子供の髪型どうしよう?髪型を決める時のポイントや人気の髪型をご紹介!

この記事でわかること
・髪型を決める時のポイント
・自宅で子供の髪を切るときのポイント
・男の子・女の子に似合う髪型の紹介

 

皆さんのお子さんはどんな髪型をしていますか?男の子は切ってもすぐ伸びてしまったり、女の子は可愛らしくしたいけど、ヘアアレンジなんかも苦手だし・・・などなど、子供の髪のことで度々お悩みになる親御さんは多いと思います。

私も5歳と1歳の娘がいますが、5歳の娘は長い髪が大好きで、髪を切るのを嫌います。
ただ私が不器用なものですから、かわいくヘアアレンジすることが苦手でいつも一つ結び、そしていつの間にかボサボサ・・なんとか忙しい合間でもぱっと簡単でかわいいヘアアレンジはないかとよく検索したりします。

せっかくならいつもかわいい・かっこいい髪型で過ごしてもらいたい!
そういうお父さん・お母さんの為に、今回は子供に似合う髪型を見つけるポイントや自宅でヘアカットする時のコツ、また子供達に人気の髪型もご紹介します。

 

1.子供の髪型、どうやって決める?

かわいいわが子ですから、いつでもかわいらしく、かっこよくいてほしいですよね。
でも現実は、美容室の人に任せきりになっていたり、またそんなに凝った髪型はわからないし、今の髪型が一番!と思っていらっしゃる方もいると思います。だけど、ちょっと待って!もしかすると、もっともっと素敵な髪型があるかもしれませんよ。

■その子に似合う髪型とは?

出典:https://folk-media.com/

子供も大人同様に「似合う髪型」というものがあります。それは、顔の形やファッションといった見た目の印象がとても大切になってきます。もちろん、子供がやりたいと思う髪型を選ばせてあげるのも大事なことです。親子でどうなりたいのかをよく話し合って、髪型を決めると良いでしょう。

■似合う髪型を決める3つのポイント

髪型を決めるとき、本を見たり、憧れの芸能人だったり、様々な選択肢の中から、悩んで決めますよね。でもその髪型が本当に似合うのか不安になったりします。今回自分に似合う髪型を決める際のポイントを、3つをご紹介します。この3つを踏まえて検討することで、失敗した~と落ち込む機会が減ることや、また新たな髪型の選択肢が出てくる可能性があります。

・顔の形に合っている髪型か
人それぞれ顔の形は違います。髪型を決めるときに顔の形は重要です。顔のかわいらしさや良さを引き立てている髪型なのか、隠したい部分や見せたい部分など、うまく補正している髪型かどうかを見極めることは重要です。

・ファッションとリンクした髪型か
その人全体を見たときのバランスも重要です。洋服やアクセサリー、靴などと髪型のバランスがちぐはぐだと、似合う髪型とは言い難くなります。普段のファッションと髪型は合っているのか、確認しておくべきポイントの1つです。

・自分の理想としている人物像に近づける髪型か
憧れている人がいたり、こうなりたい!などのイメージを持っている方は多いと思います。
3つめは、そういうイメージに近づける髪型かどうか、がポイントです。自分のコンプレックスをカバーしてくれる髪型であったり理想の雰囲気に合ったヘアスタイルかどうか、またはそれはどんな髪型なら実現できるのか、考えてみましょう。

基本的なことだったかもしれませんが、以上が髪型を決める時におさえておきたいポイントになります。上記3つのポイントが一つでも満たされていなければ、自分に似合う髪型だとは言えません。例えば、ファッションとリンクしている髪型であっても、自分の顔の形に合っていない髪型をしてしまうと、欠点が丸出しになってしまったりします。

また、かわいらしいヘアスタイルになったとしても、セクシーな服を着ていると全体のバランスが悪くなって見えてします。自分の性格や、雰囲気、普段着ている服装など、さまざまな視点から自分に合った髪型を見つける事が大切です。この3つのポイントに気をつけて、自分の子供はどんな髪型がいいのか確認してみるのもいいのではないでしょうか。

