【驚きのコスパ月500円!】Amazonプライムビデオで話題作品をより安く!

自宅や外出先で気軽に動画を楽しめることから、どんどんユーザー数を増やしている定額制動画配信サービス。なかでもAmazonプライムビデオは、料金の安さから不動の人気を得ています。

しかも、Amazonプライムビデオの強みは料金の安さだけではありません。

いくら料金が安くても魅力的な作品がラインナップされていなければユーザーは離れていくもの。

Amazonプライムビデオでは、映画やドラマ、ドキュメンタリー、アニメなど、随時25,000作品ほどのさまざまなジャンルの作品が配信されています。

オリジナル作品にも力を入れており、ほかにはない作品を見られるのも強みです。

また、アメリカドラマやキッズアニメも豊富。Amazonプライムビデオは、子育て中のママや子供、働き盛りのサラリーマンなど、色々な環境や立場の方が楽しめるオールマイティな動画配信サービスと言えるでしょう。

では、Amazonプライムビデオの料金や無料トライアル、メリットやデメリットについて詳しく見ていきたいと思います。

※本ページの情報は2019年7月19日時点のものです。最新の情報はAmazonプライムビデオ公式サイトにてご確認ください。

この記事でわかること
1.Amazonプライムビデオの料金
2.Amazonプライムビデオのメリット
3.Amazonプライムビデオのデメリット

読むのに必要な時間は約 8 分です。

1. Amazonプライムビデオとは


Amazonプライムビデオとは、Amazonプライム会員の特典のひとつ。ちなみにAmazonプライム会員になると、プライムビデオの視聴のほか、PrimeMusicやKindleオーナーライブラリでの毎月1冊無料サービス、お急ぎ便指定、PrimePhotoといったサービスを受けることができます。

■話題の作品が高画質で見放題

Amazonプライムビデオでは、SD、HD、フルHD、4K画質で作品を見ることができます。視聴するデバイスや作品により画質が異なりますが、最低でもSD画質が保証されているのは嬉しいところです。

Amazonプライムビデオには、日本映画や洋画、ドラマ、アニメなど話題の作品がずらりとラインナップ。過去の名作から最近の話題作まで取り揃えられています。はじめてAmazonプライムビデオのトップページを見ると作品数に驚いてしまうほどで、どれから見ようかとワクワクします。


 

2.Amazonプライムの料金は安すぎる!


作品のラインナップや画質の良さもさることながら、Amazonプライムの最大の強みは何と言っても料金の安さです。

■業界で最も安い!

Amazonプライムビデオとほかの動画配信サービスを作品数および料金で比べてみますと、Amazonプライムビデオの圧倒的な料金の安さがわかります。

作品数に関しては少ない印象もありますが、冷静に考えて見ると月額408〜500円25,000作品見放題というのですから、十分と言えるのではないでしょうか。

  Amazon
プライムビデオ
dTV Hulu U-NEXT NETFLIX
作品数 約25,000 約120,000 約50,000 約140,000 約3,500
料金 月額:500円
年額:4,900円
(月408円)
500円 933円 1,990円 ベーシック:800円
スタンダード:1,200円
プレミアム:1,800円

■月間よりお得!年間プラン

Amazonプライム会員の料金は月額500円。それでももちろん安いのですが、さらに年払いにすると4,900円で、月換算すると408円です。

Amazonプライム会員ではAmazonプライムビデオの視聴以外にも色々なサービスを受けられますので、長期的に利用する場合は、年間プランでの登録がおすすめです。

■えらべる支払方法

Amazonプライム料金は、Visa・Mastercard・JCB・Diners・AmericanExpressの5つのクレジットカードで支払うことができます。

さらに、ドコモとauの携帯料金と一緒に携帯決済で支払うことも可能です。

もうひとつ意外と便利なのがAmazonギフト券での料金支払いです。Amazonギフト券はオンラインストアのほか、コンビニエンスストアなどでも購入できます。

オンラインストアでの購入はクレジットカードや電子マネーということが多いですが、コンビニエンスストアでは現金で購入します。

ということはコンビニエンスストアなどのショップでAmazonギフト券を購入してAmazonプライム会員料金を支払えば、クレジットカードを使わずとも現金支払いできるというわけです。

またほかにも、VISA発行のプリペイドカードであるVプリカ、au運営のau walletプリペイドカードでAmazonプライム会員料金を支払う方法もあります。とくにVプリカの場合、ネット上に無料アカウントを作るだけで、審査なく即時発行されますので便利です。

なお、Vプリカは実際にカードが発行されるわけではなく、ネット上の自分のアカウントの中にカードが作られるというイメージです。

■料金プランの変更はできる?

