…

売れると期待して出品したものの、商品がなかなか売れなかったらがっかりしてしまいますよね?

そんな時は、出品した商品の写真、商品のタイトル、価格設定、商品の説明などを一度見直ししてしましょう。

■売れる商品は24時間以内に売れている

多くの利用者数がいるメルカリでは、1日で結構な金額を売上ている人もいます。
中には運良く売れた人もいると思いますが、何度も出品して売上ている人は売るコツをしっかり押さえています。

上記で説明した「売れるポイントはたったの3つ」はもちろん大事ですが、その3つが出来ていてもなかなか売れないのは何故なのか考えてみましょう。

1つは商品のタイトル

 

商品を買おうする時は、まず写真と値段を見ます。そして次に目にするのがタイトルです。

商品のタイトルはかなり重要です。タイトルに購入者が検索すると思われるキーワードが入っているかが重要です。
例えば、一般的な商品の呼称、型番、ブランド名、商品の企画、特徴などを入れると検索に引っ掛かり安くなります。

もう子供が遊ばなくなったプラレールを出品するとして、タイトルがただ「プラレール」としか書かれていなかったら、購入者に見てもらえないかもしれません。
タイトルは40文字まで入れることができるので、できるだけフル活用して何を出品しているのか分かるようにしましょう。

2つ目は「送料の設定」
 

 

実はメルカリでは送料込みに設定するのが一般的です。
Yahoo!オークションなどでは送料別が当たり前で、同じような感覚でメルカリでも送料別にしようと考えていませんか?

メルカリでは送料を別にしてしまうと着払いになってしまうので、商品が届くまで送料がいくらなのか分かりません。なので送料込みに設定しておくことをおすすめします。

■出品時間を変えてみる

メルカリはタイムライン形式なので、新しい順に出品された商品が表示されていきます。
なので自分が出品したものが売れなければ、どんどん時間が経過して行き、下へ埋もれていってしまいます。

出品して1週間ぐらい経ってしまったら、もう一度再出品してみると、売れる事が結構あるそうです。
特に出品内容を変える必要はないですが、価格を変更するだけでも再出品扱いになり、上位に表示されるので、購入者に見つけてもらいやすくなります。

■値下げは最終手段

メルカリでは時々、「もう少し安くしてくれませんか?」とか、「もう少し値下げしてくれたら買います」などとコメント蘭に値下げ交渉してくる人がいます。

出品者によっては値下げ交渉に応じている人も結構いますが、決して値下げに応じなければいけないわけではありません。

できれば値下げをしないで、提示した価格で買ってもらえるのが一番良いですし、なるべくそういった交渉のやり取りはしたくないですよね?

もし値下げ交渉を避けたい場合は、プロフィールや説明欄に「値下げ交渉禁止」と記載しておくと、諦めてくれるかもしれません。

値下げ交渉を嫌う出品者の方の中には、プロフィールに取り引きする上でのルールや値下げ交渉についてどの様にしたいか、あらかじめ決めて書いていますので参考にしてみるのもおすすめです。

それでも商品がなかなか売れず、どうしても売ってしまいたい場合は最後の手段として価格を下げると良いでしょう。

8.ローカルルールが存在。確認しておくべき内容

多くの利用者がいるメルカリでは公式ルールでは存在しない独自に出来たルールがあります。

出品者と購入者同士がトラブルを起こさない様にする為に出来たルールでもあるので、これからメルカリを利用してみようと考えている方は知っておくと便利かと思います。

■○○専用って?

メルカリの商品一覧を見ていると、時々「○○様専用ページ」という商品が出て来たりします。

これは既に購入者が決まっている為、他の購入者は買わないでほしいという意味です。
どういう時に使うのかというと、「交渉して値下げした時」や「複数購入した時」などに多く、メルカリ以外のサイトなどでやり取りをして、決済をメルカリで行う人もいます。

本来のメルカリのルールでは「最初に購入した方と取り引きをする」という内容が記載されていますので、専用ページを作っても対象外の人が購入してしまってもルール違反にはなりません。

購入者が出品者と交渉した後、「専用出品にします」とタイトルだけでなく商品の画像や説明全て変わってしまった場合は購入しないように注意しましょう。

何を購入したのか証明できなくなってしまいますし、元の説明にあった付属品が無かったり、商品が違うものが届いてしまっても証拠がありませんので、怪しいと思ったら取り引きしないようにしましょう。

■コンビニ支払いで支払い期日を先送りするのはあり?

ネットショップなどでお買い物をすると、時々料金を払い忘れてしまう人もいるそうで、メルカリでも支払いを忘れていたり、支払い期限を過ぎてしまったというような事があるそうです。

クレジットカード払いやキャリア決済なら支払い期限を過ぎる心配はいりませんが、コンビニ支払いやATMで支払いを選択をしている人は、直ぐに振り込みをしてくれるわけではないのですが原則、期限は購入日から3日以内となっています。

期限があるにも関わらずなかなか支払いをしてもらえないというような事を防ぐ為に、出品者側が独自のマイルールを立ててなるべく支払いを早く済ませて貰えるように工夫しています。

全ての人がカードで支払いを出来るわけではないので、出品者側はせめて期日までは待つようにして、払う側はなるべく早く支払いを済ませるように努めれると、トラブル無く嫌な思いせずに済みます。あまり支払いを待たせてしまうと、強制的に取り引きをキャンセルされてしまうかもしれませんので、どうしても直ぐに支払いが出来ない場合は出品者に事情を説明し、了解を得るようにしましょう。

■プロフ必読を強制する

「プロフ必読」は、購入=「プロフィール内容に同意した」というような意味合いが多いです。
プロフィールの内容に多いのは、出展品に対する注意事項(独自ルール)を記載している人が多いです。

購入=「独自ルールに承諾した」となります。
トラブルを避けたい場合や商品説明を省略したいというような理由であらかじめプロフィール蘭に記載しているようです。

欲しい商品に「プロフ必読」とあったら、しっかり読むことをおすすめしますが、「独自ルール」がやたら多いようなら購入するのを辞めておいた方が良いかと思います。
また、出品者の評価をチェックしてから購入を検討すると良いと思います。

■NCNRってなに?!