■5つの顔の形から似合う髪型を判断する方法

では上記で上げたポイントの1つ目である「自分の顔の形にあっている髪型」とはどんな髪型なのかを、5つの顔の形に分けて紹介したいと思います。

卵型


卵型の特徴は、その名のとおり、顔の輪郭が卵のような形をしています。あごのラインが緩やかなカーブを描いており、エラなども角ばったりしていない顔型です。少し縦に長い、ひし形のシルエットをしたこの顔型はうれしいことに、基本的にはどんなヘアスタイルでも似合います。卵型は縦横の比率が3:2という、バランスの取れた比率で、そのほかの顔の形をしている人も髪型を決める際にはこの比率になるようカットする事を目指しましょう。

 丸顔


丸顔は、耳からあごの線が丸みがあって、まるでボールのような形をしているのが特徴です。卵型の縦横の比率が3:2だったのに対して、丸顔は縦が短く、比率は3:3に近くなります。丸顔の人は、理想の縦横比3:2になるよう、縦の幅を出すよう、ヘアスタイルはトップに高さを出します。または、頬を紙で隠し、横幅を狭くすることで、バランスをとるのも有効です。

面長


面長は、卵型をさらに縦に長くした形をしています。縦横の比率でいうと4:2ほどになります。面長の人は丸顔とは逆で、トップの高さを抑え、サイドにボリュームを出すような髪形をするときれいなシルエットを作ることができます。また、前髪の幅を広くとることで、縦長な顔の印象を抑える効果があります。

四角(ベース)


四角(ベース)型の特徴はまさに、野球のホームベースです。エラが出ていて、骨が角ばっているように見えます。この顔の形をしている人は、丸顔の人と同l様でトップにボリュームを出すことが効果的です。またエラを隠すようにサイドの髪を活用しましょう。前髪は幅を狭くすることで、すっきりと見せることができます。

逆三角型


逆三角型の特徴は、あごのラインがしゅっとしていて、直線的です。アゴのあたりがシャープなので、重心が高くなります。全体的に細長いので、この顔型ではトップとサイド両方にボリュームを出すことが有効です。

まだ小さい子供でしたら顔の形まで気にすることなく、なんでも基本的にはかわいくなるかと思いますが、小学校の高学年になってくるとやはりおしゃれも気になってくる年頃。こういったポイントを押さえながら、お子様と一緒に似合う髪形を考えたり、アドバイスするのもいいのではないかと思います。

■子供のヘアカットにチャレンジ!

小さい頃は美容室につれていっても人見知りしたり、じっとしてくれなかったりしますし、
少し整える程度でいいんだけど・・という場面も多いと思います。そんな時は自宅でセルフカットできると便利ですよね。美容室代もかからず、子供とのコミュニケーションの場にもなります。ここでは、自宅で子供の髪を切るときの注意点やポイントをご紹介します。

・注意すること
子供はじっと座っていることが苦手です。だけど、髪をきるときははさみを使うので、動き回られては危険です。ですので、なるべくおとなしくしてもらえるような工夫が必要です。テレビを見せたり、話かけておしゃべりに夢中にさせたりするなど、安全にカットできるよう努めましょう。また、カットすると髪の毛が散らばりますので、子供の首周りにビニールをかぶせ、洋服に髪がつかないようにしたり、床にもシートを敷いてからカットを始めましょう。

【男の子カットのポイント】

①髪の毛を全体的に軽く濡らす

髪の毛を軽く濡らすことで、髪の毛がつかみやすくなり、カットしやすくなります。また髪が飛び散るのを防ぐ効果もあります。ただ、濡らしすぎると切りすぎる場合がありますので、注意しましょう。

②顔まわりの髪から切っていく

前髪、襟足、耳まわりなど、顔のまわりの毛から切っていきましょう。前髪は、分け目やラインをあらかじめ決めておくときれいに仕上がります。

③サイドはクリップなどで押さえながらすいていく

髪が伸びてくるとサイドは膨らみがちになります。そのボリュームを抑えるため、サイドの外側の毛をクリップでおさえ、内側の毛をすきバサミですいていきます。
すきばさみは切りすぎを防ぐため、根元からではなく、真ん中あたりからすいていくのがポイントです。また、電気シェーバーなどがあるともみあげの調整もしやすくなります。

