赤ちゃんのお水はウォーターサーバーが最適☆選び方と人気ランキング

生まれたばかりの赤ちゃんは、すごく小さく繊細です。そんな赤ちゃんが最初に口にするものといえば、母乳やミルク。大切なわが子に与えるものですから、母乳育児ママは食べ物や飲み物にすごく気を使いますよね。

一方ミルク育児ママにとっては、安心・安全なお水を使って、ミルクをつくりたいという思いは強いと思います。どちらの場合でも、赤ちゃんが生まれる事でご自身や赤ちゃんの飲む水について考える方は多いのではないでしょうか。

今回はそんな悩めるママに、質のいいお水が飲めるだけでなく、子育てや家事の強い味方になってくれるウォーターサーバーについてご紹介したいと思います。

赤ちゃんがいるご家庭でウォーターサーバーを設置するメリットとデメリット、選ぶときのポイント、おすすめの商品などをご紹介させていただきます。

この記事でわかること
・赤ちゃんにいいウォーターサーバ
・ウォータサーバーのメリット
・おすすめのウォーターサーバー

読むのに必要な時間は約 20 分です。

 

1.赤ちゃんにはウォーターサーバーがいいの?

赤ちゃんのお世話ってやっぱり大変です。私も経験しましたが、すごく神経をつかいます。数時間ごとに寝たり起きたりする赤ちゃんのお世話で、毎日睡眠不足ですし、ミルクをつくるのにも、お湯が必要だったり、哺乳瓶を煮沸消毒したり・・

はじめて子育てを経験するママは毎日必死で赤ちゃんと過ごすことになります。そんないっぱいいっぱいなママにウォーターサーバーは重宝するんです。

■赤ちゃんに最適なお水とは?

赤ちゃんが初めて口にするミルクをつくるときには、やっぱりお水には気を使いますよね。

では赤ちゃんにとって、どんなお水が良いのでしょうか。赤ちゃんの胃や腸はまだまだ未熟なため、お水の中にミネラルやカルキが多く含まれていると、お腹を壊してしまう事があります。

水道のお水は心配だから、市販のミネラルウォーターを沸騰させてミルクの調乳に使おうとする方もいますが、ここでも注意が必要です。

ミルクにもミネラルがバランスよく配合されているので、さらにミネラルウォーターのミネラルも摂取するとなると、過剰摂取になってしまい、赤ちゃんの体に負担になる可能性があるんです。

ですので、ミルクで使用するお水はミネラル成分が余計に含まれていない「軟水」が良いと言われています。

ウォーターサーバーのお水は、大体が硬度0~35mg/L程度の軟水でミネラルも抑えられています。ウォーターサーバーのお水はミルクづくりに最適だという事が言えますよね。

■調乳・離乳食作りに便利なウォーターサーバー

ウォーターサーバーは赤ちゃんのミルクを作ったり、離乳食を作る際にも便利なものです。

ミルクづくりで一番の大きなメリットは、必要な時に時間をかけずにすぐミルクを作れるという点です。

ミルクを作るには70℃以上のお湯が必要ですが、ヤカンに火をかけてお水の状態から沸騰させるのは、意外と時間がかかります。赤ちゃんが泣いてしまったりすると焦りますし、あやす労力がプラスされてしまうので、ママの疲労度も上がってしまいます。

その点、ウォーターサーバーはほとんどが70℃以上のお湯をいつでも使うことができる機能がついていますので、赤ちゃんを待たせるといった事もありません。またミルクの回数が減り、離乳食を開始する時期にも、お水を使うシーンは沢山あります。

スープを作ったり、野菜や魚・肉を煮込んだりするときも、お湯がすぐに使えれば調理時間も短縮できますよね。また忙しいときにはお湯を入れるだけで、1品作れるフリーズドライやベビーフードがありますので、そういったものを活用するのもありだと思います。

すぐに安心で安全なお水・お湯が使えるのはやっぱりうれしいですよね。

■ウォーターサーバーにするメリットとは?

【メリット】

・料理や飲料水として重宝される

ウォーターサーバーを設置するメリットは、先ほど紹介したようにミルクづくりや離乳食づくりの手間を軽くしてくれる点がまずあげられます。また赤ちゃんだけでなく、家族全員の飲料水として、冷たいお水、温かいお湯がいつでも飲む事ができます。

・定期的な配送サービスを利用すると買い出しの手間が解消

基本的にウォーターサーバーは、定期配送のサービスを行っている事が多いので、重たい水を買いに行く必要もありませんし、時期になったら届くので、お水がなくて困るような事がなく、安心です。また備蓄用として、いくつか保管することも可能ですので、災害用の対策としても活用できます。

・チャイルドロック搭載

ウォーターサーバーは、お水に気を使う赤ちゃんの家庭での需要が高いので、チャイルドロック機能が付いている事がほとんどです。赤ちゃんが成長し、一人歩きしたときに、ウォーターサーバーを触ってしまうことも想定されますので、チャイルドロックがあると安心ですよね。

また、子供の成長によってチャイルドロックが不要になった場合には解除できる機種もあったり、逆に二重にロックができる機種など、メーカーによって機能はさまざまですので、ご家庭で最適なものを検討したいですね。