はじめは月間プランで登録したものの、使い勝手がよくて気に入ったので料金のよりお得な年間プランにしたいという方もいらっしゃるでしょう。

また逆に、年間プランで契約したものの忙しくてあまり利用する機会がないので月間プランに変更したいということもあるでしょう。

Amazonプライム会員料金プランの月間、年間プランの変更は簡単。まず「アカウント設定」から「プライム会員情報の設定・変更」をクリックします。

次に「会員情報」から「会費プランの変更」を選ぶと、「年間(¥4,900/年)」と「月間(¥500/月)」のラジオボタンが出てくるので、自分が変更したいプランを選びます。これで、次の更新からは選択したプランとなります。

3.Amazonプライムビデオのいいところ


Amazonプライムビデオのメリットは、料金や作品の豊富さだけではありません。では、Amazonプライムビデオのメリットについて詳しく見ていきましょう。
h3>■対応端末が豊富

Amazonプライムビデオはパソコンやスマホで視聴できるほか、AmazonFireTVやAppleTV、スマートテレビなどの活用でテレビの大画面で楽しむこともできます。さらに、プレイステーション3、プレイステーション4、Wii Uといったゲーム機と接続すれば気軽にテレビに繋ぐことも可能です。

■ダウンロードでいつでも見られる

Amazonプライムビデオには嬉しいダウンロード機能があります。

気になる作品があるけれど今は見られない、という場合にダウンロードだけ済ましておけば、時間のできた時にいつでもゆっくり作品を楽しめます。また、ネット環境の整った自宅でスマホにダウンロードしておけば、外出先でも通信制限を気にせずに動画を視聴できます。

■参考になる動画レビュー

Amazonプライムビデオの良いところは、作品のレビューが充実しているところです。

とにかくたくさんの作品がありますから、どれを視聴しようか迷ってしまいがち。そんな時に実際の感想などユーザーの生の声を参考にできるのは大変便利です。

■好みに合わせたおすすめ機能

多くのラインナップから見たい作品をチェックしておくのに便利なのが、Amazonプライムビデオのウォッチリスト機能です。ブックマークもしくはいいねマークというイメージで、自分の見たい作品を登録しておけます。

また、Amazonプライムビデオでは、何か作品を視聴すると、そのあと視聴履歴から自動的におすすめ作品を紹介してくれるシステムがあります。自分好みの作品がずらりと表示されるので、何から見たらよいのか悩んでしまう方にとても便利です。

 

4.無料トライアルをしてみよう


いくら料金が安いとは言え、契約したのに自分に合わなければ勿体無いです。Amazonプライムは無料トライアル期間が設けられていますので、まずは無料お試ししてみるのがおすすめです。

■30日間、無料体験できる

Amazonプライムは30日間無料お試しが可能です。この期間に、自分がメインで見たいデバイスでちゃんと動画を見ることができるか、画質はどうか、使い勝手はどうかなどをしっかりチェックしましょう。

ちなみにAmazonプライム会員になると、Amazonプライムビデオの見放題サービスだけでなく、Amazon通販のお急ぎ便無料サービス、PrimeMusic聴き放題サービス、PrimePhotoの利用、Kindleへの毎月1冊無料ダウンロードサービスといった他のサービスも受けることができます。

プライムビデオの使い心地だけでなく、できればこれらサービスも体験しておくと良いでしょう。

■いつでもキャンセルできる

Amazonプライムの無料会員の解約はいつでもできます。まず「アカウントサービス」から「Amazonプライム会員情報」を選び、「自動移行しない」をクリックします。

次に「会員資格を終了する」をクリック、もう一度「会員資格を終了する」をクリックすると、「プライム会員資格は〇〇(年)/〇(月)/〇(日)に終了します」というメッセージが表示されます。

なお、無料期間中のどのタイミングで手続きをおこなったとしても、30日のあいだはAmazonプライムビデオ見放題サービスを利用できます。

デフォルトのままだと無料体験期間を過ぎると自動的に有料会員になってしまうので、無料体験だけで終了したいときは、忘れないうちに解約処理をしておきましょう。

■無料トライアル後の料金発生日

Amazonプライムでは、30日の無料期間の次の日から有料期間がはじまり、同時に料金支払日となります。

たとえば、1月15日に無料お試しをはじめたら無料期間は2月14日までとなり、翌日2月15日に料金を支払い有料期間がはじまります。

料金の発生日を確認したいときは、「アカウントサービス」をクリックしてから「プライム」をクリックすると、「プライム会員情報」画面があらわれ、「次のお支払いは〇〇(年)/〇(月)/〇(日)です。」と表示されます。

 

5.解約方法もカンタン!