④すきバサミでトップの毛の量を調整する。

トップもサイドの時と同様、髪の中間あたりからすきバサミでカットしていきます。トップは毛r量も多いので、多めに切っても問題ないことが多いですが、きりながらバランスを見ましょう。

⑤仕上げに全体的な長さを整える。

サイドや襟足は左右で長さが違ってくることがありますので、左右の髪をひっぱってみて違いがないか確認しましょう。

【女の子カットのポイント】

今回ご紹介する女の子のカットのポイントは、ボブ~セミロングほどの長さの髪をカットするときのポイントになります。

①後ろ髪からカットする。

女の子のヘアカットは切る順番に気をつけましょう。まずは後ろの髪の毛からカットしていきます。髪の毛の量によって、ブロックにわけ、下の真ん中からカットしてきましょう。下を向いてもらうとカットしやすくなります。

②サイドをカットする

後ろの髪をカットしたら、次はサイドをカットしていきます。今度は横に首をかしげてもらうと髪がまとまり、カットしやすくなります。

③最後に前髪をカットする。
前髪は2つのブロックにわけてカットします。下のブロックからカットしていくのですが、毛先を斜めにカットすると仕上がりがよくなります。

④髪の量を調整するのはすきバサミで

髪の量を軽くしたい場合は、すきバサミを利用して、斜めにカットしていくと自然な仕上がりになります。

2.男の子におすすめの髪型3選

男の子は基本的に短めにカットしている、という方が多数派だと思います。だけど、おしゃれな短いカットといってもピンとこない方も多いかと思います。結局スポーツ狩りにしたり、坊主頭にしてみたり・・
ここでは、美容室でお願いするは方はもちろん、自宅でカットしたい方でも比較的簡単にカットできるおすすめの髪型をご紹介します。

■ショートスタイル


出典:http://ure.pia.co.jp/articles/

どんな顔型でも似合う、ショートスタイルは短すぎず長すぎずで、おしゃれ感も出すことができます。襟足や耳の周りをすっきりさせるのがポイントです。また前髪を斜めに切って流すのもおすすめです。

■ソフトモヒカン

出典:http://ure.pia.co.jp/

モヒカンというと、ニワトリのトサカのようなとんがり頭を想像する方もいらっしゃるかもしれませんが、ソフトモヒカンなら、サイドやバッグを刈り上げてすっきりしますし、小さな男の子にはおすすめです。特に髪質が硬めで量も多いと子はスタイルが決まりやすいようです。

■キッズマッシュ

出典:https://folk-media.com/

幼児期といえば、この髪型!という小さい頃ならではのおすすめのヘアスタイルです。
髪質がやわらかく、サラサラしている子に特におすすめで、坊ちゃん風で、ぱっつん前髪がかわいらしさを引き立てます。

3女の子におすすめの髪型3選

女の子は短いショートスタイルからロングヘアまで、髪型のバリエーションは豊富です。
豊富がゆえに、どんな髪型がいいか決められないという方も多いかと思います。
ここではおすすめの髪型を3つご紹介いたします。

■ボブスタイル


出典:https://matome.naver.jp/

ヘアアレンジもいろいろできて、ロングよりシャンプーやドライヤーの手間が少ない
ボブスタイルは、忙しいけどいろいろおしゃれさせたい!という親御さんにおすすめの髪型です。

■ミディアムヘア

出典:https://beauty.biglobe.ne.jp/

肩のあたりまで伸ばした髪形は、ヘアアレンジに向いています。ロングヘアだと長すぎて結ぶのやアレンジの難易度も上がってくるので、長すぎないミディアムは不器用なママさんにもおすすめです。

■ロングヘア


出典:https://beauty.hotpepper.jp/

それでも女の子はやっぱり長い髪にあこがれます。サラサラでまっすぐなヘアスタイルは大人から子供まで人気の髪型です。

4.小学生に人気の髪型

小学生の低学年の頃は、まだまだ外で活発に動き回る時期ですので、やっぱり人気は動きやすいスタイルが中心です。高学年になってくると、おしゃれにも興味がでてくるので、ヘアスタイルもよりこだわりがでてきます。ここでは、低学年と高学年それぞれで人気の髪型をご紹介します。