【デメリット】

赤ちゃんを抱えたママに重宝されるウォーターサーバーですが、デメリットもいくつかあげられます。

・設置や保管にスペースがとられる

ウォーターサーバーはいくつか種類はありますが、コンパクトなものであってもやはりそれなりのスペースは必要となります。

大まかなスペースの目安としては、A4用紙の1枚分くらいの確保は必要になるかと思います。また、定期的に配達されてくるお水のストックを置くスペースの確保も念頭に入れておきましょう。

・コストが割高

水道水を利用するのに比べると、やはりコストは割高になってしまいます。

またお湯を維持するための電気代もかかりますので、単純なお水だけの料金だけでなく、維持費もかかると心得ておいたほうがよさそうです。

・申し込んでから設置までに時間がかかる

ウォーターサーバーは、業者に頼んでから自宅に届いて利用できるまでに、数日~数週間かかってしまう事もあります。

頼んですぐに設置してくれるわけではないので、出産を控えているママは必要となったならば、余裕をもって申し込みすることをおすすめします。

また、日々のボトル交換の容量も、チェックポイントの一つです。大きいボトルだと女性では負荷が大きくなりますので、設置が容易かどうかや、ボトルのサイズはコンパクトなものがいいのかどうか、検討しておきましょう。

ウォーターサーバーの設置自体も業者がやってくれるのかどうかも確認しておくと安心です。

2.赤ちゃん・幼児用ウォーターサーバーの選び方

こちらでは、赤ちゃん・幼児用ウォーターサーバーを選ぶときのポイントをご紹介したいと思います。

■水の種類

お水にはナトリウムやカルシウム、マグネシウム、カリウムなどのミネラルが含まれていますが、このミネラルの量が多いほど「硬い」お水といわれています。

お水はミネラル成分が含まれる量によって、大きく「軟水」と「硬水」に分ける事ができます。

一般的に硬度120未満を軟水、120以上を硬水と呼んでいます。赤ちゃんは、まだ胃や腸の働きが未熟なためミネラルが多いお水だと体に負担となる可能性があります。ですので、赤ちゃんにおすすめなのは「軟水」であるということがいえます。

ミネラルは体に必要な成分ですので、全くとらない事はよくないのですが、赤ちゃんに与える粉ミルクには、ミネラルが適度に配合されていますので、お水までミネラルが入っていると過剰摂取になる場合があるのです。

■ボトルの簡単入替

赤ちゃんと毎日一緒に過ごすママがやはりお水を使う頻度は高いので、ボトルを交換するのもママのお仕事になる可能性があります。

そんな場合、ボトルが簡単に入れ替えできるかは重要ポイントです。ボトルの大きさや取り外しの容易さはチェックしておきましょう。

■チャイルドロック搭載

赤ちゃんや小さいお子さんがウォーターサーバーを触ってしまって、お水やお湯が出たらやけどや水浸しになる危険性が考えられます。

ですので、チャイルドロックの機能がきちんと搭載されているかどうかは確認しておきましょう。チャイルドロックは、お湯のみについているタイプも多いので、お水をいたずらしてしまう小さいお子さんがいたりする場合には、両方ともロックができるものを選んだ方が良いかもしれません。

また、ロックを解除できるものもありますので、ロックする必要がなくなった時まで長く使いたい方は、その点もチェックしましょう。

チャイルドロックを間違って解除する可能性もなくはありませんので、子どもの手の届かない箇所にチャイルドロックが設置してある機種を選ぶのも一つの選択肢としていいかもしれません。

■簡単操作

ミルクを作るとき、ウォーターサーバーは確かに便利ですが、両手を使わないとできないとなると意外と不便な場合があります。

赤ちゃんが泣いていると、抱っこであやさなくてはいけないですよね。赤ちゃんを下ろさず片手でできると、ママのストレスも軽減できますし、電話をしている時でも手軽に利用できます。

また、操作する位置が中腰だと意外と負担になることも多いので、立った状態でお水を注げるのかも、チェックポイントにするとよいかと思います。

■コストパフォーマンス

ウォーターサーバーを設置する際、気になるのはやはりどのくらいのコストがかかるのかですよね。一番重要視するのがお水の値段かと思いますが、それ以外にも毎月の維持費としていろいろ費用がかかるのです。なるべく毎月の出費を抑えられるものを選びたいですよね。

・ウォターサーバーレンタル料

レンタル料が無料のメーカーも多いですが、毎月レンタル料が必要なメーカーもあります。

有料になる理由の多くが、プロによるメンテナンス費用がかかる場合になります。お水は毎日口にするものですので、それを保存しているウォーターサーバーの清潔さは重要です。中には家庭でメンテナンスができるメンテナンスキットが届けられるメーカーもあるようですが、安心なのは、サーバー丸ごと取り替えてプロにメンテナンスしてもらうのが一番ではないでしょうか。

こういったメンテナンスサービスがレンタル料として含まれています。その他には故障や配送の際にサービスが充実している場合など、レンタル料としていくらか発生することがあります。料金の幅としては300円~1,500円程度と言われています。