多くの利用者がいるメルカリで問題なのがNCNRかもしれません。
NCNRとは「ノークレームノーリターン」の略で、意味は「商品に関するクレームと返品は受け付けしません」という意味です。

メルカリの利用規約に具体的な例までしっかり記載されているにも関わらず、NCNRとプロフィールなどに書いてしまっている人がいます。

もしかしたらちゃんと規約を読んでいないのかもしれませんが、違反行為ですのでこういった出品者から商品を購入することは辞めておきましょう。詐欺の可能性もあります。

■即購入不可とは?

たまに「せっかく買ったけれどやっぱりキャンセルしたいな」と思うことって時々あると思います。それに何かトラブルが起きてしまい取引を辞めたいと思う事もありますよね?
そんな時にメルカリでは取引をキャンセルすることができます。

もちろん取引をキャンセルした時は、代金とポイントもしっかり返金されるので安心です。
出品する側がキャンセルする方法と購入する側がキャンセルする方法をご紹介します。

■出品者が取引をキャンセルする理由は以下のことが考えられます。
購入する側がなかなか支払いをしない
出品した商品に欠陥を見つけてしまった
商品の説明文が現物と間違っていた
商品の在庫がなかった
オークションサイトなどで同時販売して売れてしまったなど
 

 

上記のような事が起きてしまった場合は、しっかりとキャンセルして入金があったらちゃんと返金するようにしましょう。

出品者がキャンセルする方法

取引画面の「この取引をキャンセルする」をタップする。
キャンセルを申請する画面がでたらキャンセルしたい理由を選択し、詳細を書いてキャンセル申請をします。
キャンセル申請をすると、購入者にキャンセル確認の通知が届きます。購入者が同意したら完了です。もし同意を拒否されてしまったらメルカリ事務局へお問い合わせしましょう。

 

ちなみにキャンセル申請を送って24時間以内に返事がなかった場合は、自動的に取引がキャンセルされます。

それから、突然購入者にキャンセル申請を送ってしまうと、びっくりしてしまいますし、心象も良くありません。場合によってはトラブルになってしまう可能性もあるので、キャンセル申請を送る前に購入者に事情を説明して、合意をもらってから手続きを行ったほうが良いでしょう。

■購入する側が取引をキャンセルを行う理由は以下の事が考えられます。
出品者から連絡がない
発送日の目安が過ぎても、商品が発送されない
発送されたはずなのに商品が届かない
届いた商品が壊れていた
届いた商品が出品物とまったく違うものが届いたなど

 

上記のような事が起こった場合、「中古品だったし仕方がない」と思ったり、連絡がないからとそのまま放っておかないで、きちんとキャンセル申請をしてお金も返金してもらうようにしましょう。

購入者がキャンセルする方法

出品者が提示した発送日の目安を過ぎてしまうと、取引画面に「🕐発送をお待ちください」という表示がでてきます。その表示に「該当の取引はキャンセルの申請が可能になりました。以下略」と書かれていますので、キャンセル申請はスムーズに行えます。
取引画面の下の部分に「この取引をキャンセルする」をタップします。
タップすると警告文が出ますので、よく確認してから「申請する」ボタンをタップしましょう。
出品者の同意を得られたらキャンセル申請は完了です。

 

もしキャンセル申請を行った後に商品が届いてしまった場合は、絶対に受け取らないようにしましょう。宅配業者の方に事情を説明して、送り返してもらうようにしましょう。

購入者側と出品者側のキャンセル方法を説明しましたが、取引をキャンセルできない場合もあります

購入者の場合:購入したけれど気が変わり購入をキャンセルしたくなった。
出品者の場合:売れたけど、やっぱり売りたくなくなった。

 

上記に上げたような自分の都合によるキャンセルは、取引する相手に迷惑を掛けてしまいますのでしないようにしましょう。

あまり自己都合が続いてしまうとメルカリ事務局からペナルティーを課せられる可能性があるので注意しましょう。もしペナルティーを課せられてしまうとメルカリを利用することができなくなってしまうかもしれません。

もしそうなってしまったら嫌ですよね?そうならないようにきちんとルールを守って相手と取引をするようにしましょう。

9.まとめ

自分がゴミだと思う不用品でも価値が付く事があります。捨ててしまう前に一度、メルカリに出品してみてはいかがですか?売れたらラッキーですし、過去に買った物がお金で返ってくるんです。

それに誰かがそれを買い、使ってくれるわけですからとてもありがたいことです。
まだ利用していない人はメルカリを活用してみてはいかがですか?

ライター名sakai

メルカリで売れるコツ!みんなが知りたいポイントはたったの3つ!?
Rate this post