■低学年

【男の子】

・坊主頭

出典:https://beauty.biglobe.ne.jp/

低学年の男の子に人気があるのは、やはり坊主頭です。坊主頭はこの時期が一番似合うといっても過言ではありません。似合う時期に似合う髪形を。バスタオルでキチンと頭を拭かない低学年の男の子に、手間のかからない坊主頭は親にとってもありがたいですね。

【女の子】

・ボブスタイル

 

出典:https://beauty.biglobe.ne.jp/

低学年の女の子に人気なのは、やっぱりボブスタイル。まだまだ男の子と一緒になって元気に遊ぶこの時期はあまり長すぎるとぼさぼさになりがち。ボブスタイルだとハーフアップやピンなどでアレンジも様々ですし、この時期ならではの可愛らしさがあります。

■高学年

【男の子】

・前髪長めのショートカット

 

出典:https://kirari-media.net/

小学校高学年になった男の子には、「前髪長めの短髪ショートカット」が人気です。普通のショートカットよりも、少し長めに前髪を伸ばし、流すことで、大人っぽさを出すことができます。

・ツーブロック

 

出典:https://kirari-media.net/

バックとサイドを短く刈り上げ、トップを少し長めにしたツーブロックはおしゃれ度が高く、高学年の男の子に人気です。トップの髪の量を多くしたり、長さを変えることで印象をいろいろ変えることもできるのでアレンジも多彩な
ヘアスタイルです。

【女の子】

・外ハネロングヘア


出典:https://kaumo.jp/topic/977

大人っぽさの中にも、小学生ならではの爽やかさも併せ持った外ハネロングヘアは、重たくならず、活発な小学生にも
人気の髪型です。

・大人ショートボブ

 

出典:https://kaumo.jp/topic/977

スタイルが作りやすいショートボブは、細かい手入れが苦手な小学生に人気の髪型です。前髪をサイドと同じ位の長さにして、流すことで大人っぽさがでてきます。

■おすすめヘアアレンジ

女の子ならではのおしゃれの楽しみ方のひとつ、ヘアアレンジ。筆者も苦手ですが、街でかわいい髪形をした女の子をみると家の娘にもやってあげたいな~と思います。娘のためにがんばりたい!私と同じような気持ちの方、多いと思います。そこでこちらでは、人気のヘアアレンジをご紹介します。一緒におしゃれを楽しみましょう!

・ツインお団子


出典:https://jo-shiki.com/beauty/

不器用なママには、簡単でかわいくまとめ髪になるお団子ヘアはおすすめです。くるっとねじってピンやゴムでまとめるだけのお手軽ヘアアレンジです。お気に入りの髪飾りなどがあるとポイントになってかわいらしさがアップします。

・サイドくるりんぱ

出典:https://jo-shiki.com/beauty/

普通に結ぶよりもちょっとかわいらしい印象になれるくるりんぱ。
100円均一などでも、簡単にくるりんぱを作れる道具がありますのでおすすめです。
サイドにまとめることで、おしゃれ感が増します。

・編み込み

出典:https://jo-shiki.com/beauty/

ヘアアレンジの定番、編み込み。基本的な編み込み方をマスターできれば、いろいろな応用がききます。

動画でも編み込みの基本的なやり方が紹介されています。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。男の子も女の子も、ちょっとしたポイントを抑えておくと、より素敵な髪型に変身できそうですよね。髪を切らなくても、ブローの仕方やヘアアレンジでいつもと違った印象の髪型にすることも可能です!子供も大人と同じで髪型を楽しむことができるのですから、「今日はどうする?」と声をかけてあげるのもコミュニケーションが増えるのでおすすめです♪子供に似合う髪形をチェックして親子でおしゃれを楽しみたいですね!

 

 

子供の髪型どうしよう?髪型を決める時のポイントや人気の髪型をご紹介!
5 (100%) 1 vote