・電気代

ウォーターサーバーは冷水とお湯の両方がすぐに出てきますので、それを維持するためには電気代がかかります。

電気代を節約するために、使用しない時は電源を切っておこうと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、その行為は控えましょう。

ウォーターサーバーのお水は塩素などが入っていないミネラルウォーターなので、電源を切る事で細菌が発生する危険性があります。

ウォーターサーバーはそれぞれ特徴がありますので、その特徴に合わせて電気代も変わってきます。どちらを優先するか検討事項の一つに入れておきましょう。

・お水の配送料

ウォーターサーバーはお水を定期的に届けてくれますが、その配送料もメーカーによって異なります。

基本的には送料無料の所が多いですが本州以外のエリアでは料金が発生するメーカーとそうでないメーカーがありますので、長く使うのであれば、ここは注意すべきポイントです。

また自社配送と配送業者に委託している場合とで、メリット・デメリットありますので、その点も確認してみましょう。

・水代

ウォーターサーバーの各社で計算されている、1人辺りが1か月に利用する水の使用量はおおよそ12lと言われています。

1日あたりで換算してみると1日400mlという計算になるので、なんとなく少ない気がしますが、外出先では別の飲料を飲んでいると考えると、このくらいが平均なのかもしれません。この12lのお水を「500ml 100円のペットボトル」で計算してみると、2,400円ということになります。

家族が2人、3人となると、その値段も2倍、3倍となるんですよね。それと比較して、ウォーターサーバーは一人当たり月に1,800円~2,000円ほど水代がかかるようです。

ペットボトルはお湯や冷水など温度調整は難しいので、その点のメリットはウォーターサーバーにあるかと思います。メーカーによってお水の種類や値段も変わりますので、チェックすべきポイントです。

・メンテナンス料金を考える

なるべくコストを抑えたい気持ちはありますが、特に赤ちゃんがいるご家庭で使用するウォーターサーバーのメンテナンスはしっかりしたいものです。

レンタル料が発生する場合、その料金にはメンテナンス料が含まれている事が多いと先ほどお伝えしました。逆にレンタル料が無料でメンテナンス料もかからない場合にはサポート体制が整っていない可能性があります。

その際には自分でメンテナンスを定期的に行う必要がるある事も頭に入れておきましょう。

サポートや保証が充実している方が安心という方は、その点しっかりしているメーカーを探す方がストレスなく使用できるかもしれません。中には「クリーン機能」が搭載されたウォーターサーバーもありますので、トータルでバランスを考え、ご家庭に合ったサーバーを選びましょう。

・赤ちゃん用からの乗り換え対策に解約料もチェック

赤ちゃんがミルクを飲む時期だけウォーターサーバーを利用したい、という方に注意していただきたいのは解約金の件です。多くのウォーターサーバーは、2年以内に解約してしまうと、解約金が発生してしまいます。

ですので、一時的な利用だったり、赤ちゃん用から一般的なウォーターサーバーに切り替えたいなどの意向がある方は、解約料がかからなかったり、安くすむメーカーを探すのも一つの手だと思います。また赤ちゃんのいる家庭向けのプランを提供している業者さんもありますので、調べてみてはいかがでしょうか。

3.赤ちゃんにおすすめのウォーターサーバー12選

■フレシャスシリーズ

フレシャスがおすすめな理由

赤ちゃんのいるご家庭におすすめなのが、フレシャスの天然水です。その理由は、大人でも使いやすく、赤ちゃんの安全面も考慮された機能が搭載されているからです。具体的にポイントをあげてみると、まずミルクづくりに最適といわれている70℃の水温設定が可能となっています。新生児の頃は3時間おきにミルクを作ることになります。

毎回熱いお湯と冷たい水で調合する必要もなく、スピーディにミルクが作れるのはママにとって高いポイントです。※「dewo」「Slat」「dewo mini」の機能になります。

また、お水のセットも女性でも交換がしやすい軽めの設計になっている点や、ウォーターサーバーの「静音性」です。ウォーターサーバー本体のモーター音であったり、お水をくみ上げる時の音が気になる、という方は実は少なくないんです。

フレシャスは図書館などの静かな場所でも利用されるほど、静音性に優れていると言われています。赤ちゃんがいるとなると、より物音には神経質にもなりますので、ポイントが高い点だと思います。その他にもトレイの部分が広くとられていて、お鍋に直接お水をそそぐことができたりと、調理の面でもうれしいポイントがあります。

【フレシャス・デュオ】

 

フレシャス・デュオはフレシャスシリーズでも特に人気の高いウォーターサーバーになります。

・水の種類

フレシャス・デュオの水は3つの種類から選ぶことができます。3つとも天然水ですが、一番人気は「フレシャス富士」と呼ばれる富士山の標高1,000m地点にある工場で採水された水になります。こちらの天然水は、富士山の玄武岩層を長い年月をかけてゆっくり浸透していき、地下にたまったものを採水しているので、玄武岩層を経て得たバナジウムが含まれて、まろやかな口あたりが特徴です。もう1種の「フレシャス朝露高原」は、避暑地でも知られる、自然が豊かな朝露高原から採水された天然水で、こちらもバナジウムが豊富に含まれています。フレシャス富士と比べるとやや硬度が高いのが特徴です。そして最後が「フレシャス木曽」名水の地として知られる長野県の木曽で採水された天然水です。森林率約96%といわれている緑豊かな森から湧き出る水を採水した貴重な天然水と言われています。