Amazonプライムの会員契約をしたものの結局あまり活用しないので解約したいということもあるでしょう。動画配信サービスのなかには解約方法が分かりづらいものもあるのですが、Amazonプライム会員の解約はとても簡単で安心です。

■解約方法

まず「Amazonプライム会員情報」から会員資格を終了する(特典を終了)」をクリックします。次に特典と会員資格を終了」をクリックして会員資格を終了する」をクリックします。

◯◯◯◯(年)/◯◯(月)/◯◯(日)特典と会員資格を終了」ボタンが出てくるのでそのボタンをクリックすると解約完了です。

無事解約完了すると「あなたのプライム会員会員資格は◯◯◯◯(年)/◯◯(月)/◯◯(日)に終了します」というメッセージが表示されます。

■契約終了日まで楽しめる

多くの動画配信サービスでは、解約したと同時に動画視聴できなくなることが多いのですが、Amazonプライムビデオの場合は、解約しても残りの契約期間のあいだ動画を楽しむことができます。

たとえば1月15日に契約して1月25日に解約処理をおこなった場合、契約期間である2月14日まではサービスを利用できるというわけです。

■日割り計算はないので注意

Amazonプライムは1ヶ月単位での契約となるため、日割り計算はしてもらえません

たとえば前述のように1月15日に契約して1月25日に解約したとき、もし1月26日以降にまったくAmazonプライムビデオを見ないとしてもサービス有効期間は2月14日であり1月26日からの日割り計算はありません。

6.デメリットもあるので注意


とにかくコストパフォーマンスがよく、魅力的な作品が揃っているAmazonプライムビデオですが、とは言えデメリットも存在します。デメリットをはじめに知っておくと自分なりの対策ができますから、ぜひ頭に入れておきましょう。

■配信期間がわかりにくい

動画配信サービスというのは、いつまでも同じ作品が配信され続けられるわけではなく、随時作品が入れ替えられています。

Amazonプライムビデオも然り。ただ、U-NEXTなどでは作品ページに配信期間が表記されているのですが、Amazonプライムビデオにはそうした仕組みがありません。あとで見ようと思っていた作品が突然配信終了になることもありますので注意してください。

■新作の配信が少し遅い

Amazonプライムビデオはほかの動画配信サービスと比べてやや新作の配信スピードが遅い傾向にあります。

ただし、Amazonプライムビデオでは独自のオリジナル作品が充実しているため、新作配信の遅さに気づかない方もいるようです。また最近では、比較的早く配信される新作映画などもあり、少しずつ改善されている雰囲気です。

■検索システムが使いにくい

Amazonプライムビデオのトップページには、PrimeオリジナルTV番組映画キッズセールお買い得情報のカテゴリー分けしかありません。たとえば日本映画を見たい場合は、映画カテゴリを選んだあとズラズラと並ぶ作品のなかから見つけ出すしかありません。

はっきりと題名が分かっていれば検索窓に入力できますが、画面を流し見しながら面白そうな作品を見つけるのがやや難しいです。

■アプリでレンタルができない

Amazonプライムビデオの見放題作品以外に、レンタル料金を支払って新作などを見る場合は注意が必要です。と言うのもiOSアプリはレンタルに対応していないからです。

iPhoneでレンタル作品を視聴する場合は、まずパソコンなどのWebデバイスであらかじめレンタルしておかなければなりません。

■課金の誘導がうまい

Amazonプライムビデオに限ったことではなく動画配信サービスに多いのですが、1ストーリー目は見放題に含まれているのに、2ストーリー目からは有料レンタルとなるケースがあります。

もちろん有料とは言え数百円単位のことが多く、もともとの月額料金が破格の安さですから仕方ないのかもしれません。とは言え、すべてのあらゆる作品が見放題ではないことは覚えておきましょう。

また、Amazonプライムビデオの作品ページでは、見放題で見るボタンと、レンタルや購入といった有料になるボタンが同じように並んで表示されています。

ぼんやりしていると1クリックで有料になってしまうことがありますから気をつけてください。


 

7.まとめ


自宅や外出先で手軽に楽しめる動画配信サービス。

レンタルする煩わしさもなく月額料金でたくさんの作品を見られることから人気が高まっています。なかでもAmazonプライムビデオは月額408〜500円という破格の安さからユーザー数がどんどん増えているサービスです。

料金が安いだけではなく、オリジナル作品の素晴らしさは見た人を虜にするほど。

地上波のテレビでは表現できないバラエティ番組なども人気です。またキッズアニメや「お母さんと一緒」などの子供番組も充実しているので、子育て中のママにもおすすめ。

電車での移動や病院の待ち時間など子供を静かにさせておかねばならない時に便利ですし、夕方の忙しい時間に少し助けてもらうのもよいでしょう。

Amazonプライムでは30日間の無料トライアル期間を設けていますから、ぜひ一度試してみてくださいね!

※本ページの情報は2019年7月19日時点のものです。最新の情報はAmazonプライムビデオ公式サイトにてご確認ください。

【驚きのコスパ月500円!】Amazonプライムビデオで話題作品をより安く!
Rate this post