・ボトル交換方法

ウォーターパックを利用しているので、バスケット部分にポンと入れて、ボタンを押すだけの簡単入れ替えが可能です。パックの中の水は7.2lとママにも優しい量となっています。また、使用後は小さくたたんでゴミ箱へ捨てることができますので、スマートです。

・チャイルドロック

お水を出す際のボタンの位置がウォーターサーバーの上部にあり、小さな子どもの手が届きにくい設計なので火傷をしたり水浸しになるという心配がありません。また、冷水と温水の両方にチャイルドロックを搭載しているので安心です。

・操作方法

操作ボタンはサーバーの上部にあるので、大人が立った位置から押しやすく、楽な姿勢でお水をそそぐことができます。
・サービス内容
フレシャスは、全国どこでも配送料金が無料です。また、お水の配達日を指定することもできますので、旅行など外出の予定がある場合などは便利ですよね。

また、ウェブでのマイページ機能がありますので、24時間、365日いつでもアクセス可能ですし、急に足りなくなった時の追加注文や逆にあまり使わなかったときの次回配送スキップ、配送周期を変更することも可能です。

コストパフォーマンス

・サーバーレンタル料

0円(条件付き) ※前月が2箱未満のご利用の場合、500円(税抜)

・お水代(500㎖換算

フレシャス富士の場合 約79円(税抜)

・電気代

330円/月~

・配送料
全国無料

・メンテナンス料金

無料
拭き掃除など簡単なセルフメンテナンスでOK

【フレシャス・スラット】

出典:https://amzn.to/

フレシャススラットの特徴は、足元にボトル交換があるという点。なかなか無い特徴としては、常温での出水を可能にしたこと。女性は冷えを気にする方が多いので、常温を好まれる方は多いですよね。お薬やサプリメントを飲む際にも常温がいつでも出るのは嬉しいですね。またリヒート機能と言って、80~85度の温水を3~4分のうちに約90度にまで再加熱してくれます。カップラーメンを食べたいときなどに活用できそうですね。もちろん、赤ちゃんのミルク作りに最適な70度を保つ「エコ機能」も付いています。

・水の種類

フレシャススラットの天然水は、「フレシャス富士」を採用しています。

・ボトル交換方法

ボトルを足元に収納するタイプで、使い捨てが可能なクラッシュボトルを採用。
1つのボトルの容量は9.3リットルと少し重めですが、足元に収納するタイプなので
持ち上げる必要はありませんし、量が多い分、交換の回数も頻繁ではなくなります。

・チャイルドロック

ウォーターサーバー上部にボタンがあるので、子どもの手が届かない場所に設計してあるのが嬉しいポイントです。また、チャイルドロックもついていて、冷水・温水両方に設定が可能です。解除には2秒長押しが必要です。

・操作方法

ボトルが足元にあるので、その分給水口が高くなるのでかがむことなく、楽な姿勢で水を
そそぐことができます。デュオと同様ワイドトレーなので、鍋などを直接おいて出水可能です。お水の温かさも常温・70度・高温と用途に合わせて使用可能です。

・サービス内容

サービス内容は、フレシャスデュオと同じ、配送料金が全国送料無料、配達日指定が可能。マイページにて配送ペースの変更や追加注文も可能となります。

コストパフォーマンス

・サーバーレンタル料

0円(条件付き) ※前月が3箱未満のご利用の場合、900円(税抜)

・お水代(500㎖換算)

約81円(税抜)

・電気代

330円/月~

・配送料

全国無料

・メンテナンス料金

無料

※フレッシュモード搭載なので、お家で簡単にセルフメンテナンスOK。

created by Rinker
フレシャス(FRECIOUS)
¥54,796 (2019/10/17 04:02:18時点 Amazon調べ-詳細)

【フレシャス・デュオミニ】

フレシャス・デュオミニの最大の特徴はやはりそのコンパクトさ。卓上に設置可能で、キッチンなどの狭いスペースにもスマートに収納できます。また寝室にも置けるよう、静音性を追求していたり、ボタン周りのLEDライトも眩しすぎない淡い光に設計するなど、細かいこだわりがうれしいウォーターサーバーです。

・水の種類

フレシャス・スラットと同様、富士山のバナジウム天然水である「フレシャス富士」を採用。

・ボトル交換方法

お水のパックには、無菌エアレスパックを採用しており、外気に触れづらいので、お水の劣化を防ぎます。またサイズも4.7リットルとコンパクト。使いきったあとは小さくたたんでゴミ箱へ捨てることが可能なので、ゴミがかさばることはありません。

・チャイルドロック

フレシャス・デュオミニにも、チャイルドロック機能はついています。赤ちゃんや子どもがいたずらしないか心配な方にも、チャイルドロックは2秒間の長押しが必要なため、間違ってボタンを押してしまう事があっても安心です。

・操作方法

操作はボタン一つで温水・冷水いつでも出水することができます。また、温水と冷水の
給水口を1つにした設計なので、見た目もすっきりです。

・サービス内容

フレシャス・デュオミニも、他のフレシャスシリーズ同様、配送料金が全国送料無料、配達日指定が可能。マイページにて配送ペースの変更や追加注文も可能となります。

コストパフォーマンス

 

 

・サーバーレンタル料

0円(条件付き) ※前月が3箱未満のご利用の場合、500円(税抜)

・お水代(500㎖換算)

約98円(税抜)

・電気代

330円/月~

・配送料

全国無料

・メンテナンス料金

無料
※殺菌効果のある紫外線を出す「UV-LED」を搭載しているので、簡単なセルフメンテナンスでOK。

公式サイト:https://www.frecious.jp/

■コスモウォーター

コスモウォーターがおすすめな理由
コスモウォーターの最大の魅力といえば、お水代金以外の費用が全て無料という点です。
設置する際の初期費用だったり、レンタル料金、配送料など、ウォーターサーバーをご家庭に置く際には何かと費用がかかるのがネックではありますよね。その点コスモウォーターは水代以外の費用がかかりませんので、トータルコストでみるとおすすめのウォーターサーバーです。ただ、短期間で解約した場合、解約手数料は発生するので、ご注意ください。

【smartプラス】

・水の種類

コスモウォーターsmartプラスの水は、国内3つの採水地で毎日採水し、最寄の採水地から直送でご家庭へお届けされます。そのため、いつでも新鮮なお水をいただくことができるのです。また、硬度が低めの軟水ですので、赤ちゃんや妊娠中のママも安心して飲むことができますね。さらには独自で作った120項目以上の品質基準で、お水の質を徹底管理しているという点も、安心・安全性が気になる小さな子を持つ家庭にも嬉しいポイントです。
・ボトル交換方法
ボトル交換は、足元にあるボトルバスケットに入れて、スライドするだけの簡単操作。ボトル内の水が少なくなったら、ボトル交換ランプが点灯し、交換時期を教えてくれます。またボトルは使いきりタイプなので、飲み終えたボトルは、4分の1にまで圧縮されますので、そのまま資源ゴミとして処分可能です。空きボトルで場所をとられるといった事もないので、スペースがあまりないと心配な家庭でも問題ありません。

・チャイルドロック

smartプラスは温水・冷水の両方にチャイルドロックが備わっているので、小さなお子様がいても安心です。

・操作方法

冷水・温水2つの給水口があり、それぞれに3つのモード設定が可能です。常にロックがかかった「常時ロック」、ロックが解除された状態の「常時フリー」、最後はボタンを押したときのみ作動するといった機能になります。家族構成や、生活のシーンによって使い分けが可能となります。

・サービス内容

コスモウォーターは4つのサポート体制を提供しています。まずは、「お客様サービスセンター」こちらではウォーターサーバーを利用されている方はもちろん、利用を検討している場合にも対応しています。困った時や色々聞きたいことがある場合には便利ですね。2つ目のサポートがウェブでのマイページ機能になります。365日24時間いつでも、ご自身の都合でアクセス可能で、お水の追加注文や、受取日の変更ができますし、プレゼントキャンペーンなども実施しています。3つ目が「コスモウォーター安心サービス」。何かトラブルがあった場合に、いくつかの補償が受けられるサービスです。例えば破損や故障が生じた際には、無償で新しいウォーターサーバーと交換してくれたり、引越しの際、新居へ新しいウォーターサーバーを配達してくれるサービスなどがあります。
最後の4つ目がウォーターサーバーをプロが設置に来てくれるというサービスです。設置から、梱包資材の回収まで行ってくれるので、設置の際の手間がないので赤ちゃんがいるママには嬉しいサービスですよね。

コストパフォーマンス

・サーバーレンタル料

0円(初回限定カラー料が発生する場合あり)

・お水代(500㎖換算)

79円(税抜)

・電気代

465円/月

・配送料

無料 ※一部料金が発生する地域あり

・メンテナンス料金

無料
※「クリーンエアシステム」機能搭載ですので、セルフメンテナンスでOK。

公式サイト: http://www.cosmo-water.net/

■プレミアムウォーター

プレミアムウォーターがおすすめな理由
プレミアムウォーターが、いくつからあるウォーターサーバーのメーカーの中でもこだわっているのが、「水の質」こだわった採水地の天然水を「非加熱処理」で提供することにこだわり、自然の水本来の味わいを追求しています。品質管理に手間をかけ、安心・安全なお水を提供しているので、特にお水の質にこだわりをもつ子育てママは注目すべきポイントです。

【cado×PREMIUM WATER ウォーターサーバー】

・水の種類

プレミアムウォーターは、5つの採水地を厳選し、すべて軟水を提供しています。お客様の好みによって選べるのも嬉しい点です。5つの採水地は、自然のままでも飲める水を探して選んだもの。原水は4段階以上のフィルターで丁寧に減菌処理されます。毎日1時間ごとに独自の検査を行っているという徹底管理ぶりで、安心して飲めますね。

・ボトル交換方法

ボトルはペットボトルを採用し、使いきりなので、いつでも新品で衛生的です。足元にボトルを設置するので無理なく安全に設置できるスタイルです。

・チャイルドロック

本体の背面にチャイルドロックスイッチがあり、オンにすると操作がロック可能になります。また冷水から温水へ切りかえるには、HOTボタンを3秒長押しが必要なので、小さなお子様がいる家庭でも安心して、冷水・温水利用できます。

・操作方法

タッチパネル方式で、ワンタッチで操作可能です。タンク内のクリーンシステムや温水・冷水の切り替えなどすべて指一本でできます。またお水の量も赤・青のランプで把握でき、見やすい設計となっています。

・サービス内容

マイページ機能がついているので、公式アプリやウェブから、いつでもお水の追加・配送日の確認・変更などが行えます。ここからしか応募できないキャンペーンなども開催しています。お水の購入額に応じて、プレミアムウォーター独自のポイントが付与され、契約者限定のオンラインショップで使えるサービスを行っています。
また、妊娠中か5歳以下のお子様がいる家庭限定の、「プレミアムウォーター マムクラブ」というプランを提供していて、小さいお子さんがいる家庭ではこちらに加入することでお得に利用することができます。

コストパフォーマンス(マムクラブを利用した場合)

 

 

・サーバーレンタル料

500円/月 ※月4本以上の利用の場合。月2本の場合800円/月

・お水代(500㎖換算)

約66円

・電気代

通常:約770円/月エコモード:約620円/月

・配送料

無料 ※地域や水の種類によって料金発生の場合あり

・メンテナンス料金

日ごろのお手入れだけでメンテナンス不要。別途セルフクリーニングキットの販売あり。

公式サイト: https://premium-water.net/

■アクアクララ

アクアクララがおすすめな理由
アクアクララのおすすめポイントは、月々何本といったノルマがなく、いつでも電話1本でお水を届けてくれるという点です。ご家庭のペースに合わせてお水が届けられるのは嬉しいですよね。お水も赤ちゃんの事を考えられた、軟水です。また、サポート体制が充実している面も人気があるポイントです。

【アクアファブ】

・水の種類

1,000万分の1mmという極小フィルターを採用し、不純物を徹底的に取り除いたあと、4種類のミネラルを配合したお水になっています。土壌や水質の汚染によって、水の質や美味しさが左右されることがないのが、アクアクララの強みといえます。
・ボトル交換方法
ボトル上部に張られているキャップシールをはがし、サーバーの上部に、逆さにしたボトルをセットします。重くて交換が不安なママのために、レギュラー(12リットル)とスリム(7リットル)の2種が用意されています。

・チャイルドロック

温水にチャイルドロックが装備されています。

・操作方法

従来のアクアクララシリーズのウォーターサーバーに比べ、やや高めの位置に給水口があるので、楽な姿勢でお水を注ぐことができるようになりました。ウォータートレイを収納型にしているので、必要に応じて出し入れ可能に。長めのタンブラーや深めのおなべなどでも取水がしやすい作りになっています。

・サービス内容

アクアクララのウォーターサーバーを利用する際には、あんしんサポート料が発生するのですが、その中には、配達や設置はもちろん、専門スタッフによるサーバーの定期的なメンテナンス、故障の時の対応など充実したサービスが含まれています。
「べビアクアプラン」という、妊娠中~3歳未満のお子様がいる方だけのプランも提供されていて、無料ボトルチケットがもらえたりと、ママにうれしいプレゼントがあります。

コストパフォーマンス

 

 

・サーバーレンタル料

1,500円/月

・お水代(500㎖換算)

50円

・電気代

約800円/月

・配送料

無料

・メンテナンス料金

サーバーレンタル料に含まれているため無料。

公式サイト: https://www.aquaclara.co.jp/product/server/fab/

■アクアセレクト

アクアセレクトがおすすめな理由
アクアセレクトの魅力は使用しているお水の高い品質。アクアセレクトの水は、国土交通省が行う一級河川調査において、水質1位をなんと過去13回も獲得している宮川の名水です。質の高い天然水を使用しているのに、人工的に調整されたRO水と並ぶほどの低価格も魅力の一つとなっています。

【アクアセレクトライフ】

・水の種類

三重県にある宮川の天然水です。硬度の低い軟水ですので、赤ちゃんのミルク作りには最適です。

・ボトル交換方法

お水のパックを専用のバケットにセットするだけなので、簡単です。バケットはサーバーの上部にありますが、8リットルと軽量なので、女性でも安心して交換可能です。

・チャイルドロック

温水にチャイルドロックを取り付けることが可能です。

・操作方法

シンプルなデザインで、冷水・温水2つの給水口からいつでもお水をそそぐことができます。

・サービス内容

アクアセレクトは、毎月2本以上のボトルが定期配送される仕組みとなっています。 基本的には配送料無料ですが、地域によっては手数料が発生することもあるので、注意が必要です。追加の場合はインターネットやメール、電話、FAXなどで受付けています。また友達を紹介するとボトルをプレゼントするサービスや、ウェブでのキャンペーンなども開催しています。

コストパフォーマンス

 

 

・サーバーレンタル料

無料

・お水代(500㎖換算)

約76円

・電気代

約680円/月

・配送料

無料(北海道・沖縄など一部地域を除く)

・メンテナンス料金

オプションで追加可能
「あんしんプラン」 税込 594円/月

公式サイト:http://www.aquaselect.jp/

■クリクラシリーズ

クリクラがおすすめな理由

多くの産婦人科でも使用されている、業界大手のクリクラ。魅力はお試しサービスがあるという点です。一度購入すると、長く使う可能性が高いウォーターサーバーは買う際にはやはり慎重になります。クリクラのうれしい点は、実際に使ってみて、本当に必要かどうか確かめてから購入することができるという点です。お水も赤ちゃんのミルクとしても使える「軟水」で、価格もリーズナブルとママにはうれしいポイントが多くあるウォーターサーバーです。

・水の種類

クリクラの水は、逆浸透膜(RO膜)システムを採用しており、原水に含まれている
不純物などを徹底的に取り除いています。軟水ですので、赤ちゃんのミルクにはもちろん、鰹節や昆布のうまみも溶け出しやすいので、料理にも重宝される水だといえます。

・ボトル交換方法

クリクラのボトルはサーバーの上部にはめ込むタイプですが、ボトルに取手がついているので、女性でも比較的交換しやすい仕様になっています。

・チャイルドロック

温水部分にはチャイルドロック付き。希望に応じて冷水部分にも対応可能。

・操作方法

冷水・温水ともに、シンプルなコックで簡単に注ぐことが可能です。

・サービス内容

お水の配送はクリクラの専任スタッフが地域ごとに順番に配送するシステムとなっています。万が一不在の場合でもお届けができる流れができています。無料お試しを利用した際、気に入らなければ、気軽に返却可能で代金も一切かかりません。また、クリクラを購入するとクリクラポイントという独自のポイントが付与され、専用のサイトで商品と交換できるサービスなども行っています。

コストパフォーマンス

・サーバーレンタル料

無料

・お水代(500㎖換算)

約52円

・電気代

1,000~1,300円/月(月平均4本使用した場合)

・配送料

無料

・メンテナンス料金

あんしんサポートパック料
417円/月

公式サイト:https://www.crecla.jp/

■うるのん

うるのんがおすすめな理由
うるのんで採用されている水は、富士山の裾野の一角にアクア富士山プラントを建て、そこからくみ上げた天然水を使用しています。その後独自のろ過システムや加熱殺菌技術により、原水殺菌し、こちらもクリーンな環境で殺菌・洗浄したボトルにお水を充填するといった品質管理を徹底しているのも魅力の一つです。また電気料金を従来のサーバーの3分の1にまで削減し、コストの面でも嬉しいウォーターサーバーになっています。

【Grande】

 

・水の種類

富士の天然水「さらり」を使用

・ボトル交換方法

サーバーの上部にボトルを差し込むタイプになっています。

・チャイルドロック

標準で温水・冷水ともnチャイルドロックが装備されています。

・操作方法

レバーを押すタイプで温水・冷水がいつでも出てきます。

・サービス内容

現在妊娠中や、3歳以下のお子様がいるご家庭には、「うるのんすくすくキャンペーン」としてボトルをプラス2本もらえるほか、カタログギフトもプレゼントという2大特典がついています。その他にもキャップシールを集めてプレゼントがもらえるキャンペーンや、当たりシールキャンペーンなど様々なサービスを行っています。

コストパフォーマンス

・サーバーレンタル料

税込324円/月

・お水代(500㎖換算)

約79円 (※月2本の契約の場合。利用本数によって変動あり)

・電気代

約390円/月

・配送料

税込162円~ (地域によって配送料は異なります)

・メンテナンス料金

6年に1度、無料で定期交換サービスあり。

公式サイト:https://ulunom.tokai.jp/

■アルピナウォーター

アルピナウォーターがおすすめな理由
北アルプスに積もった雪がとけて、その山々の天然フィルターでろ過された原水を使用。
さらに独自の技術でろ過したという安心の天然水です。硬度数が1.05と超軟水なので、まろやかな口あたりで、赤ちゃんのミルクにも最適です。

【エコサーバー】

・水の種類

北アルプスの天然水を使用し、原水から99.9%の不純物を取り除いたといわれる「アルピナウォーター」を採用。
・ボトル交換方法
サーバーの上部に、ガロンボトルを差し込むタイプです。

・チャイルドロック

温水部分のチャイルドロックに加え、操作パネル内にも2重のチャイルドロックを搭載。
小さいお子様がいる家庭には安心できる機能です。

・操作方法

自動クリーニング機能も搭載されていて、定期的に自動でサーバー内をクリーニングしてくれます。サーバー上部にボタンがあり、冷水・温水がいつでも利用できます。

・サービス内容

ボトル・サーバーともに専門スタッフが無料配送いたします。またボトルは3本からの申込み。空きボトルは、次回の配送の際に回収する流れとなっています。

コストパフォーマンス

 

・サーバーレンタル料

872円/月(税別) ※設置月はサービス

・お水代(500㎖換算)

約43円(税抜)

・電気代

約650円/月

・配送・メンテナンス料金

4年に定期メンテナンスを行っている。
配送も無料ですが、一部配送を行っていない地域もありますのでご注意ください。

公式サイト:http://www.alpina-water.jp/

■エフィールウォーター

エフィールウォーターがおすすめな理由
エフィールウォーターは、北海道、知床らうすの海洋深層水を使用しています。そのため、ミネラルが他のウォーターサーバーのお水と比べて多く含まれています。硬度30度の「軟水」なので、赤ちゃんのミルク用としてもお使いいただけます。また年に1回、サーバーの交換を無料で行ってくれるので、メンテナンスが気になる方にはうれしいポイントです。

・水の種類

海洋深層水をベースにしていますので、人間に必要なミネラルが豊富です。ただそのままだと硬度が高いので、独自の技術で不純物を取り除き、ピュアウォーターをブレンドしたのがエフィールウォーターになります。

・ボトル交換方法

サーバー上部にボトルを差し込むタイプ。エフィールウォーターのボトルは、次回配達の際に宅配員が回収してくれます。

・チャイルドロック

温水・冷水ともにチャイルドロックをかけることが可能です。

・操作方法

温水と冷水のフォーセット(蛇口)を押すだけの簡単操作で、いつでもお水が注げます。

・サービス内容

定期的にボトルを配達してもらうシステムで、不要になったボトルは回収されますので、環境にも優しいですね。現在はクレジットカード払いで申込みすると、ボトル2本がもらえるキャンペーンを開催しています。また、エフィールウォーターを利用している方限定でガスや電気料金のまとめて割引や、WEB会員サイトが開設され、会員限定のサービスが受けられます。

コストパフォーマンス

・サーバーレンタル料

300円/月(税別)

・お水代(500㎖換算)

約62円(税別)

・電気代

1,000円/月(4人家族想定)

・配送料

無料 ※宅配できない地域あり

・メンテナンス料金

700円/月(税別)
1年ごとにサーバーの交換

公式サイト:http://efillwater.jp/

■富士桜命水

富士桜命水がおすすめな理由
富士山の天然水を利用しているウォーターサーバーです。お水の質も魅力的なのですが、自社工場から産地直送でお水をお届けしているので、ムダな中間マージンが発生せず、価格もお安く提供されているのです。慎重なママには嬉しい1ヶ月間無料お試しのサービスも行っていますので、迷ったらまずお試しサービスを利用してみるのもおすすめです。

・水の種類

富士山の周辺に9つの水脈を見つけ、標高1,000メートルの採水地から採水し、独自の技術でろ過、高熱処理し、安心安全な天然水を提供しています。硬度31mgの「軟水」ですので、赤ちゃんのミルク作りにも適した水ですし、貴重なミネラルもバランスよく含まれています。

・ボトル交換方法

サーバー上部にボックスをセットして使用する方法と、クリアケースを使用してセットする方法の2種があります。ボックスは12リットルと8.0リットルのものから選べます。ボトルは「ワンウェイ方式」を採用。使いきりで、使用後は小さくたたんで捨てることができるので空きボトルのスペースを確保する必要はありません。

・チャイルドロック

冷水・温水双方ともチャイルドロック可能ですが、別々にロックを設定することはできません。

・操作方法

サーバー上部にボタンがあるので、そこを押すだけで簡単にお水を注ぐことが可能です。

・サービス内容

小さい子供がいる家庭には嬉しい「ママ応援プラン」を提供しています。内容としては、
最大11.5リットルのボックスを6個もらえる上に、サーバーのレンタル料金が最大6ヶ月無料となります。普通に契約するよりも、最大13,000円ほどお得だというのだから、驚きですよね。
コストパフォーマンス

・サーバーレンタル料

667円/月

・お水代(500㎖換算)

68円

・電気代

約1,200円/月 省エネ運転の場合 約800円/月

・配送料

無料~(地域によって異なる)

・メンテナンス料金

メンテナンスフリー 高温循環にてタンク内の清潔を保っています。ただし、ウォーターサーバーのノズルなどは取り外しができるので定期的にお手入れが必要です。

公式サイト:https://www.fujizakurameisui.jp/

まとめ
いかがでしたでしょうか。ウォーターサーバーはお水の種類はもちろん、デザインや特徴もそれぞれ違っていて家族形態や生活環境にマッチした一台を選ぶのは、中々難しいのかもしれませんね。お水にこだわるのか、月々のコストを抑えたいのか、デザインや機能性なのか・・こだわるポイントに優先順位をつけて検討すると、どれが自分達の家庭に合ったものなのか見えてくるのではないでしょうか。赤ちゃんと過ごしていく日々は、すごく楽しく、充実している一方で、ママの負担はとても大きいものです。少しでもママの負担を軽くして、赤ちゃんともゆったりとした気持ちで毎日を送っていただきたいと思います。赤ちゃんがいる家庭向けのお得なサービスを行っているメーカーもいくつかありましたので、うまく活用して赤ちゃんとの快適生活の1つのツールとして、検討してみてはいかがでしょうか。

ライター名: HARIKA

赤ちゃんのお水はウォーターサーバーが最適☆選び方と人気ランキング
4.3 (86.67%) 3 votes